奥白根山 ( 奥白根山:2,577.1m ) 2015.7.11 登山



【PHOTO & 記録 奥白根山 2】

展望のない登りが続くが、やがて振り返ると、 樹林越しに温泉ヶ岳 (ゆぜんがたけ) がそのドーム型の姿を見せてくれるようになる。
ただ、樹林が邪魔をしてなかなか完全には見通すことができない。
しかし、さらに少し登っていくと、写真のようにハッキリと温泉ヶ岳が見通せる場所に出る。

そして、ありがたいことに、その先から道の方は再び 1本に集約された後、 斜面を横切って進むようになり、さらには溝状の一本道へと変わる。
今度こそ稜線だろうとの期待が高まる。長かった斜面もようやく終わりのようだ。

そして、 思った通り、溝状の道はやがて外山から前白根山へと続く尾根に登り着く。時刻は 8時3分 (写真)

尾根を右へと進み、暫く緩やかな登りの道を進む。
なお、尾根を左へと進む道はないが、薄い踏み跡を辿れば、外山頂上に行けるようである。
2つほど 前白根山、奥白根山を示す標識を過ごし、 シラビソ、シャクナゲなどが見られる樹林を進んで行く。
今まで、キツい登りが続いていただけに、この尾根歩きは本当に楽である。

しかし、楽だった尾根歩きもすぐに終わりとなり、 道はダケカンバの緑が青空に映える斜面をジグザグに登っていくことになる。
少し高度を上げて振り返れば、中禅寺湖、その後方に 夕日岳、地蔵岳が見えている。

やがて道は溝状の場所を横切った後、 すぐにその溝状の中を登っていくことになる。
この溝状の道は、山に取り付いた場所にある白根沢から繋がっているものと思われ、昔は今し方横切った場所をそのまま下る道があったようである。

なお、以前、6月に 錫ヶ岳に登った時には、 ここは完全に雪に覆われていたのだが、さすがに 7月ともなれば雪はない。
と思っていたところ、途中に雪が少し残っていたので少々ビックリする。

この溝状の道を登り切った所が天狗平で、木陰になっていて休憩に適した場所なのであるが、早く 奥白根山の姿を見たいということもあり、 休まずに通過する。時刻は 8時27分。

天狗平からは緩やかな登りが続く。
周囲はダケカンバの林が続き、またその足下にはまるで意図的に植えられたような シャクナゲの群落が続いている。
大変気持ちが良い。

この辺に見られるシャクナゲの花は、白をベースに淡いピンクが混じり、 内側に薄い黄緑色の斑点があるので、恐らく ハクサンシャクナゲであろう。
2ヶ月前、同じ山域にある 太郎山では、アズマシャクナゲが多く見られたのだが、 2つのシャクナゲの花期が微妙にずれているのが面白い (ハクサンシャクナゲの花期は 6〜7月、アズマシャクナゲは 5〜6月 とのこと)

緩やかな登りも少し傾斜がきつくなってくると、 展望が開けるようになり、振り返れば 男体山大真名子山、小真名子山女峰山太郎山と続く 日光ファミリーが樹林の向こうに見えてくる。

写真では、一番右の山が男体山。 その左に大真名子山が続き、さらに左に小真名子山が続くが、小真名子山はその後方の女峰山の懐に隠れ気味である。
そして、一番左の山が先日登った太郎山である。



白根 1、  白根 2、   白根 3、  白根 4、   白根 5、  白根 6、   白根 7、  白根 8、   白根 9、  白根 10  もご覧下さい。


めざせ百名山のページに戻る   ホームページに戻る