サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第18王朝

トトメス2世

ThutmoseU

在位年代;前1482−1480年
誕生名;トトメス(トト神が生み出せしもの)
マネトー名;トトモシス Thutmosis
古代エジプト語(より古い読み方);ジェフティメス Dhwtymess/ジェフウトモス Djhutmose
即位名;アアケペルエンラー 'Akheperenre'(偉大なるはラーの形)
治世;3年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;王家の谷、KV42? 出身地;テーベ

家族構成;
父/トトメス1世 母/ムトネフェルト 妻/ハトシェプスト(異母姉)、イシス
息子/トトメス3世(側室イシスの子) 娘/ネフェルウラー(ハトシェプストの子)

Data;
下位の王妃から生まれたトトメス2世は、王位継承の正当性を高めるため、第一王妃の子だった異母姉ハトシェプストと結婚。しかし息子が幼いうちに命尽きてしまった。
(別の兄弟ワジュモセがいたが、トトメス2世の即位以前に死亡している。)
よく言われる、トトメス2世が非嫡出だったため正妃から生まれたハトトェプストと結婚しなければ王位を継げなかったという説は、エジプトの王権が母系で継承されると考えられていた時代の誤り(それによって近親婚の多さを理由づけようとした)であり、実際はハトシェプストとの結婚前に共同統治によって王位継承者となっている。また、息子トトメス3世はハトシェプストとの結婚以前に生まれており、別の妃を持っていたことも分かっている。
ハトシェプストの即位した時代に、「ハトシェプストこそ正当な王位継承者である」といった碑文が作られたのは、おそらく女王の即位を正当化するためのプロパガンダである。

トトメス2世の治世については、共同統治期間を含めるとおよそ20年くらいと推測されている。

Background;
統治が短かった為、ほとんど記録はなく、シャスウ(ベドウィンの国とされる。アジア方面)への遠征がイアフメスの碑文で知られるのみ。