四阿山 ( 四阿山:2,354m、 三角点は 2,333.2m ) 2014.11.11 登山


【PHOTO & 記録 四阿山 2】

南には、湯の丸山、烏帽子岳が見えているが、こちらは雲が多く、後方に見えるはずの 八ヶ岳や南アルプス、 そしてその右側に見えるはずの中央アルプス、 御嶽乗鞍岳は全く見えない。
ただ、先にも述べたように、穂高連峰、 槍ヶ岳は見えており、 その手前に常念岳から大天井岳までの稜線も確認でき、 さらには、槍ヶ岳の右に、少し間を空けて 鷲羽岳水晶岳 (黒岳)薬師岳といった山々が見える。
薬師岳の右側には蓮華岳、針ノ木岳、爺ヶ岳、 鹿島槍ヶ岳五竜岳唐松岳といった山々が続き、針ノ木岳と爺ヶ岳の後方には 立山、 そして爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳の後方には 剱岳が真っ白な姿を見せてくれている。

写真 真ん中の山は鹿島槍ヶ岳。その左後方に剱岳が見える。 鹿島槍ヶ岳の右の山は五竜岳。写真 左端の山は爺ヶ岳。

そして、 唐松岳のさらに右には、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、 白馬岳の白馬三山が続いている。

また、白馬三山も右側には、少し間を空けて、 高妻山 (写真) がその頂上部分だけを雲から出しており、 さらにその右に焼山、火打山妙高山を確認することができる。

できれば、もう少しハッキリ・クッキリと見えて欲しいところであるが、 これから登る四阿山、 根子岳が期待できないため、これだけ見えれば文句は言えないところである。

こちらは、焼山、火打山妙高山方面。
一番右の山が妙高山で、その左は三田原山、黒沢岳であろうか。
そして、さらに左のズングリした山が火打山。そして影火打を経て、 木の枝に隠れ気味であるものの焼山が続いている。

小さな幅のジグザグを繰り返しながら斜面を登っていくと、 やがて、『 四阿山 2.8km 』 を示す標識のある場所に登り着く。
ここは小四阿と呼ばれる場所である。時刻は 8時42分。

ここからは本来 四阿山と根子岳が見えるのだが、 現在見えているのは大スキマと呼ばれる両山を結ぶ吊尾根の部分のみ。両山とも山頂付近は雲の中である。
北アルプスを眺めて少々上がって来たテンションも、この先行きに希望が持てない状況に、再び下がってしまう。

小四阿からは暫くの間、ほぼ平坦な道が続き、目の前の中四阿に向けてササや苔、そして岩がゴロゴロする道を進む。
周囲に生えているダケカンバもまだ小さく、草原のようであるが、天気もパッとしない所為もあって、 一方で 何となく荒涼とした雰囲気も感じられ、 四阿山が火山であったことを思い起こさせられる。

道は再び登りとなり、 ダケカンバの生えるササ原の道を登っていく。
周囲の木々は徐々に少なくなり、ダケカンバがシラビソに変わり始めると、やがて四阿高原へと下る分岐に到着する。
ここには 『 四阿山 2.1km 』 を示す標識も置かれている。
時刻は 9時6分。

この分岐を過ぎると、周囲は一変し、高い木々は全くなくなり、 ササと低木が生え、岩がゴロゴロした道へと変わる。
この頃になると、本日の唯一の楽しみであった北アルプスの眺めも、うっすらとガスがかかったようになって見えにくくなり、 さらにテンションが下がる。



四阿山 1、  四阿山 2、  四阿山 3、  四阿山 4、   四阿山 5、  四阿山 6、  四阿山 7、  四阿山 8   もご覧下さい。

めざせ百名山のページに戻る   ホームページに戻る