かぜのおはなし

1.はじめに
「かぜは万病のもと」と昔から諺にもあるように、かぜを侮ると肺炎や気管支炎などの重大な病気につながります。
日本人は、1年間に5〜6回はかぜをひくと言われていますが、あまり身近な病気であるため、その予防や治療を甘くみて多くの人は長びかせてしまい、仕事を休んだりする結果となる事が多いようです。
そこで、かぜに罹る原因と予防法、自分で出来るかぜ治療と脉診(みゃくしん)流はり灸治療の治効を簡単にまとめてみました。

 最大の感染症インフルエンザ    新型インフルエンザとは     ノロウイルス感染症について

2.かぜに罹る原因
かぜが万病のもとと言われる由縁は、かぜによく似た重大な病気が多いということです。
例えば、結核・肺ガン・気管支喘息・気管支拡張症など呼吸器の疾患がかぜと紛らわしい症状を発症します

 また、かぜをひくときは肩や首がよくこっています。肩や首筋がこるということは、過労による体力の低下、何か内臓の病気が潜んでいるのではないか?という事が考えられます。

かぜの原因は、些細なことから起りますので箇条書きにしてみます。
疲労…多忙だと言いながら、無理な毎日を過ごしていると体力が低下し、回復力がなくなり肩が凝ってきます。
食事の不摂生…規則正しい朝・昼・夕の食事が摂れなかったり、偏った食事を摂っていると、やはり抵抗力が落ちてかぜに罹患します。
睡眠不足…疲労回復をする最大のものは充分な睡眠です。私たちは眠っている間に、昼間使った筋肉や神経・内臓や頭をきれいに掃除し、翌日の目覚めと同時に動けるように準備をしています。
ところが、充分な睡眠を摂らないでいると、それらの掃除が残ってしまい、筋肉や頭も硬くなりかぜに罹患してしまいます。

「友(かぜ)遠方より来たる。また楽しからず?」

急な温度の変化(寒さ)…皮膚の表面の毛穴に力がなくなり、そこへ寒さや冷たい風が当たると、この弱った毛穴からかぜ君が「お邪魔します!」と言ってずうずうしく入ってきます。

この様な四つの条件がそろうと、風邪やインフルエンザウイルスが、ドカンと大暴れしますのでくれぐれもお気をつけ下さい。

3.かぜをひかない方法
一言に言えば、かぜに罹る原因を作らないことです。簡単なようでなかなか難しいことですが、以下の事を実行して下さい。

疲れをためないこと
現在の社会環境の中では、疲れやストレスをためないようにすることは大変だというのが現状でしょう。
そこで、疲れたなあと思ったとき、自分で作れる健康ドリンクをお試し下さい。大根おろし汁、ネギ味噌湯、生姜湯、ニンニク湯、梅干しの黒焼湯などゴクンと一杯やって下さい。
でも、もっと即効性のあるのは脉診流のはり治療です。疲労回復には、どのような妙薬よりもまさります。
正しい食事
朝・昼・夕の食事はきちんと摂り、偏った食事ばかりしないように栄養のバランスを考え、腹八分目を心がけましょう。
睡眠を充分に
かぜに罹る原因のところでも触れたように、疲労回復の第一条件は睡眠です。自分なりの睡眠時間を必ずとるようにしましょう。
やせ我慢せず暖かく
衣服は肩のこらない薄手の暖かいものを選びましょう。
また、部屋の温度は二十度くらいを保つように心がけて下さい。そしてもう一つ、適当な湿度を保つことを忘れないようにしましょう。

4.かぜに罹ったら
気をつけていたのに、かぜに罹ってしまったら次の方法を試してみて下さい。
食事の量を少なめにする事、市販のかぜ薬は服用しない事、足を冷やさない事、早めに寝る事などです。

@かぜのひきはじめ
〇大椎穴を温灸またはドライヤーで温める。足を温める。
(大椎穴)首を前傾させたとき突き出る骨(第7頸椎)の下。


  〇大根湯、生姜湯、蓮根汁、ネギ味噌湯。
   ※子供の場合はおろしリンゴ汁。
 Aのどが痛い のどがイガイガする
  ○大椎穴への温灸。
  ○梅干し湿布、長ネギ湿布。

 B扁桃腺炎
  ○大椎穴へお灸。
  ○熱い大根湯、梅生番茶、食酢、里いもパスター。
   ※食酢…食酢を十倍の水で薄め、これでうがいをする。  

 

 Cせき(咳)
  ○大椎穴へ温灸またはお灸。
  ○キンカン湯、大根のはちみつ漬け、梅干し湿布、蓮根汁。


 

     D鼻水が出る

      大椎穴を、温灸またはドライヤーで温め、手の三里穴にお灸する。
     ○鼻全体を温める。足を温める。
     (手の三里穴)肘を曲げたときできるしわの親指側端から、指三本分 手首寄り。

 

E鼻がつまる(鼻閉)
○百会穴、上星穴にお灸10〜20壮。
○印堂穴、迎香穴をつま楊枝の頭で10〜20回刺激する。
(印堂穴)左右の眉の真ん中。  (迎香穴)小鼻のすぐ外側。



 

 

 

 

 

 

F熱が出たら
○大椎穴とその付近にお灸する。
○高熱の時は指間穴をつま楊枝の 先で軽く10回ほど刺激する。
○梅干しの黒焼き、大根湯。 暖かくして当院へおいで下さい。

◆脉診流はり灸治療がよく効きます。

5.健康ドリンクの作り方・・・・ 

●大根湯(かぜの熱をとる)
大根と根生姜をきれいに洗って、皮ごとすりおろします。60〜90ccの大根おろしに対し、一割の生姜を加え、20〜30ccの醤油をさし、どんぶりの中にいれます。そして、よく煎じた番茶を300〜400cc加えます。番茶は、できれば三年番茶を利用します。
●蓮根汁(咳、ぜんそく)
60〜70グラムの蓮根をきれいに洗います。その際、薬効が大きい節に近い部分をなるべく使うようにします。皮ごとおろし器でおろし、ガーゼで汁を絞ります。蓮根汁30〜40ccを一回量として三倍量の湯を注ぎます。これに根生姜の絞り汁3〜4適と醤油少々を加え、味をつけます1一日2回熱いうちに飲みます。
●ネギ味噌湯(身体を温め熱をとる)
長ネギをみじん切りにして茶碗の中に入れ、すりおろした生姜・味噌を適量加えます。これに熱湯を注ぎ熱いうちに飲みます。すぐ布団に入り休みます。
●梅生番茶(身体を温める)
番茶をよく煮出します。番茶はできるだけ3年番茶を使うようにします。湯飲み茶碗に梅干し一個と醤油を茶さじ一杯・生姜の絞り汁3〜4適加えます。梅干しを箸でよくほぐしてから、熱い番茶を注いで飲みます。
●おろしリンゴ汁(子供のかぜに)
リンゴを皮ごとすりおろし、茶碗一杯食べさせます。
●キンカン湯(かぜの時季におすすめ)
キンカンを黒砂糖やハチミツで煮て、煮た実をそのまま食べたり、熱い湯でといて飲みます。煮たキンカンは長く保存することができます。
●生姜湯(身体を温める。かぜの初期に良い)
生姜を皮は剥かずにすりおろす(好みにより適量)。茶漉しに入れお湯をそそぎ、大き目の湯のみ一杯を作る。適量の天然蜂蜜を入れてよくかき回し、時間をかけてゆっくりと飲む。

6.皮内鍼・知熱灸・小灸について
皮内鍼・・皮内に貼付するはり治療です。入浴や日常生活には全く影響はありません。はり治療の効果が持続 致します。
小灸・・・・ゴマ粒大の直接灸です。しかし、極端な熱さ もなく、醜い灸痕も残りません。
知熱灸・・痕の残らない気持ち良いお灸です。虚熱の除 去や眼の疲れや解消にも大変に効果があります。