フェノロジー栃木
Since       1998/01/24
Last updated  2018/09/23
ご感想、ご意見などはこちらに 
       →
 
e-mail
栃木県に生育する植物の開花や結実の情報をお知らせするホームページです。
カウンター
最近見かけた花と果実 用語解説 フェノロジーとは・・・ サイトポリシー
栃木県の植生と植物相 ライブラリ
宇都宮の花暦 リンク
栃木県植物研究会
鶏足山塊の植物 更新履歴 プロフィール
3年半ぶりに旧スタイルに戻しました。順次更新していきます。気がつけば開設20年!
今頃の植物の様子 観察日・場所 
2018/08/16 日光市土呂部 落葉広葉樹林縁
 Alt.920m
 土呂部の採草地わきの落葉広葉樹林。車道沿いを観察しました。
 今回、E620で撮影しました。
 フシグロセンノウ

 花盛り。個体数は多い。
 ハルニレ

 ミズナラ林に混生しています。葉は枝の先の方のが大きいです。
 アカネ

 他の草木を覆うように育つ草。花盛りでした。
 イタヤカエデ

 車道沿いに低木がありました。本種はいろんな変種があります。
 キオン

 山地帯にやや普通に生える黄花の野菊。栃木県では北西部に普通ですが、八溝山地では八溝山に少しあるだけ。
 クマヤナギ

 クマツヅラ科の低木。他の木にからんで成長します。開花してました。
 ミヤマクマワラビ

 オシダに似てますが、裂片の脈が2本に分かれていませんし、鱗片は黒褐色です。オシダと混生してました。
 ノコンギク

 つぼみが成長してきてました。
  オオハンゴンソウ

ここでも繁殖がはじまっていました。
  ツリフネソウ

咲き始めてました。
  ヤマドリゼンマイ

普通の形のシダですが、葉がかさかさと乾いた感じがします。