性格

 

1.目的・習慣

2.ただ一つの観念から人物の性格は知られる

 

1.目的・習慣

 

真の基督教563

 

性格を決定するものは心に認められる目的であり、そこから生ずる習慣である。

 

 

2.ただ一つの観念から人物の性格は知られる

 

天界の秘義301

 

思考のなんらかの観念の中に、その観念に連結している結果現存しているものはことごとく、他生では、霊たちの世界の霊たちによってすら極めて精妙に認められており、天使的な霊によっては遥かに精妙に認められており、実にただ一つの観念から人物の性格が知られるほどにも精妙に認められている。

 

 

天界の秘義1008[]

 

更に、黒いものが僅かでも水の中へ落ちると、その水全体が黒くなってしまう時のように、一つの物の観念が他の物の観念の中へ流れ入って、それを変色するのである。このようにその霊はその者の観念[考え]から知られていおり、驚嘆すべきことには、その観念の各々の中にその者自身の像が、またはその者自身に似た形のものが存在しており、それが目に示されると見るも恐ろしい醜悪なものとなっているのである。

 

 

天界の秘義1048

 

「虹が雲の中に見られるであろう」。

 

これは、それでも人間は再生することができるようなものであるとき、を意味していることは『雲の中の虹』の意義から明白であって、それは前に言ったように、再生のしるしであり、または再生を指示するものである。『雲の中の虹』についてはその実相はさらに以下のようである。人間の性質は、または身体の死後の霊魂の性質は直ちに知られている、すなわちそれは主により永遠から知られており、またそれが永遠に如何ようなものになるかも知られている。かれの性質は天使たちによりかれが近づくその瞬間に知られている。或るスフィア[霊気]がかれの性質からまたはかれの中の凡ゆる物から―いわば―発散しており、このスフィアは、驚嘆すべきことには、そこからその人間が如何ような信仰にまた如何ような仁慈にいるかを認められることができるといったものである。主がよしとされるとき、虹として見られるのはこのスフィアである。(このスフィアについては、主の神的慈悲の下に今後述べよう)。ここから雲の中に見られるときの虹によりここに意味されていることが明白である。すなわち、人間が再生できるとき、が意味されているのである。

 

 

 

 

 

真の基督教778

 

人間各自は自らの愛と自らの理知であり、彼から発するものは凡てその性格をその会話から極めて速やかに知るのである。すなわち彼の声の調子は彼の愛を示し、彼の言葉は彼の理知を示している。人間の生命には二つの普遍的なもの、すなわち意志と理解がある。意志は彼の愛の受容器官、住居であり、理解は彼の理知の受容器官、住居である。それ故人間から発する行動と言葉はその人間自身を構成する。

 

 

 

霊界日記6033

 

人間の性質はその者を支配している愛の歓喜である。