サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

プトレマイオス王朝

プトレマイオス3世

支配年代;前246年-222年
誕生名; プトレマイオス
即位名; イウアエンネチェルウイセヌイ・セケムアンクエンラー・セテプエンアメン
(二神の後継者、アメンに選ばれしもの)
添名; エウエルゲテス(善行者)
治世;24年


王朝の首都;アレクサンドリア 埋葬地;アレクサンドリア 出身地; アレクサンドリア

家族構成; 父 プトレマイオス2世 母 アルシノエ1世 妻 ベレニケ2世 息子 プトレマイオス4世

Data;
プトレマイオス2世と、最初の妻アルシノエ1世の息子。
第三次シリア戦争に勝利し、先代がクレモニデス戦争で失った領土を回復し、小アジア沿岸部からヘレスポントス、トラキアに至るまでを領土に組み込む。プトレマイオス3世の時代に領土はプトレマイオス朝最大になっていたと考えられている。多くの研究家の間で、この王の代から4世の即位にかけての時期が王朝最盛期とみられている。

★生前の神格化
プトレマイオス3世夫妻は生前に「テオイ・エウエルゲタイ」と称されて生前に神格化され、アレクサンドロスと合祀されていた。