サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

プトレマイオス王朝

プトレマイオス1世

支配年代;前年305-282年
誕生名; プトレマイオス
即位名; メリアメン・セテプエンラー
(アメン神に愛されし、ラー神を満足させしもの)
添名; ソテル(救済者)
治世;23年


王朝の首都;アレクサンドリア 埋葬地; 出身地;

家族構成; 妻 ベレニケ1世 息子 プトレマイオス2世 娘 ベレニケ2世

Data;
紀元前332年、アレキサンダーによるエジプト「解放」、331年アレキサンドリアの都着工。
331年にアレキサンダー自身からエジプト州提督に任ぜられたのは、クレオメネスというギリシャ人である。しかし323年、アレキサンダーが急逝したのち、アレキサンダーの王国は分裂する。クレオメネスを追い出してエジプトをとったのが、このプトレマイオスという人物。マケドニア軍の将軍でもあったラゴスの息子で、自身もアレキサンダーの近くに仕えた武人である。

プトレマイオスが「王」を名乗り始めたのは、正確には305年から306年のこと。
分裂した王国それぞれをおさめた人物が、もはやマケドニアの一属州ではなく独立を宣言し始めたのだ。

プトレマイオスは、エジプトを統治するに当たり「土着の文化を尊重する」という道を選ぶ。エジプトで描かれる彼の姿はつねにエジプト風であり、伝統的な即位名も名乗っている。しかし土着の言葉は話せず、読めず、また宮廷の重要なポストもギリシャ人が占めていた。
この時代に新たに生まれた伝統として、即位名のほかに「渾名」というべき「添名」が肩書きの一種としてつけられるようになったことがあげられる。また、王自らギリシャとエジプトの文化を融合させることに積極的で、ギリシャとエジプトの神々を合成した神格がいくつか誕生した。その一つが「セラピス神」である。

この代は、アレキサンダーの他の後継者たち、いわゆる「ディアドコイ」との戦争に勝ち残り、自らの領土を確立する必要があった。その戦いの中、エジプトはキプロスおよびクレタの島々をも領土とするようになる。これはエジプト人ファラオの時代にはなかった傾向で、いかにも「海の民」であるギリシャらしい視点である。