最終更新2018年5月22日
 

Sorry,Japanese Only
 
あなたは 番目のお客様です。
(2001年4月14日〜)
 
 

 
京ごよみ

 先日(5月15日)、晴天に恵まれて葵祭が無事挙行されました。「葵祭」の名は、行列に加わる者がフタバアオイの葉を、印に烏帽子や衣服に付けることに因んで付けられた俗称で、ほんとうは「賀茂祭」といいます。フタバアオイはハート型が対になった葉で、その間から紫色の地味な花を下向きに付けます。もっとも数が足りないので(?)、葉の形のよく似た桂の葉を付けることが多いです。行列には幸いの晴天も、桂の葉には厳しく、上賀茂神社に着いた頃にはすっかり萎れて、ちょっとかわいそうでした。

 
最新情報

・藝能史研究會大会は6月10日(日)です。テーマは「〈平家語り〉の展開と継承」です。ご来聴をお待ちしています。詳細なプログラムはこちらです。→藝能史研究會大会
・例会案内の情報を更新しました。→詳細(2018.4.17)

・『藝能史研究』220号が発行されました。内容は、山田淳平さんの研究「紅葉山楽人考」、鶴ア裕雄さんの研究ノート「宗祇から紹巴まで」のほか、書評二件が掲載されています。会員以外の方もお求めになれます。(2018.4.17)

・会誌、例会、大会報告のデータを更新しました。(2016.7.1)

 

 
    
    
 

ホームページへのリンク、藝能史研究會へのお問い合わせ・ご意見は  まで。
藝能史研究會
〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町221 キトウビル303号室
TEL/FAX 075-251-2371

このホームページの無断転載を禁じます
Copyright:The Japanese Society for History of the Performing Arts Reserch All Rights Reserved.