サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

古王国時代 第5王朝

ネフェルイルカラー

Nefer-ir-kare' Kakai

在位年代;前2415−2405年
即位名;カカイ Kakai
誕生名;ネフェルイルカラー(美しきものはラーの魂)
黄金のホルス名;セケムネブゥ Sekhemunebu
ニ女神名;カイエムネブティ Khaiemnebty
治世;11年

王朝の首都;ヘリオポリス 埋葬地;アブシール 出身地;ヘリオポリス

家族構成;妻/ケンタカウエス 息子/ラーネフェレフ、ニウセルラー

Data;
彼の葬祭殿から、神官文字による文書の中で最古のもの「アブシール・パピルス」が出土している。(書かれたのはジェドカラー・イセシ王とウナス王の時代。) 内容は、神殿建設記録や勤務名簿、備品リストなど、やけに実務的なものとなっている。
彼のピラミッドは最初、6弾の階段ピラミッドとして計画されていたようだが、のちに真正ピラミッドとして計画されなおしたと考えられている。

即位年は、マネトーは20年としているが、ピラミッドの完成度から10年程度と推測されている。

Background;
王名一覧の主要な資料の一つ、パレルモ石はこの王までを記録している。

[参考]
他の王名表の資料はこちらから

▲ピラミッドデータ:
アブシール、真性ピラミッド

古名「ネフェルイルカラーはバアになった(?)」
元の高さ:70m 底辺:105m 傾斜角:53度7'48''
現在残っている高さ:50m

アブシールで二番目に建設されたと思われるピラミッドで、未完成に終っている。