フェノロジー栃木
Since       1998/01/24
Last updated  2019/3/20
ご感想、ご意見などはこちらに 
       →
 
e-mail
栃木県に生育する植物の開花や結実の情報をお知らせするホームページです。
カウンター
最近見かけた花と果実 用語解説 フェノロジーとは・・・ サイトポリシー
栃木県の植生と植物相 ライブラリ
宇都宮の花暦 リンク
栃木県植物研究会
up
鶏足山塊の植物
更新履歴 プロフィール
八溝山地鶏足山塊の植物リストを逐次追加中
今頃の植物の様子 観察日・場所 
2019/02/23 益子町三登谷山 
 Alt.200〜433m
 雨巻山北方にある三登谷山で観察しました。三つの峰のある山ですが、写真は真ん中の峰の山頂です(北の峰が三登谷山山頂です)。
 今回、DC-TZ90で撮影しました。
 アイアスカイノデ

麓のスギ・ヒノキ林内にはイノデの群生地がありますが、本種が一番多いです。
 ダイコンソウ

越冬している葉っぱは大根に似ている。
 ダンコウバイ

早春に黄色い花が目立ちますがまだつぼみ。でも、ふくらんできています。
 イヌブナ

北斜面には高さ2m弱の若木がありました。ここは伐採後50年くらいのコナラ林ですが、風当たりが強く林の発達が遅い場所です。
 真ん中の峰の岩場

 ミヤマカンスゲ

花穂はまだ見えませんでした。
 シロダモ

ヒノキ林下に多くありました。でも高さ3m以下の若木ばかりです。
 ツルリンドウ

これもたくさんありました。葉に虫の跡がありました。
  ウラジロガシ

山頂部に大きな木が1本。割と自然度高いところに生えるカシです。
  ヤマツツジ

つぼみが春を待っています。