サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

プトレマイオス王朝

プトレマイオス5世

支配年代;前205年-180年
誕生名; プトレマイオス
即位名; イウアエンネチェルウイメルウイトウ・セテププタハ・ウセルカーラー・セケムアンクアメン
(父を愛する二柱の後継者、プタハ神に選ばれしもの、ラーの魂は力強い、アメンの生ける姿)
添名; エピファネス(顕在者)
治世;25年


王朝の首都;アレクサンドリア 埋葬地;アレクサンドリア 出身地; アレクサンドリア

家族構成; 妻 クレオパトラ1世 息子 プトレマイオス6世 

Data;
父プトレマイオス4世に人望がなかったせいで内乱が勃発している中、わずか6歳で即位した王。大臣たちが必死に内乱を抑えてくれたおかげで何とか平穏な治世をたもつ。エジプトの祭儀にのっとって即位した最初の王でもあり、以降、プトレマイオス王朝の王たちはエジプト風の即位儀式を執り行うようになっていく。

内乱はおさまったものの、エジプトは国力を失っており、ライバルのセレウコス朝ペルシアによってシリアに接する領土を奪われていた。(セレウコスは初代プトレマイオスの同僚だった将軍。つまりアレキサンダーのマケドニア王国から分離した国のひとつ)