サイトTOP別館TOPコンテンツTOP


ヌビア、アッシリア、ペルシア。押し寄せる異国の潮流に、エジプトはもはや抗う力を失っている。僅かな時間取り戻すかつての栄華、しかしそれは、形だけの繁栄だ。度重なる国土分裂と権力争いの中、厳密なエジプト宗教の伝統が中間期の間に失われ、神官たちさえも、かつての儀式の意味を忘れていた。
形あるものはいずれ壊れ、伝統はやがて新たな様式に取って代わられる。この時代を過去の喪失と見るか、あるいは新時代への再生と感じるか。


時代区分 王名 埋葬地
第二十五王朝
(ヌビア/クシュ朝)

前722年−655年
ピイ/ピアンキ エル・クール
シャバカ エル・クール
シャバタカ エル・クール
タハルカ ヌリ
タヌトアメン/タンタマニ ヌリ
第二十六王朝
(サイス朝)
前664年−525年
ネカウ1世/ネコ ※タハルカの時代に並立 サイス?
プサメティク1世/プサンメティコス サイス?
ネカウ2世/ネコ サイス?
プサメティク2世 サイス?
アプリエス/ウアイブラー サイス
イアフメス2世/アハメス/アマシス サイス
プサメティク3世 スサ周辺?
第二十七王朝
(第一次ペルシア支配)

前525年-404年
カンビュセス2世 -
ダレイオス1世 -
クセルクセス -
アルタクセルクセス1世 -
ダレイオス2世 -
アルタクセルクセス2世 -
第二十八王朝
前404年-399年
アミルタイオス -
第二十九王朝
前399年-380年
ネフェリテス1世/ネファルド メンデス
プサンムティス/パシェルエンムト -
ハコリス/ハガル/アコリス -
ネフェリテス2世 -
第三十王朝
前380年-343年
ネクタネボ1世/ナクトネベフ -
テオス -
ネクタネボ2世
(最後のエジプト人ファラオ)
-
第三十一王朝
(第二ペルシア支配)
前343年-332年
アルタクセルクセス3世 -
アルセス -
ダレイオス3世 -

* ここでは、第25王朝(ヌビア支配/クシュ王朝)から「末期王朝時代」とする分類を採用しました。
第三中間期なしで第21王朝から直接「末期王朝時代」と分類する分類や、
第25王朝まで「第三中間期」に含めて第26王朝から「末期王朝時代」とする分類も存在します。(研究者による)


前の時代へ←  <年表Topへ戻る>  →次の時代へ