サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

新王国時代 第19王朝

セティ1世

SetiT/SetyT

在位年代;前1290−1279年
誕生名;セティ(セト神の君)・メルエンプタハ(プタハ神に愛されし者)
即位名;メンマアトラー Menma'atre' (永遠なるは、ラーの正義)
治世;12年

王朝の首都;テーベ 埋葬地;王家の谷 KV17 出身地;テーベ

家族構成;
父/ラメセス1世 母/サトラー 妻/トゥヤ(トゥイ) 息子/ラメセス2世 ほか
娘/ティア、ヘヌトミィラー ほか

Data;
エジプト再建、そして王国史上最後の繁栄の礎を築いたのが、この王。アマルナ時代とは別の、世界中でもっともよく知られる「古代エジプト」の美術イメージは、おそらく、この時代のものだろう。

エジプト最大の神殿でもある、テーベのカルナック大神殿に着工する。オシリスの遺体が埋められたとされる聖地アビュドスの葬祭殿も同じくこの王の治世下で着工。この王は、古き時代の信仰を復活させる壮大な計画を持っていたようだ。そのため建造物の中には神話ネタも満載になっている。

この時代に、18王朝のアクエンアテンからアイに至るまでの4人の王たちの名前は「異端の王」として完全に闇へと葬り去られた。歴代王の名前を記す王名表にも載せられていない。だが皮肉にもそのことが数千年のちに彼らの名を高め、ミステリアスでドラマチックな王たちとして語り継がれるきっかけとなった。

マネトーの王名表では55年が割り当てられているが、長すぎると考えられており、現在では補整して12年が割り振られている。

Background;
アクエンアテン時代以後に失った領土を取り戻すため、北方、南方それぞれに積極的に遠征が行われている。
治世1年目には早くもパレスティナへの軍事遠征の記録。フェニキアのティルスまでを制定したとされる。
治世8年目にはヌビアへの遠征軍を送っている。
多くの建築物に手を出したが、治世が10年から15年の間で終わっているため、多くが未完成のまま残され息子の代に完成されている。そのうちの一つがアビュドスのセティ1世葬祭殿。


セティ1世の名前の「セト」神部分は、墓だとオシリスになってるという豆知識。
ドロシー・イーディ/古代エジプトに生きたと信じた女性