きすけクラブ
FM-DXとベリカードコレクション

HomeHome
FM-DXガイド >>

Introduction

きすけクラブ管理人の長老です。 何の因果かBCLというマイナーな趣味にハマってから40年。とりわけ超マイナーなFM-DXに取り憑かれてからも35年経ちました。熱しやすく冷めやすい性格の私にとっては、かなり異例の長い付き合いです。この不思議な魅力を持つ趣味を少しでも世間の皆様に伝えようと、老体に鞭打ちながらこのようなページを立ち上げました。これだけでFM-DXの面白さが伝わるのか?という疑問はさておいて、数少ないコンテンツをご覧頂ければ幸いです。なお、このサイトで公開しているベリカード及びベリレターは管理人が1970年代より断続的に収集したものであり、現時点で放送局からの返信を保証するものではありません。

DX Information

拡大画像

■ TV-FM受信ガイド 2018PDF版配布のお知らせ

VHF-DX専門のサークルJVUDXCでは、毎年、前年の受信結果をまとめた「TV-FM 受信ガイド」シリーズを発行しています。諸事情により冊子での発行は2011年で停止しており、2012年以降はPDF版で発行しています。同誌は一般へのVHF-DXの普及を目的に、JVUDXC会員以外の方にも無償で配布しています。
入手を希望される方はInoさんのブログ " VHF-DX blog ~海外FMを聞く~ " からダウンロードできます。


What's New

2018年の受信音を更新しました。
SDRSharpがRevision1671にバージョンアップしました。
国内FMの受信リストを更新しました。
横手かまくらFMのベリカード画像をアップしました。
FMはなびのベリカード画像をアップしました。
Airspy Mini 活用法のページをアップしました。
FMやんばるのベリカード画像をアップしました。

DX Tools

管理人の受信設備です。貧相なラインナップですが少しだけパワーアップしました。

ロゴ

Airspy Mini

拡大画像

V・UHF帯用USBスティックタイプのSDR。HF帯やL・MF帯の受信には別売りのコンバーターが必要です。小型化の為にAirspy R2に比べていくつかの機能や部品が省かれていますが、SDRSharpの簡単なコード書き換えで8MHzの帯域受信が楽しめます。詳細は「Airspy Mini 活用法」にて。

SDRSharp

SDR#のパソコン画面

シンプルで直感的な操作が人気のSDR受信ソフト。様々なプラグインが有志によって開発されており、Airspyシリーズの能力を120%引き出してくれます。管理人はWin10のデスクトップPCにインストールしてAirspy Miniを使用していますが、もう普通の受信機には戻れません。

マスプロアンテナ 112C8

拡大画像

8エレメントのVHF-TV用アンテナ。1990年代に愛用した同タイプのデッドストックを、2015年に再び購入しました。鮮やかなカラーリングは時代を感じます。現在は5m高でフィリピン方面に固定してあり、ターゲットに応じて手動で向きを変えながら稼働中です。

TECSUN PL-380改

Ultralight DX

オールバンドのポータブルDSPラジオ。2016年にプチペディ用として購入しました。とりあえずFMバンドはアルミ丸パイプをロッドアンテナに差し込んで、簡易的にゲインを稼いでいます。現在は「Ultralight DX」に興味津々。外付けバーアンテナでTP-DXに挑戦中です。

OLYMPUS V-822

拡大画像

リニアPCM対応のICレコーダー。2016年にPL-380とFRG-965の録音用として購入しました。初めてのICレコーダー選びは新旧機種が入り乱れて難航しましたが、結局「USB充電ができる一番安いモノ」に決定。一応、単体でもワイドFMが受信&録音できます。

HomeHome
FM-DXガイド >>