戦い

 

 

主が戦われる

世に戦争のある理由

 

 

 

1.戦い

2.戦争

6.犠牲者

7.エジプト人の子らの死

8.ヘロデによる虐殺

9.子供は天界へ行く

10.ヴァッスーラ

11.論争

12.信仰について論じることは疑い、否定すること

13.合理的な善は、いかに攻撃されても、決して戦いはしない

14.わたしの天使たちもわたしが彼らに委ねた国を防衛するために闘う

15.これは天と地獄との戦いなのだ

16.聖母から司祭へ

17.悪霊は攻撃し、天使は防御する

18.天に戦いが起こり

19.休みなく続く戦い

20.悪魔は決して眠らない

21.国防、自主防衛

22.アレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタ

23.公教要理(カテキズム)

24.同胞や隣国の人々と好ましい調和のうちに生きることによって、あなたたちは怨恨と戦争を避けるからだ

 

 

 

 

1.戦い

 

 

マタイ10・34−39

 

わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるために来たからである。人をその父に、娘を母に、嫁をしゅうとめに。こうして、自分の家族が敵となる。

 

わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。

 

 

 

ルカ12・49−53

 

わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。しかし、わたしには受けねばならない洗礼(バプテスマ)がある。それが終わるまで、わたしはどんなに苦しむことだろう。あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。

父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。

 

 

 

黙示録12・7−13

 

 さて、天で戦いが起った。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。竜とその使いたちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた。わたしは、天で大きな声が次のように言うのを、聞いた。

「今や、我々の神の救いと力と支配が現れた。神のメシアの権威が現れた。

我々の兄弟たちを告発する者、

昼も夜も我々の神の御前で彼らを告発する者が、

投げ落とされたからである。

兄弟たちは、小羊の血と

自分たちの証しの言葉とで、

彼に打ち勝った。彼らは、死に至るまで命を惜しまなかった。

このゆえに、もろもろの天と、

その中に住む者たちよ、喜べ。地と海とは不幸である。

悪魔は怒りに燃えて、

お前たちのところへ降って行った。残された時が少ないのを知ったからである。」

竜は、自分が地上へ投げ落とされたと分かると、男の子を産んだ女の後を追った。

 

 

 

黙示録3・8

 

あなたは力が弱かったが、わたしの言葉を守り、わたしの名を知らないと言わなかった。

 

 

 

生命94

 

地獄と天界との存在を信じ、天界は永遠の幸福であるが、地獄は永遠の不幸であり、悪を行う者は地獄へ行くが、善を行う者は天界へ行くことを信じる者はすべてこの戦いを行うのである。

 

 

 

天界の秘義761

 

 人間の中の霊的な試練はその者のもとにいる天使たちと悪霊らの争闘であり、この争闘は彼の良心の内に普通感じられることは前に述べたところであるが、この争闘についてはまた以下のことを知っておかなくてはならない、すなわち、天使たちは絶えず人間を守っていて、悪霊どもが彼に加えようと努力している幾多の悪を外らしているのである。天使たちは人間の中の誤った悪いものを守りさえしている、なぜなら彼らは彼の幾多の誤謬と悪とは何処から発しているかを、すなわち、悪い霊らと鬼どもから発していることを充分に知っているからである。人間は自分自身からは誤った悪いものを一つとして生み出しはしない、それを生み出すと同時にその人間にその人間が自分自身からそれを行っているのであると信じ込ませるものこそ人間のもとにいる悪霊らである。かくの如きが彼らの悪意である。更に、私は多くの経験から確認することが出来るのであるが、彼らはこの信念を注ぎ入れ、強制していると同時に人間を訴え、罪に定めるのである。主に対する信仰を持っていない者は自分は自分自身で悪を行っていると信じないように明るくされることは出来ない、それで悪を自分自身のものとし、自分と共にいる悪霊どものようなものになる。これが人間の実情である。天使たちはこのことを知っているため、再生の試練においては彼らは人間の幾多の誤謬と悪をまた守るのである、なぜならもしそれらを守らないなら人間は屈服するからである。なぜなら人間の中には悪とそこから発した誤謬以外には何ものもなく、かくて人間は諸々の悪とその諸々の誤謬の集合体、合成体そのものに過ぎないからである。

 

 

 

天界の秘義762

 

 しかし霊的な試練は現今ほとんど知られていない。またそれは以前ほどに許されてもいない、それは人間は信仰の真理の中にはいないし、それで屈服してしまうためである。これらの試練に代って自然的な身体的な原因から生まれている不運、悲哀、心労といった他のものがあり、また人間の幾多の快楽と欲念の生命をある程度押さえ、破って、彼の思いを内的な宗教的な主題に方向づけ、高揚させるところの身体の病気、疾患といった他のものもあるのである。しかしこれらは霊的な試練ではなく、霊的な試練は主から真理と善との良心を受けた者たちによってのみ経験されるのである。良心はそれ自身諸々の試練の面であり、その中に試練が行われるのである。

 

 

 

天界の秘義6656

 

「戦い」の意義は真理と誤謬についての争闘であり、すなわち、霊的な争闘である。(1664、2686)

 

 

 

天界の秘義6657

 

教会の人間が試練に入ると―それは彼が彼の悪の中に入れられるとき起こるのであるが―そのとき彼の周囲に地獄から来ている霊らと天界から来ている天使たちとの間に争闘が起こり(3927、4249、5036)、その争闘はその人間がその者の悪の中に置かれている限り持続するのである。

 

 

 

聖母から司祭へ1980.8.15

 

 このように、かれ[悪魔]は、どんな手段に訴えても、落とし穴をしかけます。これは、しばしばあることですが、あなたがたにもっとも近い人々や、あなたがたからもっとも愛されている人々のあいだにいて、あなたがたと戦うのです。それは、あなたがたを失望させるために他なりません。かれは、こうして、あなたがたの使徒的活躍に対する熱心さと、情熱をさまそうとするのです。

 

 

 

マリア・ワルトルタ/イエズスに出会った人々3・P342

 

 私は民衆に正義をもたらす者と言われていますが、そのとおりです。なぜなら、すべての国の人々が私の教えを実行すれば、互いの憎しみも戦争も迫害もなくなります。

 

 

 

コンソラータP108

 

コンソラータ:

それで自分自身に対し、また人々と悪魔に対して断固たる決戦が始まります。私のイエズスよ、私はあなたに定められた時よりも一分でも早く、また私の罪により一分でもおそく天国にはいりたいと望みません。

「イエズスがもし私の味方ならば、だれが私に反対することができましょうか?」(ローマ書8・31参照)

 

 

 

 

2.戦争

 

 

真の基督教407

 

隣人を愛するとは、如何なる意味であるかを我々は今述べよう。隣人を愛するとは親類、友、善良な人々に対してのみでなく、見知らぬ者、敵、邪悪な人々に対しても善をなさんと欲し、これを実行することである。しかしながら、仁慈は前者に対すると、後者に対するとでは異なった方法によって行われる。

 

親類および友人に向かっては仁慈は直接的な恩恵の形を取るが、敵および邪悪な人々に対しては勧告、懲戒、刑罰、矯正のような間接的な恩恵の形を取る。これは、以下のように説明することが出来る、司法官は法律と公義とに従って、悪事を犯した者を罰する時は、彼はその隣人を愛しているのである。なぜなら、彼は、かくして、彼をより善く導き、将来他の市民を害うことのないように市民の安寧を考慮するからである。

 

その子がもし悪を行えば、父はこれを懲らしめることによって、その子に対する愛を示すことを、凡ての者はよく知っている。もし、父がこのようにしなければ、彼は子の欠点を愛するのであって、かかる愛は仁慈と呼ばれることは出来ない。

 

もし、人が不遜な敵に反抗し、自己防禦のために彼を撃つかあるいはこれを裁判官に渡しても、喜んで和解する意志をもっているならば、仁慈によって行動しているのである。国家と教会とを防禦するする戦争は仁慈に相反していない。それが行われる目的がそれが仁慈であるか否かを決定するのである。

 

 

 

信仰50

 

信仰にはいるが、仁慈にはいない者らがペリシテに属していることは、聖言の中でペリシテ人について言われている種々の事柄から、それがその霊的意義によって理解されるとき明白であり、同じくまた彼らがアブラハムとイサクの僕たちと争ったことからも明白であり(そのことは創21章と26章とに記されているが)、また彼らがイスラエルの子孫と戦ったことからも明白である(そのことは士師記とサムエル書と列王記とに記されている)、なぜなら霊的意義では聖言に記されている戦争はすべて霊的な戦いを意味しているからである。そしてこの宗教は、すなわち、仁慈から分離した信仰は教会に入り込もうと絶えず願っているため、ペリシテ人はカナンの地に残って、しばしばイスラエルの子孫を悩ませたのである。

 

 

 

神の摂理252

 

地獄の霊は攻撃するが、天界の天使は防御するのみである。それゆえ何人でも、悪い人間である将軍を用いてでも、自分の国と同盟国とを侵略から守ることが正当であるが、挑戦されないで攻撃することが正当ではないことが推論される。

 

 

 

マリア・ヴァルトルタ/私に啓示された福音/7卷中P90/463・5

 

それぞれの国の民がわたしに教わったことをするなら、憎悪、戦争、高圧的な行為は止むでしょう。

 

 

 

 

 

6.犠牲者

 

 

マリア・ワルトルタ/復活/P160

 

「私の息子は、あなたに限りのない苦難を与えました・・・」

 

「そしてあなたにも・・・だが、それはもうすんだ事です。どうにもなりません・・・けれども、これからあなたは苦しみを役立てることはできます。この傷、私の血、そしてあなたの涙も、共にこの世を清めます。どんな苦しみも、この世を清めるためにある。私の血はもちろん、私の母マリアの涙も、あなたの涙も、そしてキリストと人間への愛のためにあるどんな義人の苦しみも、すべてそうです」

 

 

 

 

7.エジプト人の子らの死

 

 

マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩下P346

 

神様は残酷なエジプト人の子らを殺した時でも、その子らにあわれみを示しました。大人になるまで生きることなく、それぞれの父親たちのようには罪を犯さず、また、その親たちに犯した罪を後悔する時間を与えられました。これは神の厳しい慈悲でした。

 

まことの慈悲を、柔らかすぎる教育からよく区別することを知ってほしい。私が幼な子であった時、多くのいたいけな幼児が母親の胸で殺されました。あの時、全世界が嫌悪と恐怖にふるえて叫びました。しかし、人類の個々のためにも、全体のためにも、時のおわりはきます。キリストの時代のあの幼児たちは運がよく神に祝されたものだと、その時知るに違いない。あの子供たちは小さい時に殺害されたので、最大の罪、救い主の死の共犯者となることを免れられたのですから。

 

 

 

 

8.ヘロデによる虐殺

 

 

マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩下P37

 

(ヘロデによる虐殺で、妻子を殺されたエリヤが主にこう質問します。)

「では、私の子供たちはどうなりますか」

「エリヤ、おまえの子供たちは天使と同じです。子供たちは救い主が冠を授けられるとき“栄唱”を何度も歌う」

「王の冠ですか」

「いえ、贖い主の冠です。義人と聖人たちとの行列の前を殉教者の幼な子たちの血に染まった白い軍団が行く。そしてリンボの門が開かれ、一緒に死ぬことのない王国へ昇ります。やがておまえたちが来て、父と母と子供たちとまた会えます。このことを固く信じよ」

「はい、主よ」

 

(マリア・ワルトルタ/イエズスに出会った人々2/P167)

マルジアムは、幼な子イエズスを見た、あの羊飼いたちに強く関心を寄せ、マリアが快く辛抱強く、様々な質問に一つ一つ答える。

「でも、どうしてあの人たちが罰せられたのですか。いつも良いことだけしていたのに!」

子供は、その人たちに降りかかった災いの話を聞いて、合点がいかないらしい。

「いろいろと間違いを犯した人間が、その災いの責任を罪のない人になすりつけるのはよくあることだからよ。でもね、あの羊飼いたちはとっても心の善い人たちで、ゆるすことを知ったから、イエズスにたいへん愛されているわ。いつでも、ゆるすということを知らなければいけないわ」

「でも、殺された子供たちは、どうやってヘロデをゆるせたの?」

「あの子たちは、小さな殉教者なの、マルジアム。そして、殉教者は聖人だわ。あの殉教者は自分を殺した人をゆるすだけでなく、天の国の門を開いてくれるから愛しているのよ」

「じゃ、あの子たちは天国にいるの?」

「いいえ、今のところ、そうではありません。でもリンボで太祖や義人たちの喜びになっています」

「どうして?」

「あの子たちが血まみれの霊魂でリンボに着いたとき“私たちは救い主キリストの到来を告げるものです。待ち焦がれているあなたちよ、喜びなさい。キリストはもう地上におられます”というよい便りを持って行ったので、皆から愛されているわ」

 

 

 

 

9.子供は天界へ行く

 

 

天界と地獄329

 

子供はすべて教会の内であれ、外であれ、何処に生まれようと、敬虔な両親から生まれようと、不敬虔な両親から生まれようと、死ぬと、主により受け入れられて、天界で教育され、神の秩序に応じて、教えられ、善に対する情愛にひたされ、そのことを通して真理の知識にもひたされ、その後、理知と知恵とが完全になるに応じて、天界へ入れられて、天使となるのである。

 

 

 

天界と地獄332

 

小さな子供たちは、よみがえるとすぐに―それは死後直ぐに起きるのであるが―天界へ挙げられ、婦人の天使たちの手に委ねられるが、その天使たちは身体の生命にいた頃やさしく子供たちを愛したと同時に神を拝した者たちである。

 

 

 

 

10.ヴァッスーラ

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/1巻P54

 

イエス、愛します。そして、あなたのために戦います。

 

戦うのは望んでいない! 私は平和だからです そして あなたは平和のために、平和のうちに働くのです。 できるだけそばにいて 私を歓びで満たしなさい。 足に接吻してくれるか?

 

私はイエスの御絵をとり、御足に接吻しました。

 

愛している、平和のうちに行きなさい。

 

 

 

 

黙示録講解734ホ

 

 これらの記事においてもまた『戦』は霊的な戦を意味し、それは真理に反抗する誤謬の、誤謬に反抗する真理の戦いである。それは真理に反抗する誤謬の、誤謬に反抗する真理の戦と呼ばれてはいるが、しかし誤謬の中にいる者らは真理に反抗して戦いはするが、真理の中にいる者たちは誤謬に反抗して戦わないことを知っておかなくてはならない、なぜなら攻撃する者らは常に誤謬の中にいる者らであるが、真理の中にいる者たちは単に防ぐのみであるからであり、しかし主に言及するなら、主は抵抗さえ決してなさらないのであって、単に真理を擁護されるにすぎないのである。しかしこのことについては他の所にさらに多く述べよう。

 

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/2巻P260

‘88・8・1ローマ

 

私たちは聖ペトロ寺院まで歩いて行きましたが、その途中ジェームズ神父は塀に「司祭のマリア運動」のポスターが掛けてあるのに気づきました、彼はそのほうに行って立ち止り、私はその瞬間香の薫りがしました。彼をそこで呼んだのですが、彼にはその薫りが分かりません。たった一か所だけの薫りだったのです。

イエス?

私です、ヴァッスーラ、それは私の香りだった ♡ 勇気を出しなさい 我が子よ(*) たどっているどの一歩も無駄にはならない、私がこの仕事を任命した、恐れないように 私が前にいて、あなたは私ども(**)に護られている、あなたの時代のこの戦いにあなたを遣わし 悪魔のわざによる全てをもとに戻す正しい人びとの仲間となる使命を 与えた ♡ あなたの行うすべてを祝福する ♡

* ジェームズ神父にたいして

 **イエスと聖マリア

 

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/2巻P272

‘88・8・9

 

イエス?

 

♡ 私です、我がヴァッスーラ、ジェームズ神父も居るように、彼と話しをする ♡

(イエスはジェームズ神父にこうして私とともに「会う」ことをお許しになりました。)

私の平和を受けなさい、あなたの歩む一歩一歩を、主なる私は祝福する ♡ 私はペトロの葬られた場所にできるだけ近くまであなたを連れてきた、それを望んだのが私であることを疑わないように ♡

(ジェームズ神父がおいでになり、ともにひざまずき、この特別な仕方でイエスに「会い」ました。)

兄弟よ! あなたの救い主を見なさい、見よ、愛である私が、私自身の者たちの手で 再び十字架に架けられている ♡ 兄弟よ! 偽りに 気づくように、悪と戦い、誤りを正しなさい、私を迫害するすべての者に従順を呼びかけなさい、私の家は荒廃し、聖所は荒れはてたままになっている

 

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/8巻P226

‘96・10・22

 

荒廃した我が聖所を立ち上げるのを援助し この砂漠に植林するためにも あなたを育て上げた ♡ そこで「Lo tedhal(*)」恐れないように、手に手を取って 成功と勝利のうちにその使命を終えると すでに約束した。この強力な敵に立ち向かえるよう、あなたを強い者として形造り、最大限に、みことばと 三たび祝された伝統を宣べ伝えるためには 剛毅の霊を与えた、そして我が霊より寛大に天下る力は 語る能力を授けよう。 最後まで勇敢に十字架を担えるよう 我が霊があなたの強さとなる。 そこでみことばが あなたを通してこの世のあらゆる王国を襲い そして刺し貫き、引きずりおろして破壊するように。 そう! これからも我が剛毅の霊によってあなたを用い あの悪の勢力に対抗する そして、この戦いであなたは、ときに、激しい攻撃を受けて血まみれになろうが そのときは、御母と私で支える。 破滅的な非難を あなたは免れよう。 私、キリストが、あなたの前を歩き、私の笏をもって 祈りが必要な教会の裏切り者たちを指し示す。 罪びとたち 大いなる者や傲慢な者たち、偽善者、反逆者や高慢な演説家たちを追い求めるようにと あなたを励まそう。 私の十字架を片手に 一方の手にはロザリオを持って、異端を打ち砕き 代わりに真理と忠実を樹立しなさい ♡ これからも方々へ遣わし その実をもって私の頭を飾らせる。

*ご自分のアラマイ語で、「恐れないように」。

 

―ああ 野獣の奴隷たちよ(*)! 彼が(*1)ゆっくりと狡がしこく あなた方を破滅に導いていくのが分からないのか(*2)? しかし、我が教会を損なおうと謀り どのような企てをたくらもうと、あなた方は勝利できない そして勝利しない、やがては私が勝利する。 私は国たみにその企てを一部露にした、そして反逆者が姿を現すその日は、「あなたが(*3)現れるその日、私はあなたの破壊およぼす全体像を 国たみの前で露にする。その心の意図を全世界に明かす・・・」

 *それからイエスは向きをかえ、野獣の信奉者たちを追うかのように叫ばれました。  *1野獣。 

 *2イエスの痛みを感じました、そして彼らが足りない者であっても深く愛しておられると。  *3野獣。

 

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/10巻P134

‘00・10・16

 

「いつまでも永らえると、誰が言ったか? もう十分長く 鷲のように舞い上がり、星々の間に巣くい 刺となった。さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。 顔を合わす相手は アベルでない。 おまえの剣を 叩き落す。 おまえは我が家を荒し、最も尊いものを そこから盗んだ。 心ゆくまで盗み取った。 我が民の門を通過し 民の目を見えなくさせた。 その闇の王国を広げ 私の民を誤った道に連れ込めるとまだ信じてはいるが、今や、おまえの時は終わった。 もうやめよ。今にも 義は水のように流れ出し 我が霊は 止めどない流れのように 溢れ出す・・・」

 

「ああ、今は何とよい時か・・・」と感嘆する時が 近づいている。 来なさい、新しい力を得るよう 休ませてあげよう。 私のメッセージを生きて あなたのために踏み固めた小道を辿りなさい・・・ic

 

 

 

 

11.論争

 

 

天界の秘義2547[3]

 

 わたしはエジプトをエジプトをもって混乱させよう、かくてかれらは各々その兄弟にむかい各々その仲間にむかい、都は都にむかい、王国は王国に向って戦うであろう(イザヤ19・2)。

 

ここでは『エジプト』は信仰の諸真理について記憶知から色々と論じる理論を意味し(1164、1165、1186番)、『都』は教義を、ここでは異端的なものである教義を意味し(402、2268、2449番)、『王国』は教義の誤謬を意味し、かくて『都は都にむかい、王国は王国にむかって』はいくたの異端といくたの誤謬とはそれらのもの自身の間で争うであろうということを意味しており、それは同じ様に主がマタイ伝に代の終結[終り]について言われたことにより意味されているのである―

 

 国民は国民にむかって、王国は王国にむかって立ち上がるであろう(マタイ24・7)。

 

 

 

天界の秘義2709

 

「彼は弓を射る者となった」。これは霊的な教会の人間を意味していることは以下から明白である。すなわち、『矢がら』『なげ矢』または『矢』の意義は真理であり、『弓』の意義は教義である(前の2681番を参照)。霊的な教会の人間は前には『弓を射る者』と呼ばれたが、それは彼が、善により安んじて、真理については論じはしない天的な教会の人間とは相違して(前の2708番を参照)、自分自身を真理により弁護し、真理について論じたためである。霊的な教会の人間が自分自身を弁護する手段ともなり、またその論争する主題ともなっている真理は彼が承認している教義から発しているのである。

 

 

 

天界の秘義3353[]

 

文字の意義に止まっている者はこの章のこれらの事柄とまたその後に言われている事柄とはエルサレムの滅亡とユダヤ民族の四散とについて語られたものか、または最後の審判と呼ばれる諸々の日の終わりについて語られたものであるか、否かを知ることは不可能であるが、内意の中にいる者たちは教会の終わりがここにとり扱われていて、その終わりがここにまた他のところに主が来られることと代の終わりと呼ばれているものであることを明らかに見るのである。そしてこれが意味されている終わりであるため、これらの表現はことごとく教会の幾多の事柄を意味していることを知ることが出来よう、しかしそれらのものの意味していることはその幾多の事柄の内意から明らかとなるであろう、例えば『多くの者はわたしの名において来て、わたしがキリストであると言って、多くの者を迷わせるであろう』と言われている時であるが、しかしそこでは『名』は名を意味しておらず、『キリスト』もキリストを意味しておらず、『名』は主を拝する手段となるものを意味し(2724、3006番)、『キリスト』は真理そのものを意味しており(3009、3010番)、かくて、『これが信仰の事柄である』または『これが真理である』と言う者が来るであろうが、それでもそれは信仰の事柄でもなく、真のものでもなく、誤っているものであることが意味されているのである。彼らは『戦いと戦いの噂を聞くであろう』は真理について論争と争いとが起って、そのことが霊的意義における戦いであることを意味している。

 

『国民は国民に、王国は王国に反抗して奮い立つであろう』は悪は悪と、誤謬は誤謬と戦うであろうということを意味している。(『国民』は善を意味しているが、しかしその対立した意義では悪を意味していることは前の1259、1260、1416、1849番に見ることが出来、また『王国』は真理を意味しているが、その対立した意義では誤謬を意味している(1672、2547番)。

『飢饉と疫病と、地震が色々な所に起るであろう』はもはや善と真理とは承認されなくなり、かくて教会の状態は変化し、そのことが『地震』であることを意味している。

 

 

 

黙示録講解431

 

「戦い」により理論と論争から成っている霊的な戦いが意味され(500、586番)、『似る』または類似したものにより、前のように(430番)、外観が意味されている。

 

 

 

黙示録講解734ニ[23]

 

 同書に―

 わたしはエジプトに反抗してエジプトを混ぜ合わせよう、人はその兄弟に反抗して戦い、男はその仲間に反抗して、都は都に反抗して、王国は王国に反抗して戦うためである(イザヤ19・2)。

 

 これは霊的な人から分離した自然的な人について言われており、これは『エジプト』により意味されている、自然的な人における誤謬の集団が霊的な人の諸真理と諸善とに反抗して論じ、戦うことが『わたしはエジプトに反抗してエジプトを混ぜ合わせよう、男がその兄弟に反抗して、男がその仲間に反抗して戦うためである』により意味されており、『男と仲間』は諸真理そのものの間における諸真理を意味し、その反対の意味においては誤謬そのものの間における誤謬を意味し、この分裂と争闘とは誤謬が有勢であるとき起るのである、なぜなら誤謬は絶えず誤謬と戦っているが、しかし真理とは戦いはしないからである、教義自身の間にも似たような教義の争闘が在り、すなわち、諸教会自身の間にも諸教会の争いが在ることは、『都は都に反抗して戦い、王国は王国に反抗して戦うであろう』により意味されており、『都』は教義を、『王国』はそこから発した教会を意味している。

 

 

 

 

12.信仰について論じることは疑い、否定すること

 

 

天界の秘義215

 

 人間自身の物は悪と誤謬以外の何物でもないことは以下の事実から私に明らかにされたのである。霊が如何ような時であってもその霊自身から語ったことはことごとく悪く誤っており、彼ら自身から語ったことが私に明らかにされた時は常に、例え彼らは語っている間に、その語っている事柄の真理を何らの疑惑を差し挟まない程に完全に確信しているにしても、私はそれが誤っていることを直ちに知ったのである。自分自身から語る人間の場合も同様である。同様に誰かが霊的な天的な生命の事柄についてまたは信仰の事柄について論じ始めた時はいつでも、私はその者らが疑い、否定さえしていることを認めることが出来たのである、なぜなら信仰について論じることは疑い、否定することであるからである。そして、それは凡て自己、または彼ら自身のものから発しているため、彼らは誤謬そのものの中へ沈み、従って暗闇の深淵へ、即ち誤謬の深淵へ沈むのである、そして彼らはこの深淵の中にいる時は、ちょうど微細な一片の塵でさえ瞳孔に接触するとそれは宇宙とそこに含まれている凡ての物を閉め出すように、最小の反対の意見でさえも無数の真理を斥けてしまうのである。こうした人間について主はイザヤ書に言われている。

 

災いなるかな自分自身の目では賢い者であり、自分自身の顔の前では理知ある者らよ(イザヤ5・21)。

 

さらに―

 おまえの知恵とおまえの知識とはおまえを迷わせた、おまえは心の中で言った、私であり、私の他にはたれもいない、と。悪がおまえに来るが、おまえはそれが何処から上って来るか、を知らない、災いがおまえに来るが、おまえはそれを償うことは出来ない、お前の知らない荒廃[剥奪]が不意におまえに来るであろう(イザヤ47・10、11)

 

エレミヤ記には―

 

 すべての人は知識により愚鈍となり、すべての鋳物師はその彫んだ像のために狼狽する、その鋳た像は虚偽であって、その中にはまた息がない(エレミヤ51・17)

『彫んだ像』は人間自身のものの誤謬であり、『鋳た像』は人間自身のものの悪である。

 

 

 

 

13.合理的な善は、いかに攻撃されても、決して戦いはしない

 

 

天界の秘義1950[]

 

 純粋な合理的なものはことごとく善と真理から、すなわち、天的なものと霊的なものから成っている。善または天的なものはその合理的なものの霊魂または生命そのものであり、真理はまたは霊的なものはそこからその生命を受けているものである。天的な善から発している生命がないなら、合理的なものはここに記されているようなものとなり、すなわち、それはすべてのものに反抗して戦い、すべてのものはそれに反抗して戦うのである。合理的な善は、いかに攻撃されても、決して戦いはしない、なぜならそれは[合理的な善は]穏やかで、優しく、忍耐強く、素直であるからである、なぜならその性格は愛と慈悲のそれであるからである。それでもそれは戦いはしないけれど、すべてのものを征服するのである、またそれは争闘については決して考えないし、また勝利のために誇りもしない、そのことはそれが神的なものであって、それ自身により安全であるためである。なぜならいかような悪も善を襲うことが出来ないからである、悪は善が存在しているスフィア[霊気]の中には存続することすら出来ない、なぜならこれが単に近づいてくるのみで、悪は悪自身によって後退して、後に倒れてしまうからである、なぜなら悪は奈落的なものであるが、善は天界的なものであるからである。天的な霊的なものの場合も、すなわち、天的な起原から発している真理の場合も、または善から発している真理の場合も非常にそれに類似しているのである、なぜならこの真理は善により、形作られている真理であって、それは善の形と呼ばれてもよいからである。

 

 

 

天界の秘義6365

 

彼らは彼の眼前から逃げると言われているのは、その奈落の一味のたれかが主の天的な王国の天使に近づく時は、その眼前にいることが出来ないで、そこから逃げ去ってしまうためである、なぜなら彼は主に対する愛のスフィアであるところの、天的な愛のスフィアに堪えることが出来ないからであり、このスフィアは彼には燃えて、激痛を与える火のようなものとなるのである。更に天的な天使は決して戦いはしないし、ましてやその手はその敵の首を掴みはしないし、また実際彼は、彼のことに関係している限りでは、いかような者も敵としては認めはしないものの、それはこの世の事情のためにそのように表現されているのであるが、しかしその真の意味は、奈落の者らが自分自身を彼の敵として認めて、彼の眼前から逃げ去るということである。

 

 

 

 

14.わたしの天使たちもわたしが彼らに委ねた国を防衛するために闘う

 

 

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P5

 

この命令はつぎのような形で発布される。『諸国民がを呪いながらから離反するように、恐怖と絶望と誤謬を撒き散らせ』。

 悪魔たちはこの命令に従い、恐怖と絶望を撒き散らし、信仰の火を消し、希望を絞め殺し、愛徳を消滅させる。廃墟の上に憎悪と淫欲と無神論を撒き散らす。そして彼らは成功を収める。なぜなら下地がすでに整えられているからだ。

 わたしの天使たちもわたしが彼らに委ねたを防衛するために闘う。しかしわたしの天使たちは防衛に適した戦いの場を見出さない。そこで地獄の敵を相手取る彼らの戦いは分が悪い。勝利するために、わたしの天使たちには、のなかに、のために生きている霊魂たちの助力が必要だろう。わたしの内に生きている人々、そのような人々は存在する。しかし、信ずることも、愛することも、赦すこともせず、苦しむすべも知らない人々に比べれば、その数はあまりにも少ない。

 

 

 

 

15.これは天と地獄との戦いなのだ

 

 

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P6

‘43.6.19

 

 また繰り返し言っておくが、『サタンはあなたたちが篩(ふるい)にかけられることを要求した』。そしてその篩によってあなたたちの腐敗は、ノアの洪水の時代の腐敗よりも悪化しているという結果が出た。ノアの時代の人々はまだキリストとその教会を有していなかったのに、あなたたちはすでにそれを有しているからだ。

 すでに言ったことだが、繰り返して言おう。『これはと地獄との戦いなのだ』。あなたたちは偽りの風除けにすぎない。あなたたちの隊列の背後では天使たちと悪魔たちが闘っている。あなたたちの動機の背後には、キリストに立ち向かうサタンとの闘争というほんとうの理由がある。

 これは、選ばれた人々の取り入れを、見放された人々の取り入れから分けるための最初の時に近づいた、人類の最初の選別の一つである。しかし残念なことに、選ばれた人々の取り入れは見放された人々のそれに比べると少ない。

 キリストは、永遠の敵対者の預言者に打ち勝つために再臨するだろうその時、十字架によって目印をつけられた霊魂をわずかしか見出さないだろう。

 

 

 

マリア・ワルトルタ/イエズスに出会った人々1.P307

 

そうです。サタンはあなたたちをより分けるために、罠をしかけるに違いない。私も、あなたたちを救うために、ふるいにかけます。争うものは二人です。サタンと私。その真ん中に、あなたたち。愛と憎しみ、知恵と無知、善と悪との間の決闘が、あなたたちの目前で行われます。あなたたちに対しての邪悪な打撃をかわすためには、私だけで足ります。あなたたちを愛しているから、私が代りに傷つけられるのを引き受け、サタンの武器の前に立ちはだかります。

 

そうはいっても、あなたたちの中の打撃は、あなたたちの自由意志で私の方へ走り寄り、真理と命である私の道によって、自分でかわすべきです。天を望まない人は天国を得られません。キリストの弟子となるにふさわしくない人は、世間の風が吹き飛ばしていく軽い塵みたいなものです。

 

 

 

天界の秘義227

 認識、内なる指示、良心の起源を知ることが望ましいことであり、現今ではそれは全く知られていないため、わたしはその主題について若干話してみよう。人間は霊たちと天使たちとを媒介として主により支配されているということは大いなる真理である。悪霊らが支配し始めると、天使たちは悪と誤謬とをその人間から外らそうとして努力し、そこから争闘が生まれてくる。人間が認識、指示、良心により知覚するものはこの争闘である。

 

人間が霊らと天使たちとについて言われていることは何一つ信じない程にも深く形体的なものに耽溺していないならば、霊らと天使たちとが自分と共にいることを、この認識、指示、良心により、また試練により明白に認めることができよう。形体的な人間はこれらの争闘を、かりにも数百度感じるにしても、なおそれらは空想的なものであり、狂った心の結果であると言うであろう。

 

わたしは数千度も、しかも数年間継続的にこうした争闘を感じ、これを生き生きと知覚することを許され、また更にこれをもたらした者は誰であったか、何であったか、何処にいたか、何時来て、何時去ったかを知ることを許され、またかれらと語り合いもしたのである。

 

 

 

エフェソ6・10−18

 

最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。 悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。 わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。 だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。 立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、 平和の福音を告げる準備を履物としなさい。 なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。 また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。 どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。

 

 

 

 

16.聖母から司祭へ

 

 

聖母から司祭へ1973.11.1

 

 以前にもまして今こそ、私を見いだす人は生命を見いだし、主から救いを得るでしょう。

 私の敵はそれだけを恐れています。それで悪魔は、信者の心をもっと私から遠ざけ、教会の中で私をもっとぼんやりと不明瞭なものにしようとあらゆる努力をするでしょう。悪魔は私との激しい戦い、どちらかが決定的に打ち負かされる天下分け目の戦いに取り組んでいます。

 現在、多くのことから見ると、私の敵である悪魔が勝利者のように見えますが、私へのこの上なく大いなるたちかえりと私の圧倒的な勝利の時が近づいて来ました。

 私の子である司祭たちが、決定的な闘争において、私と共にいることを私は望んでいます。彼らは私に導かれ、私の命令に素直で、私の望みに従順、私の要求に敏感であってくれるでしょう。

 私自身をかれらにおいて現し、彼らによって敵の心臓部を打ち、わが踵でその頭を踏み砕くでしょう。

 

 

 

 

17.悪霊は攻撃し、天使は防御する

 

 

天界の秘義1683

 

なぜなら主はいかような地獄とも決して争闘を始められなかったのであって、地獄が主を攻撃したということが実情であり、それはまた試練の中にあるところの、または悪霊との争闘の中にあるところの人間各々の場合と同一であるからである。人間の場合では天使たちは決して攻撃はしないのであって、常にまた絶え間なく悪いまたは奈落の霊どもがそれを行っており、天使たちは単に受け流して防禦するに過ぎないのである。このことは主から発している、なぜなら主はいかような者にも悪をもたらそうとは決して願われないのであり、または例えその者が凡ての者の中でも最も悪い、また最も苦々しい敵であるにしても、その者を地獄に突き落とそうとは決して願われないのであり、自分自身に悪をもたらしまた自分自身を地獄に投げ込むものはその者であるからである。このことはまた悪の性質からまた善の性質から来ている。凡ゆる者を虐待しようと欲することが悪の性質であるが、たれ一人をも虐待しようとは欲しないことが善の性質である。悪い者は攻撃しつつある時はその生命そのものの中にいるのである、なぜなら彼らは絶えず破壊しようと欲しているからである。善良な者はたれ一人をも攻撃していない時、また他の者を悪から守る上に役立つことが出来る時、その生命そのものの中にいるのである。

 

 

 

神の摂理252

 

地獄の霊は攻撃するが、天界の天使は防御するのみである。それゆえ何人でも、悪い人間である将軍を用いてでも、自分の国と同盟国とを侵略から守ることが正当であるが、挑戦されないで攻撃することが正当ではないことが推論される。

 

 

 

 

18.天に戦いが起こり

 

 

啓示による黙示録解説548

 

七節。「天に戦いが起こり、ミカエルとその天使たちは竜と戦い、竜も、その使いらも戦った」は、前の教会の誤謬が新しい教会の諸真理と戦うことを意味している。『戦』により、真理に対する誤謬の、誤謬に対する真理の戦いである霊的な戦いが意味されている(500番)、なぜなら戦いが起こったと言われている天界には、他の戦いは起り得ないからであり、またそれは天界にも、それがひとたび天使たちから形作られた時は、起り得ないのであり、それは(黙示録21・1に言われている)『過ぎ去った前の天界』の中で行われたのである。その天界についてはそこに記した説明を参照されたい。なぜならその天界は竜とその使いらに対する最後の審判により過ぎ去り、そのことがまた、以下の記事から明らかなように、『竜は投げ落とされて、天には最早彼の所は見出されなかった』により意味されているからである。『竜』により意味され、新しい教会の真理と戦おうとしている誤謬のいかようなものであるかは、前に見ることができよう(537番)。『ミカエル』によりいかような首天使も意味されず、『ガブリエルとラファエル』によっても意味されないで、天界における職能が意味され、『ミカエル』により意味されている職能は、主が天と地の神であられ、父なる神と主とは、霊魂と身体とが一つであるように、一人であられ、人間は十戒の戒めに従って生きなくてはならず、その戒めに従って生きるとき、仁慈と信仰とを得ることを聖言から確認する者たちにより遂行されている。ミカエルはまたダニエル書(10・13、21、12・1)に記され、彼により、9、10、11章から明らかなように、また12章の最後の節から明らかなように、同じような職能が意味されている。しかし『ガブリエル』により、エホバが世に来られて、そこで取られた人間的なものが神の子であり、神的なものであることを聖言から教える者たちの職能が意味され、そうした理由から、そのことをマリヤに告げた天使はガブリエルと呼ばれている(ルカ1・19、26−35)。そうした職能に当っている者たちもまた天界では『ミカエル』、『ガブリエル』と呼ばれている。『天使』により、その最高の意義では、主が意味され、それに関連した意義では、天使たちの天界が、同じくまた天使たちの社会が意味されているが―そのことは前に見ることが出来よう(5、65、258、342、344、415、465番)―しかしここでは、天使たちの名が記されているため、職能が意味されており、ダニエル書には、ミカエルは『君』と呼ばれていて、聖言では『君』により主要な真理が意味され、『主』によっては、真理そのものが意味されている(20番)。

 

 

 

 

19.休みなく続く戦い

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻P64

‘89・12・7

 

 

「毅然と」しているようにと言われたのは、書き下ろしている最中、このすべてが無意識の心から出ているかもしれないと、ちょうど悪魔が再び暗示をかけに来たからです! それでイエスが「毅然と」していなさいと仰しゃったのです。サタンは本当に邪魔者ですが、ほかの悪魔たちはあまり気になりません。やはり邪魔はしますが、飛び回っている蝿程度で、自分たちにとって不本意でしょうが私を怖れさえしています。それでも、悪意に満ちていますから、用心していなくてはなりません。これらの悪魔は、霊魂が眠りに陥り弱まっていたり、ためらうすきを見た途端、力を最大に発揮します。祈りは簡単にそれらを「殺し」、遠ざけます。真理を装い、愛にはほど遠い悪を、耳もとに飛び回って「暗示する」これらの悪魔たちを、主とその慈しみにたいする信仰は滅ぼしてしまいます。このために主は私どもが自覚し、絶え間なく祈っているようにお望みなのです。絶え間ない祈りはこれらの悪魔や、サタン自身も遠ざけます。祈りは周囲に安全な防壁をつくり、サタンとすべての悪魔を遠ざけます。本当に、それは休みなく続く戦いなのです。

 

 

 

 

20.悪魔は決して眠らない

 

 

トマス・ア・ケンピス/キリストに倣いて/1・13

 

誘惑に抵抗すること

 

[]この世に生きている限り、私たちは患難(なやみ)や誘惑(いざない)を免れることはできない。

 ゆえにヨブ記にも「この世にいる人の生涯は戦闘(たたかい)である。」(ヨブ記7・1)としるしてある。

だからどの人も誘惑に注意し、悪魔にあざむく隙を与えないよう用心して祈るがよい。

 悪魔は決して眠らず、「喰い尽くすべき者をさがしつつうろついて」(ペトロ前書5・8)いるからである。

だれも時として誘惑に会わないほど、完全で聖なる人はいない。それゆえ私たちがこれを全くのがれることはとうていできないのである。

 

 

 

 

21.国防、自主防衛

 

 

ルカ11・21−22

 

強い人が武装して自分の屋敷を守っているときには、その持ち物は安全である。 しかし、もっと強い者が襲って来てこの人に勝つと、頼みの武具をすべて奪い取り、分捕り品を分配する。

 

 

 

ルカ12・39

 

このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしないだろう。

 

 

 

 

22.アレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタ

 

 

アレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタ P49

 

それは日ぐれであった。

私は、私の愛敬と美しさの服をはぎ取られ、世界じゅうの悪にいろどられた服にきせかえられたと感じた。

このために、すべての人が私につまずくのであった。

それほどあの服、堕落と悪で織られていたのだ。

全人類の悪が私の上にのしかかってくるように感じたとき、悪がみんな私のなかにはいって、私は[悪にみちた]世界となった。

私は、地のうじ虫になるために、天からくだるという感じがした。吐気をもよおさせる、くさったうじ虫に。

黒く汚れ、うじ虫のひしめく不潔な世界に、私は、穴をあけて、もぐりこむ虫のよう。

私は、嫌悪のあまり、もう耐えられないと思った。

でも、私の心は燃えはじめた。この燃える火のうえに世界じゅうのすべての罪悪が、地獄のような悪徳といきどおりがのしかかってきた。

この世界に天がくだり、こうして戦いが、巨大な戦いが、はじまった! 世界と戦う天、虚無といどむ全能、それこそ泥と清さの戦争だ!

 

罪に死んだ世界のうえに天がくだっていた、大ぞらは、もえる炎のよう、

おお、私の神よ、どうしてこれほどの恐ろしい戦いが?!

でも、間もなく、私は、人々が神をおそれ敬っていないということが分かってきた。

 

 

 

 

23.公教要理(カテキズム)

 

 

480 平和に関して、主は一人ひとりの人に何を求めておられますか。

 

「平和を実現する人は幸い」(マタイ5・9)と宣言される主は、心の平和を求め、怒りの罪を退けておられます。怒りは、受けた悪に対して報復を切望することです。また、憎悪の罪を退けておられます。憎悪は、隣人の不幸を望むように人を仕向けます。このような態度は、重大なことがらについて意図し、また同意する場合、愛に背く大罪となります。

 

 

 

 

カトリック中央協議会/カトリック教会のカテキズム要約

 

483 どのような場合に、軍事力の行使は道徳的に許容されますか。

 

 軍事力の行使が道徳的に正当化されるのは、次の条件が同時にそろっている場合です。

(1)持続的で重大な脅威が確実に差し迫っていること。

(2)いかなる平和的解決手段も有効ではないこと。

(3)成功する可能性に根拠があること

(4)現代の破壊兵器の威力を考慮して、より大きな災厄をもたらさないこと。

 

 

 

484 戦争の脅威が差し迫ったとき、上記の条件を厳密に判断するのはだれの務めですか。

 

 それは為政者の賢明な判断に属します。彼らには国防の義務を国民に課す権利もゆだねられています。ただし、良心的兵役拒否をする個人の権利も尊重されなければなりません。その場合、他の形で人間共同体に奉仕すべきです。

 

 

 

485 戦時において、道徳法は何を要求しますか。

 

 道徳法は戦争の場合でも、つねに有効であり続けます。それは、非戦闘員や傷病兵、捕虜が人間性をもって扱われることを要求します。国際法に故意に違反する行為や、それを義務づける規定は犯罪であって、無分別にそれに従うことも同様です。一つの国民や一少数民族の抹殺のような大量虐殺は断罪されるべきです。それは恐るべき大罪です。そのような命令に抵抗することは道徳上の義務です。

 

 

 

486 戦争を避けるために何をしなければなりませんか。

 

 戦争が引き起こす災厄と不正を考慮するなら、最善を尽くして戦争を避けるため、考えられるすべてのことをしなければなりません。とくに、正当な権力によって適正に管理されていない兵器の備蓄や売買を避ける必要があります。何よりも経済的、社会的不正、民族や宗教による差別、嫉妬、不信、傲慢や復讐心を避けなければなりません。これらのことやその他の無秩序を取り除くためになされるすべてのことが、平和の構築と戦争の回避を助けます。

 

 

 

 

24.同胞や隣国の人々と好ましい調和のうちに生きることによって、あなたたちは怨恨と戦争を避けるからだ

 

 

マリア・ワルトルタ/手記/P37

 

 わたしに結ばれていなさい。わたしのうちには正義と平和と愛がある。ほかの教説を探し求めてはならない。福音を生きなさい。そうすればあなたたちは幸せになるだろう。わたしによって生き、わたしのうちに生きなさい。あなたたちは肉体的な大きなよろこびは味わわないだろう。わたしはそんなよろこびは与えない。真のよろこびを与える。それは単なる肉のよろこびであるだけでなく、わたしが授け、承認し、共有するのを拒まなかった霊魂のよろこび、誠実で祝福された、聖なるよろこびである。

 家族、子供たち、清廉な裕福、穏やかに栄える祖国と、兄弟たちとの国々との好ましい調和。こういったものをわたしは聖なるものと呼び、祝福する。それらによってあなたたちは健康をも享受する。なぜなら誠実に生きられる家庭生活は肉体に健康を与えるからだ。それらによってあなたたちは心の平静を得る。なぜなら誠実に行われた取引や職業は良心の安らぎを与えるからだ。それらによってあなたたちは祖国と国々の平和と繁栄を得る。なぜなら同胞や隣国の人々と好ましい調和のうちに生きることによって、あなたたちは怨恨と戦争を避けるからだ