最終更新2021年4月13日
 

Sorry,Japanese Only
 
あなたは 番目のお客様です。
(2001年4月14日〜)
 
 

 
京ごよみ




 この年の4月は、はじめから桜もほとんど散り、店には筍が並び出し、そしてつつじも咲きはじめる、といった例年にない季節になりました。大学は新学期を迎え、職場の職員も入れ替わりで新しい顔が入ってきたのですが、その季節感に何となくギャップを感じてしまいます。いつもなら新しい職場のメンバーで、桜のもとに集うといったこともあるのでしょうが、今年はコロナでそんなこともなくちょうどよかった、とそんな消極的思いになってしまいます。今度は河原でひとりでもいいから、鮎かあまごでも焼きながら、ビールを飲んでみたい、いまはそんな気分です。

 
最新情報
5月例会はリモート(Zoomを利用)で開催します。会員以外の方も参加できます。例会のページよりお入りください。(2021.4.13)→例会はこちらからどうぞ
・6月の今年の大会もリモートで行うことになりました。今回はテーマを設けずに、会員のみなさまからの研究報告で構成されます。なお、研究報告の応募は終了しました。(2021.3.12)→詳細
・『藝能史研究』2321号が刊行されました。会員の方はまもなくお手元に届くことになります。会員以外の方も購入できます。(2021.4.13)

・『藝能史研究』223号の特集「「歌舞伎の〈見得〉」に関連して「見得用例集(未定稿)」をリンクしています。→kabukimie.pdf へのリンク
 

 
    
    
 

ホームページへのリンク、藝能史研究會へのお問い合わせ・ご意見は  まで。
藝能史研究會
〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町221 キトウビル303号室
TEL/FAX 075-251-2371

このホームページの無断転載を禁じます
Copyright:The Japanese Society for History of the Performing Arts Reserch All Rights Reserved.