サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第20王朝

ラメセス7世

RamessesZ

在位年代;前1138−1131年
誕生名;ラーメス(ラーの創りし者)
誕生名;イトアメン・ネチェルヘカイウヌ Itamun Netjer-heqa-iunu
(アメンの父、ヘリオポリスの力ある神)
即位名;ウセルマアトラー・セテプエンラー・メリアメン Userma'atre' setepenre' meryamun
(ラーの正義は強い、ラーに選ばれし者、アメンに愛されしもの)
治世;8年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;KV1 出身地;テーベ

家族構成;父/ラメセス6世 母/ネブケスベド 息子/ラメセス

Data;
王子時代の名はイトアメン。父ラメセス6世から王位を継ぐが、短命に終わる。
息子がいたが、父より先に亡くなったか幼かったため、王位は、叔父にあたるラメセス3世の息子のひとりセトヒルコプシェフ(ラメセス8世)が継ぐ。

Background;
経済的な不安定から物価が急上昇。デルタ地帯まで後退した国境が外国に脅かされていたことも要因だろうか。