フェノロジー栃木
Since       1998/01/24
Last updated  2018/11/26
ご感想、ご意見などはこちらに 
       →
 
e-mail
栃木県に生育する植物の開花や結実の情報をお知らせするホームページです。
カウンター
最近見かけた花と果実 用語解説 フェノロジーとは・・・ サイトポリシー
栃木県の植生と植物相 ライブラリ
宇都宮の花暦 リンク
栃木県植物研究会
鶏足山塊の植物 更新履歴 プロフィール
3年半ぶりに旧スタイルに戻しました。順次更新していきます。気がつけば開設20年!
今頃の植物の様子 観察日・場所 
2018/10/28 那須塩原市塩原温泉 落葉広葉樹林
 Alt.500〜620m
 塩原温泉の遊歩道で観察しました。紅葉の盛りでした。
 今回、TZ-90で撮影しました。

まずは観察ポイント1の様子
 ハウチワカエデ

 紅葉の盛り。
 イタヤカエデ

 黄葉はじめ。果実がたくさん着いていました。
 イロハモミジ

 木により、枝により紅葉の度合いに幅がありました。手前はまだ、後方は見ごろでした。
 アブラチャン

 黄葉の盛り。
 スミレの一種

 舗装された場所に花がたくさん咲いてました。
 ノコンギク

 箒川の河原に花盛り。
 ミツバウツギ

 幼木も黄葉はじめ。
 シラネアザミ

 果実の成熟が続いてました。
  バイカツツジ

まだ緑葉でした。
  トウゴクミツバツツジ

黄葉はじめか。
  ツルマサキ

若い株が林床にありました。
    コマユミ

成熟果になってました。

(観察ポイント1おわり)
    観察ポイント2

 
    黄葉する林
    カノツメソウ

成熟果が見られました。
    チョウジザクラ

黄葉してましたが落葉も進んでました。
    フタバアオイ

春には密生していただろう葉はまばらになってました。
    ムラサキシキブ

果実は紫色になってましたが黄葉していません。
    コナラ

ここに多く見られるコナラはまだ黄葉前でした。
    ミヤマイラクサ

沢沿いに群生。果実序が旺盛に伸びてました。