焼成講座


焼成講座は、基礎講座で成形した作品を元に各種釉薬のかけ方、窯詰の仕方を学ぶ講座です。
岡本立世先生のこだわりの指導ポリシーにより練り上げられた学習プランは、全く初めての方にも分かり易く、釉薬の解説、易しい釉がけの方法、失敗しない窯詰・窯焚と項目を分けて編成されています。
また、完全にセットされる専用道具類と毎月送付される材料(釉薬など)により届いたその日から実践的学習ができ、課題作品に合わせた実物色見本でどなたでも焼きあがりのチェックができる万全システムです。

テキスト紹介



焼成講座ご受講の方にプレゼントされる、岡本立世先生サイン入り、オリジナル筆、刷毛の3本セット。

指導内容に合わせた12種類の釉薬や呉須、弁柄など主に用いる材料は全てセットされます。 釉がけの授業で必要となる道具類は全てセットされています。
素焼、本焼の窯の詰め方から、作品や棚板の安全な持ち方まで細やかな指導が行なわれ、未経験の方でも失敗の少ない楽しい窯焚きへと安心して進むことができます。

焼成講座で使用の小型窯について

12種類の釉薬の焼き上がりが確認できる実物色見本。初めての方でも安心して、完成度の高い焼成技術が学べます。 講座で学ぶ全素焼作品。
釉のかけ方では浸しがけ、かけ分け、吹きがけ、流しがけなど多くの技法を学ぶことであらゆる形に対応できる基礎技術はもとより、幅広い表現手法まで修得できます。

完成度の高い内外かけ分け完成作品例。 表現豊かな本焼完成作品へと結びつく講座内容となっております。


第1回
課題作品 素焼・本焼・上絵付焼の目的と違い、窯の種類、窯道具、釉掛け用セット道具の使用目的、素焼の詰め方、棚の組み方、作品の扱い方・持ち方、素焼温度の上げ方さまし方から窯出しまでを学ぶ。
セット内容
ファイル、テキスト、
うわぐすり容器、乳鉢、スポンジ、釉はがし刷毛、計量カップ


第2回
課題作品 ・湯呑
・カップ
・小鉢
浸し掛け、本焼の詰め方T、本焼の焚き方T、下絵付け、呉須・弁柄の描き方を学ぶ。
セット内容
テキスト、
ひしゃく、面相筆、ダミ筆、平刷毛、実物色見本、
長石釉(透明釉)、ルリ釉、あめ釉、弁柄、呉須
 
  


第3回
課題作品 ・とっくり
・ぐい呑
・筒花入
流し掛け、本焼の詰め方U、還元焼成を学ぶ。
セット内容
テキスト、
黒釉、黄釉、実物色見本
 


第4回
課題作品 ・香炉
・盒子
・壷
大きい作品の流し掛け、蓋物の釉掛け(アルミナの使い方)、釉薬の基礎知識Tを学ぶ。
セット内容
テキスト、
白天目釉、織部釉、鉄赤釉、実物色見本、アルミナ
  


第5回
課題作品 ・皿
・二枚貼り花器
釉の二重掛け、マスキング抜き技法、ほか装飾掛けを学ぶ。
セット内容
テキスト、
白窯変釉、金茶窯変釉、実物色見本
 


第6回
課題作品 ・板皿
・貼り合わせ四方鉢
釉の掛分(かけわけ)、釉掛けの種類と特徴、釉薬の基礎知識U、代表釉薬の種類と特徴について学ぶ。
セット内容
テキスト、
いらぼ釉、ふじ釉、実物色見本
 



受講料
入学金無料
基礎講座から継続 { 焼成講座 月謝 8,000円 6ヶ月 48,000円
焼成講座個人指導 月謝 11,000円 6ヶ月 66,000円
新規受講 { 焼成講座 月謝 10,000円 6ヶ月 60,000円
焼成講座個人指導 月謝 13,000円 6ヶ月 78,000円
(消費税・送料込)

受講料のご納入は、申込時に半額。1回目の教材到着後10日以内に残額のお支払いを頂きます。

基礎講座を受講中、若しくは基礎講座修了後6ヶ月以内の場合は継続扱いとなり、新規でご受講頂くより毎月の月謝が2,000円割引になります。
個人指導には毎月2枚の添削指導用紙をセットし、制作上の疑問・質問にお答え致します。

受講期間は6ヶ月間で、6回に分けて毎月教材をお届け致します。

詳しい資料・申込書のご請求は、こちらよりお申込みください。