手作り陶芸は楽しくて時間を忘れる程夢中になれます 通信講座なら自宅で手軽に始められ時間も自由 あなたの自宅陶芸をサポート


陶芸通信講座 基礎講座 陶芸通信講座 焼成講座 陶芸通信講座 電動ロクロ成型講座 陶芸通信講座 装飾講座
通信講座事務局だより
10月22日 晴れ
初めての方も経験ある方も必見
自宅で学ぶ通信講座ならさまざまな要望に対応



丁寧で分かり易いテキストが、まったく初めての方にも安心していただける先生であり、確実な上達へと結び付いていくものです。
必要な教材は毎月ご自宅までお届け致しますので、どの地域にお住まいの方もお気軽にお申込み下さい。
まったく初めての方も安心してご自宅での手作り陶芸が楽しめます。
それは、30年以上の陶芸指導実績を基に構成された分かり易いテキストに、必要となる道具と材料をセットにしてお届けするからです。

詳しくは下記のボタンをクリック!

基礎講座 詳細ページへ




陶芸通信講座ネットワークとは

自宅で本格的な陶芸を「始める」「上達する」「続ける」ことを可能にする
自宅陶芸の完全サポートシステムです。

「陶芸をはじめてみたい」「陶芸を一生の趣味にしたい」と思われていても、「教室に通う時間がない」「近くに陶芸教室がない」といった理由で陶芸を諦めてしまっている方は少なくないのではないでしょうか?
また、運良く近くに陶芸教室があったとして、果たしてそこは自分に適した的確な指導を行なってくれる熟練した指導者が在籍し、十分な指導を行なっている教室なのでしょうか?

『陶芸通信講座』は、上記の様な悩みをお持ちの方でも安心して陶芸を始め、そして続けていただける陶芸学習システムです。

『陶芸通信講座』において重視していることは、「全く初めての方でも着実に上達できること」と、「自宅で焼成を行うこと」です。

30年の初心者指導実績を持つ岡本先生がその経験を基に編成したテキストでは、初心者でも失敗しない為の陶芸理論が豊富なイラストで分かり易く説明されています。
下の絵は、基礎講座第1回目(全6回)のテキストからの抜粋です。

陶芸通信講座 基礎講座 テキスト見本

最も基本的な成形方法「ひもづくり」においても、このような理論やコツを交えて説明することで、「全く初めての方でも着実に上達できること」を可能にしています。
基礎講座テキスト紹介も、合わせて御覧下さい。


陶芸の最も魅力的な工程であり、「焼きもの」の全てを決定づける大切な釉掛や窯焚において、その窯詰や窯焚を生徒の手でやらせてくれる陶芸教室はまずないでしょう。

「自宅で焼成(しょうせい)を行うこと」により陶芸の全工程を味わえることは、 『陶芸通信講座』ならではの魅力であり特徴です。
本焼成後の窯の蓋を自らの手で開ける瞬間は、陶芸において最も緊張し、最高の喜びを感じる瞬間とも言えます。

陶芸 電気窯 R−101 『陶芸通信講座』のために新しく開発された電気窯『R-101』-受講生限定-
家庭用の100Vコンセントで使え、リビングにもマッチするサイズ・デザイ ン・熱設計であり、最適な温度管理を行うマイコン制御。
焼成講座を受講される方は、受講生特別価格でお求め頂けます。

焼成講座では、窯焚を経験したことがない方でも失敗しない為の、釉薬に対する知識や釉掛・窯焚のテクニックを身に付けて頂くことができます。
焼成講座テキスト紹介も、合わせて御覧下さい。


『陶芸通信講座』の全講座を受講頂いた後も、継続して道具・材料をお求め頂くことができます。講座のカリキュラムに含まれていない釉薬や粘土等をお求め頂くことにより、作品表現の幅を増やし、陶芸を一生の趣味として楽しみ続けて頂くことができる自宅陶芸の完全サポートシステムです。
『陶芸通信講座』で、充実した陶芸ライフをお楽しみください。




陶芸通信講座ネットワーク
陶芸通信講座は、岡本先生の30年に渡る創作活動と指導経験を基に企画・編成された、陶芸の魅力を場所・時間に縛られず自宅で存分に味わっていただける環境を提供する、全く新しい自宅陶芸の完全サポートシステムです。

写真やイラストを豊富に組み合わせた分かり易いテキスト、使い易さを追及したプロ仕様の道具、作り易さを吟味した材料により、全く初めての方にも安心して始めていただくことができます。
また、経験のある方にとっては、更に具体的に詳しい専門技術・知識を修得でき様々な装飾技法にチャレンジしていただくことができます。
陶芸通信講座 セット内容


陶芸通信講座 講座案内
基礎講座 | テキスト紹介
成形を中心とし、陶芸の基本から上級までの知識と技術を修得します
焼成講座 | テキスト紹介
釉薬のかけ方から、窯詰・窯焚までを学びます
電動ロクロ成形講座
電動ロクロ成形の基本技術を学びます
装飾テクニック講座第1篇
素地に直接施す装飾技法を学びます
装飾テクニック講座第2篇
素地に直接施す装飾技法を学びます
装飾テクニック講座第3篇
憧れの伝統のやきもの 六名窯‐志野・萩・備前・唐津・伊賀・織部‐を学びます
装飾テクニック講座第4篇
金・銀の配し方から色化粧と釉薬の関係まで、色彩と文様のバリエーションを分かり易く教授致します
陶芸通信講座 選習講座
01 木葉天目
木葉天目茶碗は伝世しているものも少なく、制作も大変難しいものです。
当講座では、比類のない材料と技法で確実な仕上がりを目指します。
02 備前焼 牡丹餅文半月平鉢/緋襷耳付花入
備前焼の中でも特に人気の牡丹餅文や火襷を伝統的な形の器や耳付花入を題材に良質粘土を用い学びます。
03 火色焼締 舟形長方皿
桃山陶を彷彿とさせる舟形の器を、板作りで成形。釉掛けは一般入手できない特製火色釉を中心に釉掛けのテクニックを用い、絶妙な景色を作り上げる技術を学びます。
04 耐火土鍋 タジン鍋
モロッコで煮込み料理を作るタジン鍋は、日本でもヘルシー料理用として人気。
成形では蓋を本体に密着させる技術が要求される為、そこにポイントを合わせた指導と大物の釉掛け手法を学びます。
05 薩摩焼
薩摩焼の中でも島津家だけが使用していたという「白薩摩」
気品ある白さと優美な蝉の羽のような細かい貫入が特徴の白薩摩に、金箔と上絵を加え、一層華やかな作品に。

陶芸通信講座 コンテンツ
受講生の声
受講生の皆様からいただいた感想を紹介しています
オリジナル機材
当社で開発した小型電気窯、電動ロクロの詳細を紹介
資料請求
詳しい資料と申込書を郵送にてお送り致します





お申込み・お問い合わせ先
詳しい資料・申込書のご請求は、こちら(資料請求)よりお申込みください。
資料は無料にてご送付致します。

ご質問等は下記の宛先へお願い致します。


陶芸通信講座ネットワーク
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8 ホリナカビル4F
03-3353-9171
kuroto@mub.biglobe.ne.jp