K-NET / KiK-net 観測波形解析
   WAVEANA4.2 (2016/07/28バージョンアップ)

Ver4.2の変更点
  • 加速度・速度・変位波形をCSVファイル保存時に、小数点以下桁数を3桁に変更しました。
WAVEANA4.2のダウンロード→ 
Ver4.1の更新点
  • K-NETおよびKiK-netの観測点が新たに追加されています。また、最近の市町村合併に伴って、観測地名の表記が変更されたところがたくさん出てきましたが、観測地名は公表されなくなっています。そこで、従来の観測地名を再編集し、現状に合致するように修正しました。
  • 観測点リストに表示される観測地名が必ずしも正しくない場合が考えられますので、修正できるようにしました。また、観測地名をクリップボードにコピーし、他のソフトでペーストできるようにしました。

Ver4の更新点
  • 地震応答スペクトラムから,同じ固有周期に対する減衰比5%の1質点系最大加速度応答Saと最大変位応答Sdの関係を
    Sa-Sdスペクトラムとして表示できるようにしました.
  • K-NET/KiKI-net観測点データを最新のものに更新しました.

Ver3の更新点
WAVEANAの機能
 防災科学技術研究所の地震観測網K-NETおよびKiK-netの観測波形データは
       http://www.bosai.go.jp/
から,ダウンロードできます.

 ダウンロードしたデータファイルに何ら手を加えることなく (注意参照,観測波形を表示したり,地震応答スペクトルを計算して,スペクトラムを表示します.

2001鳥取県西部地震 TTRH02(日野)の加速度波形
クリックすればVer2.0の画面が表示されます

地震応答スペクトラム



スペクトルの重ね合わせができます.3成分の地震波形に対して,減衰比5%の速度応答スペクトラムを
描いたものです


データファイル読込時の注意点
 ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると、観測点ごとのフォルダの中に3成分の加速度波形が展開されます。このフォルダ名にはピリオドを含む余計な文字が含まれています。
 例えば、ダウンロードしたMYG0021212071718.tar.gzを解凍するとMYG0021212071718.tarというフォルダが作成され、この中に3成分の加速度波形が展開されています。フォルダ名にピリオドが含まれていると、WAVEANAはこれをフォルダとして認識しませんので、データ読み込み時にエラーとなります。
 ピリオドを削除するか「.tar」の文字を削除(推奨)しておいてください。

V1.0は,2002/01/25日にベクターダウンロードサイトにも登録しました.
2002/1/30に窓の杜のNEWSで取り上げられました.


WAVEANAによるその他の解析例はこちらから 



ちらし寿司C++Builderの小部屋