春の町

新史・源氏物語

John  B. Rabitan・著

堂々完結!

この作品は古典『源氏物語』の翻訳ではない。むしろ徹底した古典『源氏』離れをしたところに特徴がある。あの実際の平安王朝時代に、光源氏なる人物が実在していたらという、そんな設定のもとに書かれた歴史小説である。そういう意味では、あくまで現代文学の小説だ。

あなたは人目のお客様です

♦ 部 立 ♦
お読みになりたい巻の巻名をクリックしてください。
第一章 春第二章 夏第三章 秋第四章 冬
輝く日の宮
若  紫
紅葉賀
花  宴
  葵  
逆  気(さかき)
須  磨
明  石
澪  標
絵  合
松  風
薄  雲
朝  顔
少  女
梅  枝
藤裏葉
若菜上
若菜下
柏  木
横  笛
夕  霧
御  法
  幻  
雲  隠
匂  宮
橋  姫
椎  本
総  角
早  蕨
宿  木
東  屋
浮  舟
蜻  蛉
夢浮橋

関係系図      関係地図

畳の縁(へり)(繧繝縁)

『新史・源氏物語』Q&A

Q;古典『源氏物語』は54帖あるのに、なぜ『新史・源氏物語』は巻が33帖しかないのですか?
A;決して面倒臭いからはしょったわけではありません。その理由はこちらをご覧下さい。

狩衣を着た私 Q;『新史・源氏物語』の作者はどのような人ですか?
A;このような人です⇒。(ただし、6年前の写真です)。もっと詳しく知りたい方(そんな人、いるかなあ?)はこちらへ。
 
Q;作品を読むに当たって、注意事項は?
A;「須磨がえり」禁止!

畳の縁(へり)(繧繝縁)

『新史・源氏物語』はオンラインで読めるサイト公開部分は各巻の前半のみで、
各巻の後半部分はメール&感想ウエアとなっています。
 
もちろん、後半部分も含めてすべて無料です。

メール&感想ウエアについて    各巻の後半部分のお申し込み方法

※このページで公開する作品の著作権は私(John  B. Rabitan)にあります。
個人で楽しむ以外に作品の内容の一部もしくは全部を無断で引用・転載したり、オンラインあるいは印刷したものを再配布、販売したりすることを禁じます。

几帳布筋(のすじ)

;戻る  「源氏物語の部屋」表紙ページへ