親切

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/10巻P167

‘01.5.2

 

「主の僕は口論に従事せず、誰にたいしても親切でなければならない。」

 

 

 

霊界日記1246

 

さらに、彼らは地獄にいるため、彼らは、彼らに何らかの危害が加えられるよりは、むしろ憐れまれねばならないのである。なぜならもし私が、仮にも彼らに話してはならないとするなら、またはある霊魂たちが身体における生活から身につけてしまった言い方で彼らに突っけんどんな事柄を話すとするなら、彼らはさらに苦しみを覚えるからである。そのことは慈悲と仁慈に反するであろう、なぜなら悪魔にすら善かれと願うことがキリスト教であるからである。