装飾講座第1篇

装飾講座第1篇では、成形中の生素地に直接施す様々な技法を6課程に分類して、模様の由来、効果的に模様をつけるための素地の乾燥具合、力加減、配置、釉薬の選び方など個性的な作品の成形に活かせるよう、応用力を身に付けます。



伝統の叩き壷の成形を通して、土に力を加える場合の注意点を学ぶ
透し文様を活かす形や技法上の注意点、きれいに仕上げるための「コツ」などを学ぶ
道具や手の動きによるスライス文様の変化と、効果的な形や釉薬など成功の秘訣を学ぶ
布や木の葉、印花、ローラーなどの土の素材を活かした型押し文様の楽しさや可能性を学び、表現の領域を広げる
くし目など凹凸文様は釉がけで失敗することも多い
初心者にとっては難しい釉の組み合わせなど、活きた釉薬の使い方を学ぶ
イッチン技法の幅広いデザイン性と釉薬によるさらなる効果の引き出し方など、焼き物の魅力に迫る


第1回
課題作品 ・くし目 ・ヘラ目 ・線彫 くしを使った表現とその形、くしの種類と模様、失敗しないくしの使い方、ヘラの使い方と特徴を学ぶ
セット内容
ファイル、テキスト
くし、つげべら2本、信楽粘土2kg、伊賀粘土1kg


第2回
課題作品 ・イッチン ・レリーフ
・擂茶   ・耳
イッチンの盛り道具の使い方と粘土の作り方、貼り付け模様と擂茶、耳の特徴と種類を学ぶ
セット内容
テキスト
スポイト、信楽粘土2kg、特赤粘土1kg


第3回
課題作品 ・スライス ・布目 ・網目 切糸で変わる表情と切り方いろいろ、布目・網目・木の葉など模様に合った技法を学ぶ
セット内容
テキスト
麻布、ネジリ切糸、オリジナル切糸、
信楽粘土2kg、伊賀粘土1kg


第4回
課題作品 ・タタキ ・印花
・縄目  ・編上
タタキ技法に合った形と力加減、印花や縄目の上手な付け方、編上の手法と編み方、用途を学ぶ
セット内容
テキスト
縄目ヒモ、タタキ板、信楽粘土2kg、特赤粘土1kg


第5回
課題作品 ・透し彫り(陰・陽) 透し彫りの種類、陰と陽の違い、道具の使い方、程度な乾燥状態、透しを用いた用途の数々を学ぶ
セット内容
テキスト
粘土カッター、信楽粘土2kg、伊賀粘土1kg


第6回
課題作品 ・浮彫 ・沈彫 ・深彫 模様を引き立たせる浮彫の技術、道具を使いこなす法、沈彫と効果的な釉がけの考え方を学ぶ
セット内容
テキスト
カキベラ7本組、信楽粘土2kg、特赤粘土1kg



受講料
入学金無料
継続 { 装飾テクニック講座第1篇 月謝 7,000円 6ヶ月 42,000円
装飾テクニック講座第1篇個人指導 月謝 10,000円 6ヶ月 60,000円
新規 { 装飾テクニック講座第1篇 月謝 8,000円 6ヶ月 48,000円
装飾テクニック講座第1篇個人指導 月謝 11,000円 6ヶ月 66,000円
(消費税・送料込)

受講料のご納入は、申込時に半額。1回目の教材到着後10日以内に残額のお支払いを頂きます。

現在 他の講座を受講中、若しくは、修了後6ヶ月以内の場合は継続扱いとなり、新規でご受講頂くより毎月の月謝が1,000円割引になります。
個人指導には毎月2枚の添削指導用紙をセットし、制作上の疑問・質問にお答え致します。

受講期間は6ヶ月間で、6回に分けて毎月教材をお届け致します。
詳しい資料・申込書のご請求は、こちらよりお申込みください。