ユダヤ民族の頑なさ

 

主に対する敵意ユダヤ民族

 

 

 

 

出エジプト記32・7−10

 

主はモーセに仰せになった。「直ちに下山せよ。あなたが、エジプトの国から導き登上った民は堕落し、早くもわたしが命じた道からそれて、若い雄牛の鋳造を造り、それにひれ伏し、生け贄を捧げて、『イスラエルよ、これこそあなたをエジプトの国から導き上った神々だ』と叫んでいる。」主は更に、モーセに言われた。「わたしはこの民を見てきたが、実に頑なな民である。今は、わたしを引きとめるな。わたしの怒りは彼らに対して燃え上がっている。わたしは彼らを滅ぼし尽くし、あなたを大いなる民とする。」

 

 

 

出エジプト記32・22

 

アロンは言った。「わたしの主よ、どうか怒らないでください。この民が悪いことはあなたもご存じです。」

 

 

 

申命記9・7

 

あなたは荒れ野で、あなたの神、主を怒らせたことを思い起こし、忘れてはならない。あなたたちは、エジプトの国を出た日からここに来るまで主に背き続けてきた。

 

 

 

申命記9・12−14

 

そのとき、主はわたしに言われた。「すぐに立って、ここから下りなさい。あなたがエジプトから導き出した民は堕落し、早くもわたしが命じた道からそれて、鋳造を造った。」主は更に、わたしに言われた。「わたしはこの民を見てきたが、実にかたくなな民である。わたしを引き止めるな。わたしは彼らを滅ぼし、天の下からその名を消し去って、あなたを彼らより強く、数の多い国民とする。」

 

 

 

申命記9・24

 

主があなたたちをお選びになって以来、あなたたちは背き続けてきた。

 

 

 

申命記31・24−29

 

モーセは、この律法の言葉を余すところなく書物に書き終えると、主の契約の箱を担ぐレビ人に命じた。「この律法の書を取り、あなたたちの神、主の契約の箱の傍らに置き、あなたに対する証言としてそこにあるようにしなさい。わたしはあなたがかたくなで背く者であることを知っている。わたしが今日、まだ共に生きているときでさえ、あなたたちは主に背いている。わたしが死んだ後は、なおさらであろう。あなたたちの部族の長老と役人をすべてわたしのもとに集めなさい。わたしはこれらの言葉を彼らに語り聞かせ、天と地を彼らに対する証人とする。わたしには分かっている。わたしの死んだ後、あなたたちは必ず堕落して、わたしの命じた道からそれる。そして後の日に、災いがあなたたちにふりかかる。あなたたちが主が悪と見なされることを行い、その手の業によって主を怒らせるからである。」

 

 

 

士師記2・2

 

 

 

士師記2・11

 

 

 

士師記2・16−19

 

 

 

列王記下17・14−20

 

しかし彼らは聞き従うことなく、自分たちの神、主を信じようとしなかった先祖たちと同じように、かたくなであった。彼らは主の掟と、主が先祖たちと結ばれた契約と、彼らに与えられた定めを拒み、空しいものの後を追って自らも空しくなり、主が同じようにふるまってはならないと命じられたのに、その周囲の諸国の民に倣って歩んだ。彼らは自分たちの神、主の戒めをことごとく捨て、鋳像、二頭の子牛像を造り、アシェラ像を造り、天の万象にひれ伏し、バアルに仕えた。息子や娘に火の中を通らせ、占いやまじないを行い、自らを売り渡して主の目に悪とされることを行い、主の怒りを招いた。主はイスラエルに対して激しく憤り、彼らを御前から退け、ただユダの部族しか残されなかった。

 ユダもまた自分たちの神、主の戒めを守らず、イスラエルの行っていた風習に従って歩んだ。主はそこでイスラエルのすべての子孫を拒んで苦しめ、侵略者の手に渡し、ついに御前から捨てられた。

 

 

 

詩篇95・8−11

 

あの日、荒れ野のメリバやマサでしたように

心を頑にしてはならない。

あのとき、あなたたちの先祖はわたしを試みた。

わたしの業を見ながら、なおわたしを試した。

四十年の間、わたしはその世代をいとい

心の迷う民と呼んだ。

彼らはわたしの道を知ろうとしなかった。
わたしは怒り

彼らをわたしの憩いの地に入れないと誓った。

 

 

 

イザヤ65・3

 

この民は常にわたしを怒らせ、わたしに逆らう。

 

 

 

エレミヤ5・23

 

しかし、この民の心はかたくなで、わたしに背く。

彼らは背き続ける。

 

 

 

エレミヤ11・13

 

ユダよ、お前の町の数ほど神々があり、お前たちはエルサレムの通りの数ほど、恥ずべきものへの祭壇とバアルに香をたくための祭壇を設けた。

 

 

 

エレミヤ13・8−11

 

主の言葉がわたしに臨んだ。 主はこう言われる。「このように、わたしはユダの傲慢とエルサレムの甚だしい傲慢を砕く。 この悪い民はわたしの言葉に聞き従うことを拒み、かたくなな心のままにふるまっている。また、彼らは他の神々に従って歩み、それに仕え、それにひれ伏している。彼らは全く役に立たないこの帯のようになった。 人が帯を腰にしっかり着けるように、わたしはイスラエルのすべての家とユダのすべての家をわたしの身にしっかりと着け、わたしの民とし、名声、栄誉、威光を示すものにしよう、と思った。しかし、彼らは聞き従わなかった」と主は言われる。

 

 

 

エレミヤ17・9−10

 

人の心は何にもまして、とらえ難く病んでいる。

誰がそれを知りえようか。
心を探り、そのはらわたを究めるのは

主なるわたしである。

それぞれの道、業の結ぶ実に従って報いる。

 

 

 

エレミヤ32・30

 

その初めから、イスラエルの人々とユダの人々は、わが前に悪のみを行ってきた。

 

 

 

エゼキエル2・3−5

 

主は言われた。「人の子よ、わたしはあなたを、イスラエルの人々、わたしに逆らった反逆の民に遣わす。彼らは、その先祖たちと同様わたしに背いて、今日この日に至っている。 恥知らずで、強情な人々のもとに、わたしはあなたを遣わす。彼らに言いなさい、主なる神はこう言われる、と。彼らが聞き入れようと、また、反逆の家なのだから拒もうとも、彼らは自分たちの間に預言者がいたことを知るであろう。

 

 

 

エゼキエル3・7

 

しかし、イスラエルの家は、あなたに聞こうとはしない。まことに、彼らはわたしに聞こうとしない者だ。まことにイスラエルの家はすべて、額も硬く心も硬い。

 

 

 

マラキ3・7

 

あなたたちは先祖の時代から

わたしの掟を離れ、それを守らなかった。

立ち帰れ、わたしに。

そうすれば、わたしもあなたたちに立ち帰ると

万軍の主は言われる。

しかし、あなたたちは言う

どのように立ち帰ればよいのか、と。

人は神を偽りうるか。

あなたたちはわたしを偽っていながら

どのようにあなたを偽っていますか、と言う。

 

 

 

マタイ16・1−4

 

ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。イエスはお答えになった。「あなたたちは、夕方には『夕焼けだから、晴れだ』と言い、朝には『朝焼けで雲が低いから、今日は嵐だ』と言う。このように空模様を見分けることは知っているのに、時代のしるしは見ることができないのか。よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。」そして、イエスは彼らを後に残して立ち去られた。

 

 

 

マタイ19・7−8

 

すると、彼らはイエスに言った。「では、なぜモーセは、離縁状を渡して離縁するように命じたのですか。」

イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。

 

 

 

ヨハネ7・19

 

モーセはあなたたちに律法を与えたではないか。ところが、あなたたちはだれもその律法を守らない。なぜ、わたしを殺そうとするのか。

 

 

 

使徒言行録7・51−53

 

 かたくなで、心と耳に割礼を受けていない人たち、あなたがたは、いつも聖霊に逆らっています。あなたがたの先祖が逆らったように、あなたがたもそうしているのです。いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。彼らは、正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。そして今や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。天使たちを通して律法を受けた者なのに、それを守りませんでした。

 

 

 

テサロニケ1・2・15−16

 

ユダヤ人たちは、主イエスと預言者たちを殺したばかりでなく、わたしたちをも激しく迫害し、神に喜ばれることをせず、あらゆる人々に敵対し、異邦人が救われるようにわたしたちが語るのを妨げています。こうして、いつも自分たちの罪をあふれんばかりに増やしているのです。しかし、神の怒りは余すところなく彼らの上に臨みます。

 

 

 

ヘブライ3・7−19

 

だから、聖霊がこう言われるとおりです。

「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、

荒れ野で試練を受けたころ、

神に反抗したときのように、

心をかたくなにしてはならない。

荒れ野であなたたちの先祖は

わたしを試み、験し、

四十年の間わたしの業を見た。

だから、わたしは、その時代の者たちに対して

憤ってこう言った。『彼らはいつも心が迷っており、

わたしの道を認めなかった。』

そのため、わたしは怒って誓った。

『彼らを決してわたしの安息に

あずからせはしない』と。」

兄弟たち、あなたがたのうちに、信仰のない悪い心を抱いて、生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい。 あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、「今日」という日のうちに、日々励まし合いなさい。―― わたしたちは、最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、キリストに連なる者となるのです。―― それについては、次のように言われています。

「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、

神に反抗したときのように、

心をかたくなにしてはならない。」

いったいだれが、神の声を聞いたのに、反抗したのか。モーセを指導者としてエジプトを出たすべての者ではなかったか。いったいだれに対して、神は四十年間憤られたのか。罪を犯して、死骸を荒れ野にさらした者に対してではなかったか。いったいだれに対して、御自分の安息にあずからせはしないと、誓われたのか。従わなかった者に対してではなかったか。このようにして、彼らが安息にあずかることができなかったのは、不信仰のせいであったことがわたしたちに分かるのです。