サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第18王朝

トトメス1世

ThutmoseT

在位年代;前1493−1483年
誕生名;トトメス(トト神に生み出されしもの)
マネトー名;トトモシス Thutmosis
古代エジプト語(より古い読み方);ジェフティメス Dhwtymess/ジェフウトモス Djhutmose
即位名;アアケペルカラー 'Akheperkare' (偉大なるラーの魂)
治世;11年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;王家の谷KV20とKV38 出身地;テーベ

家族構成;妻/ムトネフェルト、イアフメス 息子/ウアジュメス、アメンメス、トトメス2世 娘/ハトシェプスト、ネフェルビティ

Data;
先代となるアメンヘテプ1世との関係は不明だが、アメンヘテプ1世の兄弟のひとりアハモセ・スィパイリが父ではないかという説がある。これが正しければ、先代王の甥ということになる。
軍人王。古代エジプトは母系社会のため、基本的に王女が王権を相続する。その王女と結婚することによって、この人は王位をつぐことが出来たらしい。しかし、この人が王位についたということは、他に適当な王位継承者がいなかった、ということか…。

南方、北方両方に海外遠征を行い、はじめて戦争の記念碑を立てた王。軍人出身だけあって、在位が短かったわりに多くの戦争を行っている。

Background;
国土の再統一がなされたとはいえ、まだ完全に安定したとは言いがたい時代。王権交代のすきをついての反乱もあったようだ。

先王の時代に造営が開始されたカルナック大神殿が、さらに増築され、大きくなっていく。それにつれて、カルナックのアメン神官団の権力も増大。
また、この時代あたりから、よく知られている「アムドゥアトの書」が墓の内部に見られるようになる。かつての太陽神ラーが、アメン神の一部として引き続き崇拝されていたことがうかがえる。