最終更新2020年6月22日
 

Sorry,Japanese Only
 
あなたは 番目のお客様です。
(2001年4月14日〜)
 
 

 
京ごよみ





 ひとしきの梅雨のあとの晴れ間で、茫茫と生えた草を刈りました。平になった草原に刈られた草のみずみずしい匂いが立ちこめて、その匂いをかぎながら昼寝をしました。コロナウィルス感染に外を出られないなかにあって、こんな夏の楽しみもあったのだ、と意外な新鮮さに驚きました。
 非常事態宣言が解除されて、街には人が戻りはじめていますが、まだ警戒感半分で、元に戻るまではいましばらくはかかりそうです。
 

 
最新情報
【例会再開のお知らせ】 しばらくお休みになっていた例会を7月から再開することにしました。ただ、現下の状況に鑑みて参加されるみなさんには、体調や予防のための注意に十分ご配慮ください。また今後の感染者数の推移により、例会を中止する場合があります。その際は、ホームページで広報することになりますで、ご確認ください。→詳細(2020.6.22)
・前回、報告しましたとおり、藝能史研究会大会は、いまのところ11月末に開催の予定です。例年12月の東京大会は中止となりました。

『藝能史研究』229号が刊行されました。内容は、樋口英江氏「豊後大友氏の能楽関係史料年表稿」、山田知人氏「からくりと軽業」の研究2本、加納克己氏「かしら学入門」の芸能史ノート等です。関心のあるかたは、ぜひお買い求めください。会員以外の方も購入できます。(2020.5.1)
・『藝能史研究』223号の特集「「歌舞伎の〈見得〉」に関連して「見得用例集(未定稿)」をリンクしています。→kabukimie.pdf へのリンク

 
    
    
 

ホームページへのリンク、藝能史研究會へのお問い合わせ・ご意見は  まで。
藝能史研究會
〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町221 キトウビル303号室
TEL/FAX 075-251-2371

このホームページの無断転載を禁じます
Copyright:The Japanese Society for History of the Performing Arts Reserch All Rights Reserved.