善意

 

 

1.仁慈は善意であり、良き業は善意より発する善き行為である

2.マリア・ワルトルタ

3.ルイザ・ピッカレータ

 

 

1.仁慈は善意であり、良き業は善意より発する善き行為である

 

真の基督教374

 

(1)「仁慈は善意であり、良き業は善意より発する善き行為である。」

 仁慈と業は意志と行為、或は心の情緒と身体の活動のように区別され、従ってまた内なる人と外なる人とのように区別される。またこれらは原因と結果のように区別される。何故なら、凡ゆる原因は内なる人の中にあり、そこから由来する結果は外なる人の中に、また外なる人によって生み出されるからである。それ故、仁慈は内なる人に属して、善なるものを欲することに在り、業は外なる人に属して、善を欲する結果として善を為すことに在る。更に、互に異なった人々の善意の間には無限の相違がある、人のために為されたものは何事でも善意或は慈悲から発していると一般に想像されているが、そのような行為は真の或は偽の仁慈から発しているか否かは知ることは出来ない。この無限の変化は目的、意向、そこから発する意図から生まれている。何故なら、これらのものは意志の中に隠れ意志の真の性格を示すからである。意志は理解の中にその目的即ち結果に到達する手段を選ぶ。何故なら意志はそこに、自らを行為により示しかくしてその結果を或は業を産み出す方法と手段に関する照示を求め、かくして、行為する力を理解の中に得るからである。それ故業は本質的には意志に所属し、形式的には理解に所属し、実際的には身体に所属することが推論され、これが仁慈が良き業となって発する理由である。

 

 

2.マリア・ワルトルタ

 

マリア・ワルトルタ48・7/天使館第1巻P428

 

ヨハネがペトロに:

 

「わたしたちはこうも言った。『先生、あなたはわたしたちを召し出してくださいました。でもわたしたちは皆、文無しです。何をあなたに持参したらよろしいのでしょうか?』と。すると、まさに天の国を味わわせるような微笑を浮かべて、こう答えられた。『わたしはあなたたちからあるすばらしい宝をもらいたい』。そこで、『でもわたしたちが文無しだとしたら?』と答えると、彼は言われた『七つの名をもち、この世で一番惨めな貧乏人でも持つことができ、一番の金持ちでも所有できない一つの宝物を持参してほしい。あなたたちはそれを持っており、わたしはそれが欲しいのだ。その七つの名はこれだ。愛徳、信仰、善意、正しい意向、克己、表裏がないこと、犠牲精神だ。あなたたちはそれを持っており、わたしはそれが欲しいのだ。わたしに従う者に、わたしはこれを、これだけ望んでいる。そしてあなたたちには、それがある。まだ冬の土塊(つちくれ)の下に眠っている種子のようだが、わたしの春の太陽がそれを七倍の穂に育てるだろう』。こう言われたのだ」。

 

 

マリア・ワルトルタ49・6/天使館第1巻P439

 

主:神の祝福は、善意に溢れる心を彼に向ける人の上にありますように。

 

 

マリア・ワルトルタ50・7/天使館第1巻P454

 

主:わたしが欲しいのは、ただあなたたちの善意だけです。

 

 

マリア・ワルトルタ/復活P269

 

「善意の人に平和」・・・善意とは真理への望み

 

 

3.ルイザ・ピッカレータ

 

ルイザ・ピッカレータ/被造界の中の神の王国/3巻P114

 

「他の人々にたいする尊敬の不足は、キリスト者としてのまことの謙遜と優しさの欠如である。謙遜で優しい精神は、すべての人々を敬い、つねに他人のことを善意に解釈することを知っている。」