あなたのことを愛しているわ

聴力、視力、言葉を失うという三重苦を背負いながらも、ヘレン・アダムス・ケラー(1880~1966)は、ハーバード大学を卒業し、講演と著述で、みずからが世界中の身体障がい者の福祉活動に挺身しました。
 ヘレンは言いました。「わたしは、絶望のどん底に陥り、くらやみがすべてをおおう時代があった。しかし、愛がきたことによって、わたしの魂は自由にされた。」
 しかし、彼女にとって、クリスチャンのサリバン先生との出会いがなかったら、「ヘレン・ケラー」という奇跡の人はいなかったかもしれないと言われます。ヘレンがはじめて「愛」の意味について聞いたとき、先生は、片手で私をやさしく抱き寄せ、手のひらに「ヘレンのことを愛しているわ」と綴りました。そのことから、ヘレンは手に触れられない世界のことを学んでいくようになったのだそうです。
「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネによる福音書3章16節)
キリストの愛こそが最も価値あるものです。神は、私たちの「愛されたい」「救ってほしい」という心の叫びの祈りにも必ず応えて下さいます。そして、神の言葉とイエス・キリストは、あなたを素晴らしい神の作品に変えて下さいます。ぜひこの度の特別プログラムにご自由にお出かけください。

2017年10月24日