別所線に乗って・・ローカル線の小さな旅は別所温泉駅が終着駅 
・・ここからは 心の旅の始まりです

★★★★★★★★★★★★別所温泉の観光情報 ★★★★★★★★★★★

 出で湯めぐり ★

 文化財めぐり  

★ 岳 の 幟  

 別所の民話 

別所温泉観光協会

別所温泉旅館組合


上田電鉄別所線(時刻表)


別所温泉駅から
10分以内の

 ==周辺の観光情報==
別 所 温 泉 っ て ?   どんなとこ


さあ 別所温泉に出かけましょう ・・・・ 

・車の旅もいいですが別所線の電車に乗ってみてはどうでしょうか・・・きっと「心のゆとり」を感じるとおもいます 
懐かしの丸窓電車の塗装した「まるまどりーむ号」も走っています  

2両編成の電車が静かに到着


女性の駅長がはかま姿で迎えてくれます

 

別所温泉駅

駅長室


改札



時間があればカメラに答えてくれるかも・・・


 

別所の出で湯めぐり・・・・・・・別所温泉駅から 200m〜600m お勧め→★★★★★

別所温泉は大昔から七久里の湯と呼ばれてきました それは八雲御抄(やくもみしょう)という古い書物に書かれていて 七久里とはその昔、大和武尊(やまとかけるのみこと)が東国征伐の帰り道入浴され「七苦離の湯」・・七つの苦しみから離れる・・と名付けたことによるものとされています。

石湯(いしゆ)・大師湯(だいしゆ)・大湯(おおゆ)・愛染閣(あいぜんかく)・足湯ななくり
                                         

文化財めぐり(史跡名所)・・・・・別所温泉駅から 500m〜600m お勧め→★★★★★

北向観音安楽寺・常楽寺など別所温泉には国宝など貴重な文化財がいっぱあります

塩田平と別所温泉の民話
  
・西行法師の戻り橋
・常楽寺の鏡池
・狐の花嫁行列
・お湯に入った木像
・甲田池の河童

お話を短縮しました 別所の民話 

 

天下の奇祭・・・・・・ 岳 の 幟 (たけののぼり)・・・(国選択無形文化財民俗文化財)

 別所地区に500年前から続いている雨乞いの祭り。
永正年間の大干ばつの時、夫神岳の神様に祈願したところ、恵みの雨が降り、
作物がよみがえって無事豊作となりました。以来、夫神岳山頂に祠を建て九頭竜神を奉り、
毎年各家で織った布を奉納し感謝と祈願をしたのが始まりと伝えられています。
この幟の布で着物を作
て着ると、年中無病で過ごせると言われています。

日本三大”幟”祭り 「岳の幟」他
 ・福島県安達郡東和町   木幡の祭り
 ・青森県中津軽郡岩木町  岩木山の神賑祭(重要無形文化財)

別所温泉 伝統行事 「岳の幟」(たけののぼり) 毎年7月

今から五百年ほど前の、永正年間の夏のこと、数十日間の日照りが続きで雨が少しも降りませんでした ・・・・・そこで村人は・・・・・・・

将軍塚・・・・・・・・別所温泉駅から 200m お勧め→★

別所村の言い伝えで  「この村がさびれて 3軒になってしまったら村の朝日が昇る方向を掘れ!」と伝えられています。・・・・・・・・もしかしたら埋蔵金はここかも?・・・・ロマンあふれるお話ですね・・・
温泉の入り口に奈良時代に築造された丸塚(円墳)があり、その墳上には鎌倉時代の秀作石造多層塔が
建っていて 北向観音の加護により戸隠山(長野県北部)の鬼女を討った平 惟茂
(たいらのこれもち
供養塔であると伝われています

愛染桂 (あいぜんかつら)・・・・・・・別所温泉駅から 600m お勧め→★★

北向観音の霊木。境内にある愛染堂とこのカツラの木を結んで愛染桂といい、若者たちから
縁結びの霊木として親しまれている。
 川口松太郎の名作「愛染桂」はこの木からヒントを得たという説もある。

北向観音の参道・・・・・ 別所温泉駅から 500m お勧め→★★★

地元物産のお土産屋、厄除まんじゅう屋、クラフトギャラリー、喫茶食堂など10軒が並ぶ仲見世通り
朝鮮人参(薬用人参)、くるみ、まんじゅう、上田紬、陶器、みすず飴、ざこに(佃煮)、地酒など

                                               別所温泉観光協会

アートクラフトのギャラリーショップ巡り


アースワークスギャラリー  陶芸のギャラリーショップ
繭の家  若竹屋紬店 紬ギャラリー
★ギャラリー作る屋  
            常時30人のクラフト作家の作品並ぶ クラフトショップ


 

今インターネットのツイッターで話題になっている「別所温泉」がキーワードのつぶやき

 


 丸窓電車ってな〜に?

・・・・・昭和61年まで塩田平の田園のなかを走り続けていた懐かしの電車・・・・・・・・
現在は運行されていませんが、別所温泉駅の構内でご覧になれます

リンク

上田電鉄株式会社