サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

プトレマイオス王朝

プトレマイオス4世

支配年代;前222年-205年
誕生名; プトレマイオス
即位名; イウアエンネチェルウイメンクイ・セテププタハ・ウセルカーラー・セケムアンクアメン
(慈悲深き二柱の神の後継者、プタハ神に選ばれしもの、ラーの魂は力強い、アメンの生ける姿)
添名; フィロパトル(愛父者)
治世;17年


王朝の首都;アレクサンドリア 埋葬地;アレクサンドリア 出身地; アレクサンドリア

家族構成; 父 プトレマイオス3世 母 ベレニケ2世 弟 マグス 妹 アルシノエ 息子 プトレマイオス5世

Data;
プトレマイオス王朝の凋落の始まり。有り余る富と権力を手に入れた王のゆく先はだいたい同じである。
のちの歴史化に「遊び人」と揶揄されるほど役立たずな王だったらしく、即位まもなく奸臣の言うがままに母と弟を殺害。王が腑抜けとみてシリアの侵入を許すも、傭兵を雇ってなんとか撃退。(ラフィアの戦い)
そんな王の態度に業を煮やし、国内で反乱が勃発しているさなかに他界してしまう。