サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

第三中間期 第23王朝

ルドアメン

Rudamun

在位年代; 未確定
誕生名; ルドアメン・メリアメン
(アメンの発展、アメン神に愛されしもの)
即位名; ウセルマアトラー・セテプエンアメン Userma'atre' Setepenamun
(力強き太陽神ラーの真理、アメンに選ばれし者)
治世; 数年程度


王朝の首都;テーベ 埋葬地; 出身地;テーベ

家族構成; 父 オソルコン3世、兄 タケロト3世

Data;
オソルコン3世の若い息子だったとされ、ごくわずかな記録しかない。統治も数年程度だっただろうといわれる。実質、第23王朝の最後の王。
彼の死後すぐに王国は崩壊し、テーベはイニ、レオントポリスは娘婿のペフティアウバセト、ヘルモポリスはニムロトが支配するようになり、第22王朝同様に小国に自称王がひしめきあう状態となる。