サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第18王朝

アメンヘテプ1世

Amenhotep T

在位年代;前1525−1504年
誕生名;アメンヘテプ(アメン神に愛されしもの)
マネトー名;アメノフィス Amenophis
即位名;ジェセルカラー Djeserkare' (聖なるラーの魂)
治世;22年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;王家の谷KV39? 出身地;テーベ

家族構成;
父/イアフメス1世  母/イアフメス・ネフェルトイリ 妻/メリエトアメン

Data;
先代、イアフメス1世が無くなったとき、この王はまだ幼かったため、母イアフメス・ネフェルトイリが一時的に摂政の座についていた。この王妃は優秀な執政官で、人々の信頼を勝ち得ていたようだ。その証拠に、彼女は、死後、息子アメンヘテプ1世とともに神格化されている。この時代の出来事が、王朝での「女神(神の妻たち)の地位の向上」に繋がった、という考え方も出来る。

姉妹のひとりメリエトアメンと結婚するが、妻とはほどなくして死別、その後べつの妻を迎えた形跡はなく、次の代に即位するのは甥と思われるトトメス1世。

アメンヘテプ1世は、カルナック大神殿の造営を指揮したことでも有名。
カルナック大神殿は、ルクソール神殿とともに、テーベの町の中心を形作る重要な建造物だ。コレが無いとテーベらしくない! と、いうくらい有名な(観光名所でもある)建物で、日本で言うと京都の金閣寺、奈良の五重塔みたいなシンボルと思いねぇ。もちろん、アメン神のための神殿である。

この時代特有の、墓と神殿を切り離す形式を最初に考案したのは、この王だったとされている。(ただし、墓の場所については諸説あり) 前神殿・前庭・奥に墓、前庭なし・前神殿と墓、など、まるで日本の寺社仏閣の様式のように細かく名前がついている。

Background;
前王の時代に引き続き、北方シリア、南方ヌビアへの遠征。この時代は、父王の時代と同じく、内政を諸侯に任せて分業する形式がとられていた。内政にとらわれず、落ち着いて遠征することが出来たと考えられる。(外に行ってる間に内乱が起きたら終わりだが、この王朝は民の信頼が篤かったようだ。)