サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第18王朝

トトメス4世

ThutmoseW

在位年代;前1400−1390年
誕生名;トトメス(トト神が生み出せしもの)
マネトー名;トトモシス Thutmosis
古代エジプト語(より古い読み方);ジェフティメス Dhwtymess/ジェフウトモス Djhutmose
即位名;メンケペルウラー Menkheprure' (ラー神の出現は永続する)
治世;11年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;王家の谷、KV43 出身地;テーベ

家族構成;父/アメンヘテプ2世 母/ティア 兄弟/カエムワセト、ネジェム、ウェベンセヌ など 妻/イアレト(姉妹のひとり)、ムテムウィア、ネフェルトイリ 息子/アメンヘテプ3世

Data;
ギザの大スフィンクスの修復者として知られている。スフィンクスの足元に立てられた「夢の碑文」によれば、夢の中にスフィンクスが出てきて、修復してくれたら王にしてやると言われたという内容が刻まれている。逆に言えば正統な王位継承者と看做されていなかったか、皇太子ではなかったかして、神意によって王位を継いだとしなければならなかったことになる。

通常オベリスクは2本で一対だが、珍しく、単一のオベリスクを建造。そのオベリスクは国外に持ち出され、現在は何故か、ローマのヨハネ大聖堂の傍らに立てられている。

Background;
小規模な遠征はあったが、とくに大きな戦闘はなし。先代までが、かなり派手に軍事活動を行ったので、特に何もしなくて良かったようだ。
なお、テーベの「死者の町(ネクロポリス)」に豪華な貴族の墓が作られるようになったのは、この時代である。