フェノロジー栃木
Since       1998/01/24
Last updated  2018/08/04
ご感想、ご意見などはこちらに 
       →
 
e-mail
栃木県に生育する植物の開花や結実の情報をお知らせするホームページです。
カウンター
最近見かけた花と果実 用語解説 フェノロジーとは・・・ サイトポリシー
栃木県の植生と植物相 ライブラリ
宇都宮の花暦 リンク
栃木県植物研究会
鶏足山塊の植物 更新履歴 プロフィール
3年半ぶりに旧スタイルに戻しました。順次更新していきます。気がつけば開設20年!
今頃の植物の様子 観察日・場所 
2018/07/07 真岡市砂ヶ原
 河原 Alt.50m
 鬼怒川河川敷。10年前とは流路がかなり変わってしまいました。
 今回、E620で撮影しました。
 ネムノキ

 花盛り。鬼怒川河川敷にはよく見られる低木です。
 カワラニガナ

 初夏の花として知られますがまだ一部では咲いてました。果実も実ってました。
 カワラサイコ

 開花してました。ここにはあまりありませんでした。
 カラメドハギ

 メドハギより少ないです。茎が褐色です。
 ギシギシ

 花期の早いギシギシ類。果実と茎葉はもう茶褐色になってました。
 フサフジウツギ

 花盛り。20年ほど前は当地で見たことはなかった。最近増えたようです。
 コゴメバオトギリ

 花はほぼ終わり。帰化種のオトギリソウ類の一種。鬼怒川河川敷には多いです。
 コゴメヤナギ

 栃木県の鬼怒川河川敷に多いヤナギはオノエヤナギ、次いでカワヤナギやタチヤナギですが、本種もときどき見られます。
    ノブドウ

花盛り。空地によく生えているブドウ科のつる草です。
    イタチハギ

未熟果。河原や道路法面によく見られます。
    テリハノイバラ

未熟果。ノイバラより花期が遅く果実もまだ小さいです。
    メマツヨイグサ

 花期前半。いちばん普通なマツヨイグサです。