サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

第二中間期 第17王朝

アンテフ6世

在位年代;前????−????年
誕生名;ネブケペルウラー・インテフ
即位名;
別名;インイオテフ6世
治世;??年

王朝の首都; テーベ 埋葬地;ドゥラ=エブ=ナガ(テーベ西岸) 出身地;

家族構成; 父/セベクエムサフ1世、兄弟/アンテフ5世、妻/セベクエムサフ、息子/ナクト、キネン

Data;
この王の墓は1827年に発見されており、発見時にはまだ王の遺体はピラミッドの内部にあったとされる。ただ現在、このミイラは、副葬品の弓矢やスカラベなどとともに行方不明となっている。ただし遺体を収めていた人型棺は現存しており、ルーブル美術館に収蔵されている。

Background;
前の代のアンテフ5世の兄弟と考えられている。