竜喰山( 竜喰山:2,011.8m  縦走中の最高峰は 飛龍山 2,069.1m ) 2012.4.8 登山



【PHOTO & 記録 竜喰山 4】

そして、10時5分、竜喰山頂上に到着。頂上には誰も居ない。
写真の様に頂上は狭く、樹林に囲まれ展望は得られない。
また、頂上には三角点があり、立派な標識も置かれていたが、その標識には 2,011mと書かれている。
2012年 辰年に、標高 2,012mの竜喰山に登頂といきたかったところなので、2,011mと書かれているのは残念である。
三角点は 2,011.8mとなっているから、標高 2,012mとしても良いところなのだが・・・。

頂上の展望は無いと述べたが、 飛龍山方面に少し下ると、 樹林の間から富士山大菩薩嶺、 そして南アルプスの山々を見ることができる。日当たりも良いので、ここで大休止。
食事をしつつ地図を見て、この後の行動を考える。無論、このまま飛龍山に向かって進む気であるが、ここからは踏み跡が薄いと聞く。 少々不安だが、迷ったら素直に戻ろうと決心し、10時24分、竜喰山を後にする。
ここからはササ原の斜面を下る。踏み跡が薄いとのことだったが、しっかりササ原の上に道が見える。ただ、テープもあるにはあるが疎らで、 むしろ尾根上を忠実に進むことを心懸けた方が良いようである。

稜線上を進むことを心懸けて進む。
雪がかなり残っている箇所もあるが、総じて先程までと同じような気持ちの良いササ原が続く。
ササの高さは精々膝下ほどなので、視界は良好。ササが少し凹んでいる所が人が歩いたためにできたルートのようだ。
従って、ピークを巻くような道も現れるが、ここは愚直にピーク上を辿る。意外としっかりルートができている。

とは言え、 本日のように晴天だからこそ ほとんど迷うこと無く歩けるのであって、これがガスなどに囲まれていたら少々ビビルところである。
本日は全く使わなかったが、国土地理院からダウンロードした地形図とコンパスは必携であろう (あるいは GPS)
ササの斜面を下り続けて鞍部に到着。ここではテントが張れそうである。
鞍部からは樹林帯の登りに入る。足下には雪が残っているが、固く締まっていて歩き易い。
多少のアップダウンを重ねながら、尾根を忠実に辿る。

富士山を右手に見ながら快調に進む。
周囲に岩が現れ始めたので、大常木山はもうすぐに違いない と思いながら小ピークに登り着くがここは空振り。一旦下って次のピークに登り着くもそこには石柱があるのみで、 周囲に標識などは見られない。
地図で確認するとここはどうやら 1,999m峰のようである。ということはまだまだ先が長い ということで、少々ガッカリする。
写真はその石柱 (写真中央) を振り返ったところ。

その 1,999m峰と思しきピークを過ぎると、 飛龍山の大きな姿が目の前に現れた。
正直な感想は 遠いの一言である。
尾根をこのまま まっすぐ進めば、かなり近そうだが、実際のルートは飛龍山と大常木山との鞍部にあたる大ダワに下った後、 飛龍山の周囲を右に回り、一旦 禿岩 (恐らく 写真の飛龍山の右方に見える小ピークと思う) まで登って、 そこから戻るようにして頂上に登る訳で、かなりの遠回りである。
それでも、目標の一つが見えたので、少しテンションが上がる。



竜喰山 1、    竜喰山 2、    竜喰山 3、    竜喰山 4、    竜喰山 5、    竜喰山 6、    竜喰山 7 もご覧下さい。

百名山以外の山のページに戻る   ホームページに戻る