最終更新2018年2月13日
 

Sorry,Japanese Only
 
あなたは 番目のお客様です。
(2001年4月14日〜)
 
 

 
京ごよみ

 いつまでも寒い日がつづきます。世間ではインフルエンザのAとBが混ざって流行しているので、人混みにはマスクが必需品です。それでも春は着実に近づいているようで、先日の寒い朝、霜柱を踏みしだきながら詣でた神社社殿の横の、梅の細い枝の花芽の赤さが際立ってきていました。紅梅の花は、開いてしまうと色が薄まるので、わたしは、これからしばらくの蕾の赤さも好きです。

 
最新情報

・12月3日(日)の東京大会が終了しました。充実した発表になりました。報告者をはじめ、会場設営にご協力いただいた方々にお礼申し上げます。
・例会案内の情報を更新しました。→詳細(2018.2.13)

・『藝能史研究』219号が発行されました。内容は、重田みちさんの、黒川能の形成過程を扱った論文、神保明洋さんの東京漫才の元祖東喜代駒を扱った研究ノートなどです。会員以外の方もお求めになれます。(2018.2.13)

・会誌、例会、大会報告のデータを更新しました。(2016.7.1)

 

 
    
    
 

ホームページへのリンク、藝能史研究會へのお問い合わせ・ご意見は  まで。
藝能史研究會
〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町221 キトウビル303号室
TEL/FAX 075-251-2371

このホームページの無断転載を禁じます
Copyright:The Japanese Society for History of the Performing Arts Reserch All Rights Reserved.