Colonel Bogey Marches On
Famous Marches of Kenneth J. Alford
ケニスジョ−ゼフアルフォ−ド 名行進曲集
Music of Major Frederick Joseph Ricketts had
been written under the name of
Kenneth Joseph Alford

フレデリック リケッツ 少佐 は
ケニスアルフォ−ド
ペン ネ−ム
筆名で 数々の 名行進曲 を作曲した。

イギリス 王立 海兵隊 音楽学校 軍楽隊

ヴィヴィアン ダン 中佐 指揮
The Band of Her Majesty's Royal Marines

(
Royal Marines School of Music)
Conducted by Lieut. Colonel F. Vivian Dunn

(CSD-1282) (CSD-11282)
曲 目
Side One
1. Colonel Bogey ボギ− 大佐 (1914)
2. Holyrood 聖 十字架 (1912)
3. The Thin Red Line 細く赤い格子縞 (タ−タンの柄) (1925)
4. The Two Imps 人の いたずら 小僧 (1923)
5. The Voice of The Guns 砲声 (1917)
6. The Great Little Army 小規模だが 屈強の軍隊 (1916)
7. Eagle Squadron 鷲 飛行中隊 (1942)
Side Two
1. Dunedin ダニ−デン (1928)
2. By Land and Sea (1941)
3. On the Quarter Deck 後甲板にて (1917)
4. The Vanished Army 消えた 軍隊 (1919)
5. Thoughts 思索 (1917)
6. The Standard of St. George 聖ジョ−ジの旗 (1930)

              曲目 の 由来

Colonel Bogey (ボギ− 大佐) (1914)
 
リケッツ (アルフォ−ド) が インヴァネス の ジョ−ジ要塞/砦 の ゴルフ コースで
  プレイ中 メンバ−の 1人が
Fore ! と 前方へ注意喚起したが 効果が無かったので
  最初 変ロ音 とト音の 2音の 口笛を 吹いたところ すかさず リケッツが その続きを
  口笛で 応えて 作られた調べが この曲の ベ−スとなった。 これが一番有力な説。 
  一方、リケッツ の ゴルフ仲間の 1人が ゴルフ コ−スで 「ボギ−」 の スコア ばかり
  だすので 彼の名前を 「ボギ−大佐」 のニックネーム (愛称)で 呼んでいたことに
  関連して この曲名が 付けられたとの 説 もある。
The Thin Red Line  (細く赤い格子縞 (タ−タンの柄) (1925)
 
クリミヤ戦争 (1853〜1856) で 1854年 ロシア軍 騎兵集団の攻撃をものともせず
  勇敢に戦った
第93 ア−ガイル サザ−ランド 高地連隊の栄誉を 讃えた行進曲
  「無防備なイギリス軍基地と 攻勢をかけてくる ロシア軍の騎兵集団との 殺風景な
  空間地帯では 只々第93連隊の兵士達の "鋼入りの 細く赤い格子縞"(タ−タン)が
  際立っていた」 との 従軍記者の イギリス本国へのレポ−トが 根拠となって 第93
  ア−ガイル ・ サザ−ランド高地連隊の ニックネーム (愛称) が 「
The Thin Red
  Line
と 付けられたと 言われている。
The Great Little Army (小規模だが 屈強の軍隊) (1916)
  第1次世界大戦時 フランス北部に展開していた イギリス 陸軍主力の海外派遣軍
 (
BEF
British Expeditionary Forceを 時の ドイツ帝国 皇帝が 「軽蔑に値する
  小軍隊」
a contemptible little armyと 揶揄したことに 対して 愛国者 リケッツ
 (アルフォ−ド)は 「我らが海外派遣軍は 小規模ではあるが 屈強な軍隊 A Great
  Little Army
である」と 論じ返す形で 作曲したのが この名行進曲。
Eagle Squadron (鷲 飛行中隊) (1942)
  厳しい戦況下 イギリス軍 及び その連邦軍 に 友軍として 進んで協力し、果敢に
  活躍する アメリカ 航空軍団 を 称えた行進曲。

Dunedin (ダニ−デン) (1928)
 
ニュ−ジ−ランド 南島の南東部にある港町。 1925〜26年 リケッツ (アルフォ−ド)
  が所属する 第93 ア−ガイル ・ サザ−ランド 高地連隊 軍楽隊は ニュ−ジ−ランドを
  親善訪問し 港町 ダニ−デンで開催された 国際博覧会で 6ヶ月間に 亘って演奏
  活動を行った。 「
Dunedin」 は この 親善訪問の思い出に 1928 年に 作曲された。
By Land and Sea (陸路 と 海路で) (1941)
  リケッツは 1930年〜1944年(6月1日退役) の 約15年間 王立海兵隊 プリマス師団
  軍楽隊の隊長&指揮者として活躍したが この作品は 当師団を 讃えて作曲された
  式典用 行進曲。

The Vanished Army (消えた 軍隊) (1919)
  第1次世界大戦での 戦没者を 追悼するため 作曲。  ロンドン ホワイトホ−ル
  (官庁街) の 戦没者記念碑
Cenotaph での 式典、 休戦記念日のパレ−ド 等で
  屡々演奏されている.。


(注) 上記 各曲目に関する 記事内容は 御参考までです。 和訳の部分等は 個人的
    解釈も 含まれますので 必ずしも客観的に100 % 正確とは 限りません。
    御留意ください。



価格: ¥8,500-