只今出船中の釣物

今が旬で、釣り頃の魚を狙います


カワハギ

毎日出船中! お電話下さい。 
AM7:00出船
M2:30前後終了

お一人様
男性 9000円
(高校生まで)
女性 7500円
中学生 7000円
小学生 6000円


・・注意・・
餌別の料金となります。


餌はアサリの剥き身を使用。
1パック 1100円〜


殻付きアサリは、ご用意しておりません。

仕立船の場合、特別割引料金はありません。

<仕掛け>

船長が超〜オススメのカワハギ3本針仕掛け販売しています。 使われたお客様もウンウン・納得!
針・シゲキ針5号 ハリス2・5号 2組300円です。 ぜひお試し下さい。 

おもり(25号)          200円
集魚板(チップ)         600円
貸し竿          
     500円



<道具>
 ・竿1・8m(先調子) 15〜20号負荷(柔らか目の方が良いです)
 ・リール 小型両軸リール 
 ・道糸 PE1〜2号 100m

<餌の付け方>
  ・アサリの剥き身を使用します。
 ・小中型はアサリは吸水管から針を通し、中に止めます。
  大型のアサリは、半分か1/3に切り、柔らかい部分を使い、針を中に止めます。

<釣り場にて>
  ・エンジン流しで釣ります。  水深15〜40m

<釣り方>
 ・船底におもりを落とし、糸ふけを取り、10cm位上下させて下さい。
  ・コツコツと小さなアタリが来ましたら少々待ち、
2回目のアタリが来た時に合わせて下さい。
  針掛かりすると
重みを感じます。

 <注意>
 ・「エサ取り名人」のカワハギです。 アタリが遠のいた時はエサがありません。(エサの確認を)
 ・おもりを落とし、底に着けていますと、トラキス・ベラが釣れてしまいます。
  釣り方は少々難しいですが、釣った時の喜び、食べた時の味は絶品です。(特に肝は最高!)





タチウオ

毎日出船中! お電話下さい。 

AM7:00出船
PM1:30前後終了

お一人様
男性 9000円
(高校生まで)
女性 7500円
中学生 7000円
小学生 6000円

餌付の料金となります。

餌は、サバの切り身 又は コノシロ。

餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい

<仕掛け>
1本針      300円
  (1/0号 ハリス5号〜7号 全長2m)
2本針      600円
   (1/0号 ハリス8 全長2m)
貸し竿 手巻きリール付(1000円) 
     電動リール付(2000円)
貸し竿返金がありません


天びん、おもりの2点セットも貸出中
ただし 貸りる前に1000円お預かりします。
そして道具を返す際に
700円返金致します  
(落としたり、無くした場合 返金はありません・・) ご了解の上、お借り下さい。



<道具>
   ・竿1・8〜2・1m 40〜60号負荷 胴調子
  ・リール 中型両軸リール 又は 電動リール
  ・道糸 PE1〜3号 200m

<餌の付け方>
  ・サバの切り身 又は コノシロを使用します。
 
・エサは皮の方(光る部分)を前向きに、チョン掛けで付けて下さい。

<釣り場にて>
 船を旋回し反応を見つけ、船長の合図と共に“エンジン流し”で釣り始めます。
  ・
水深20〜80m

<釣り方>
 ・おもりが底につきましたら巻き上げ、
  ポイントとなるその上
を、上へ上へとゆっくり巻き上げます。
  (水深計付電動リールを持参の方は、
船長のアナウンスに従い棚を合わせてください。)
  小さなアタリが有り10〜20秒待ちますと、竿先に大きなアタリがきます。
  強くアワセ、リールを巻いて下さい。 コワ顔のタチウオが釣れます。

  
 <注意>
 ・タチウオは歯が鋭いので要注意
 ・仕掛けが長いため底に降ろす時、速く下ろし過ぎると絡んでしまいます。





LTアジ

毎日出船中! お電話下さい。
AM7:00出船
PM1:30前後終了

お一人様
男性 8700円
(高校生まで)
女性 7200円
中学生 6700円
小学生 5700円

餌付の料金となります。

餌はコマセ(ミンチ)、赤タン、青イソメを使用。

餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい

仕立船の場合、特別割引料金はありません。

<お願い>
釣り終了後、コマセで汚れた所を、
ぬれタオルなどで、軽く洗って下さると助かります・・船長

<仕掛け>

針 
2本(針10号 ハリス1・5号) 200円
3本(針10号 ハリス2・0号) 300円

クッションゴム 200円
貸し竿 1000円(手巻きリール付)
竿、リール(手巻き)、カゴ、おもり、天びん
貸し竿返金がありません

アンドンビシ、天びんの2点セットも貸出中
ただし 貸りる前に1000円お預かりします。
そして道具を返す際に
700円返金致します  
(落としたり、無くした場合 返金はありません・・) ご了解の上、お借り下さい。




<道具>
 ・竿1・5〜2・1m 15〜20号負荷(柔らか目の方が良いです)
 ・リール 中型両軸リール
 ・道糸 PE1号、2号→おもり40号 100m

<餌の付け方>
・イワシミンチを使用(カゴにコマセを8分目位入れます)
 ・針には赤タン(赤く染めたイカ) 又は 青イソメ(2、3cmに切りチョン掛け)を付けます。

<釣り場にて>
 ・アジの群れを探すため旋回します。
 ・反応が見つかりましたら、釣り始めます。
 ・アンカー(いかり)を入れる場合もあります。
 ・
水深15〜30m

<釣り方>
 アジ釣りは棚取りが一番!
 
・船長の合図と共に開始します。
 ・おもりが底に着きましたら、コマセを振り、船長が指示した棚(2〜3m)まで巻き上げます。
  (須原屋の貸し竿の場合、リールひと巻きが約50cmなので、2mの場合4回巻いて下さい)
 ・竿先がクンクンと入りましたら、針掛かりしています。

 <注意>
 ・アジは口が柔らかいため、アタリがありましたら強く合わせず、ゆっくりリールを巻き上げて下さい。

 ・回りにアタリがあり、自分にない場合は、棚が違うか?コマセが無いか?と思って下さい。
 コマセを入れ、再度チャレンジ!





シロキス

今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします


AM7:30出船
PM1:30前後終了

お一人様
男   性 
8000円
(高校生まで)
女性 6500円
中学生 6000円
小学生 5000円

餌付の料金となります。


餌は青イソメを使用。

餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい

仕立船の場合、特別割引料金はありません。


<仕掛け>

2本針(2組)    200円
 (針7号 ハリス0・8〜1号) 
おもり(15〜20号) 100円
天びん         100円
貸し竿   
      500円


<道具>
 
・竿1・6〜2・1m(先調子) 15号負荷
 ・リール 小型スピニングリール 
 ・道糸 PE1〜2号 100m

 <餌の付け方>
 ・青イソメを使用します。
 ・餌は硬い部分を切り捨て、針に付けたら 2〜3cm位たらします。

 <釣り場にて>
 ・冬場 エンジン流しで釣ります。 水深15〜30m
  ・夏場 シーアンカー(パラシュート)で釣ります。 水深3〜10m

 <釣り方>
 ・船長の合図と共に、船底に針を落とします。
  ・着きましたら、海底を軽くたたくようにし、アタリを待ちます。
   時折おもりを浮かし、アタリを待つ方法もあります。
  ・プルプルと竿にアタリがあり、重くなりましたら、軽くリールを巻いて下さい。

  向こうアワセで釣ります。落ちハゼ釣りにも似ています・・)

 
<注意・アドバイス>
  ・餌が白くなりクタクタになりましたら、新しい餌と交換して下さい。
  ・
冬場は落ちキスなので、1日“エンジン流し”で釣ります。 
   1本竿でアタリを取った方が効果的で、釣果が伸びます。
  ・夏場はシーアンカー(パラシュート)を使い、浅場で釣ります。
   2本竿を使い、1本は底から錘を浮かし置き竿で、もう1本は投げて誘った方が良いです。





キス・夜アナゴのリレー(アナゴは全て捌きます)
1日2度の釣りが楽しめます。
午後出船し日中キス ・ 夜半アナゴを・・

今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします


チェック!
席順を決めるボード内の書き込み時間は、当日のAM7:00からです

PM1:00出船 
潮の干満により、出船時間が早まる日があります。
PM8:30前後終了


お一人様
男性 9700円
(高校生まで)
女性 8200円
中学生 7700円
小学生 6700円

餌付の料金となります。

餌は青イソメを使用。

(餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい)

仕立船の場合、特別割引料金はありません。


<仕掛け キス
2本針(2組)    200円
  (針7号 ハリス0・8〜1号)  
おもり(15〜20号)    100円
天びん         100円
貸し竿        500円
  

<仕掛け アナゴ

1本針(4〜5組) 200円
    (針9号 ハリス4号)  
おもり  20号  200円 
       25号  200円
ケミホタル     200円
ケミカル天びん  500円
貸し竿       500円
 
(両釣り同じ竿でOK!)



キス
 <道具>
  ・竿1・8〜2・1m(先調子) 15号負荷
 ・リール 小型スピニングリール 
 ・道糸 PE1〜2号 100m

  <餌の付け方>
 ・青イソメを使用します。
 ・餌は硬い部分を切り捨て、針に付けたら 2〜3cm位たらします。

  <釣り場にて>
  ・冬場 エンジン流しで釣ります。 水深15〜30m
  ・夏場 シーアンカー(パラシュート)で釣ります。 水深3〜10m

 <釣り方>
 ・船長の合図と共に、船底に針を落とします。
 ・着きましたら、海底を軽くたたくようにし、アタリを待ちます。
   時折おもりを浮かし、アタリを待つ方法もあります。
 ・プルプルと竿にアタリがあり、重くなりましたら、軽くリールを巻いて下さい。
  
向こうアワセで釣ります。(落ちハゼ釣りにも似ています・・)

 
<注意・アドバイス>
  ・餌が白くなりクタクタになりましたら、新しい餌と交換して下さい。
  ・
冬場は落ちキスなので、1日“エンジン流し”で釣ります。 
   1本竿でアタリを取った方が効果的で、釣果が伸びます。
  ・夏場はシーアンカー(パラシュート)を使い、浅場で釣ります。
   2本竿を使い、1本は底から錘を浮かし置き竿で、もう1本は投げて誘った方が良いです。


 
アナゴ
 <道具>
・竿1・2〜1・8m(先調子) 15号負荷
 ・リール 小型スピニングリール 又は 小型両軸リール 
 ・道糸 PE1〜2号 100m

<餌の付け方>
 ・青イソメを使用します。
 ・チョン掛けで5cm位たらした餌を 針に2、3匹つけて下さい。

<釣り場にて>
 ・アンカー(いかり)を入れ、船が停泊してから釣り始めます。
  ・
水深10〜20m

<釣り方>
 ・船長の合図と共に、船底に針を落とします。
  ・着きましたら、仕掛け分(須原屋の仕掛けだと4cm)オモリを浮かし、
   餌が踊るように軽くたたき、 アタリをまちます。
  ・コツコツ・モゾモゾとアタリがありましたら一呼吸し、次のアタリでアワセて下さい。
  
釣ったアナゴは、全てさばきますので、ご安心下さい。

<注意・アドバイス>
 ・釣れたアナゴを針から外す時は、ヌルがあり滑りやすいので、タオル又は手袋を忘れずに・・
 ・夜釣りなので、身の回りを整理し、釣りを楽しんで下さい。
  (歩く所に サンブラス・携帯電話は置かないように・・)
 ・帰港後はデッキライトを消し、船上暗くし走ります。
  客室はライトを付け明るくしますので、桟橋に着くまでの時間、客室に入るよう お願いします。
 
・沖上がりの時間 PM8:30前後  桟橋到着時間 PM9:30前後で





ファミリー・キス・フィッシング

今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします

釣り物はシロキスです。 乗合船で出航します。

AM7:30出船  PM1:30前後終了

シロキス
親子10000円
子供1人増し 4000円

大人の1名増しの場合は、通常料金です。

子供は中学生まで
(割引券は使えません)

餌付の料金となります。

餌は青イソメを使用。

餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい。)

<仕掛け キス>

2本針(2組)    200円
 
(針7号 ハリス0・8〜1号)  
おもり(15〜20号) 100円
天びん         100円
貸し竿        500円









ファミリー・LTアジ・フィッシング


今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします。

釣り物はLTアジです。 乗合船で出航します。

AM7:00出船  PM1:30前後終了

LTアジ
親子11000円
子供1人増し 4000円

大人の1名増しの場合は、通常料金です。

子供は中学生まで
(割引券は使えません)

餌付の料金となります。

餌は青イソメを使用。

餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい。)

<仕掛け>

針 
2本(針10号 ハリス1・5号) 200円
3本(針10号 ハリス1・5号) 300円


クッションゴム 200円
貸し竿 1000円(手巻きリール付)
竿、リール(手巻き)、カゴ、おもり、天びん
貸し竿返金がありません

アンドンビシ、天びんの2点セットも貸出中
ただし 貸りる前に1000円お預かりします。
そして道具を返す際に
700円返金致します  
(落としたり、無くした場合 返金はありません・・) ご了解の上、お借り下さい。







メバル・カサゴ

今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします。


AM7:10出船
PM1:30前後終了


お一人様
男   性 8700円
(高校生まで)
女   性   7200円
中学生   6700円
小学生    5700円
餌付の料金となります。

餌はモエビ、サバ切り身使用。

(餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい)


仕立船の場合、特別割引料金はありません。
<仕掛け>

       3本針(2組)           300円
        
(針9号 ハリス1〜1・5号)  
        おもり(15〜20号) 100円
        貸し竿    500円


<道具>
  ・竿1・8〜2・7(胴調子) 15号負荷(柔らか目の方が良いです)
 ・リール 小型両軸リール 小型スピニングリール
 ・道糸 PE1〜2号 100m

<餌の付け方>
 ・生きたモエビを使用します(1番下の針にサバを付けるとカサゴが食います)
 ・餌はエビの尾の方から針に付けます。

<釣り場にて>
  ・エンジン流しで釣ります。  水深5〜35m

<釣り方>
  ・海底にオモリを落とし10cm位上げ、アタリを待ちます。
  ・コツコツとアタリがあり引きましたら、軽く竿を上げリールを巻いて下さい。
  
向こうアワセで釣ります。 

<注意・アドバイス>
 ・根の周りで釣りますので、“根掛かり”には十分気をつけて下さい。
  ・
メバル・カサゴを針から外す時は、鋭いセビレに気をつけて下さい。





イイダコ〜シロキスのリレー釣り
1日2度の釣りが楽しめます。
前半イイダコ ・ 後半シロキスを・・


今期は終了しました。
ご来店下さった お客様ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします。


AM7:30出船
PM2:30前後終了


お一人様
男   性   9000円
(高校生まで)
女   性   7500円
中学生   7000円
小学生    6000円
餌付の料金となります。

イイダコ スッテを使用。
シロキス 餌は青イソメを使用。

(餌がなくなりましたら、船長にお声をかけて下さい)

仕立船の場合、特別割引料金はありません。

前半のイイダコ
スッテを使用
<仕掛け>
スッテ7号(無料貸出し中!)
ただし落としたり無くした場合は、300円頂きます
使用後は船長 又は 助手の方にお渡し下さい。
貸し竿 500円

●後半のシロキス 餌は青イソメを使用

<仕掛け 針>
2本針(2組)    200円
 (針7号 ハリス0・8〜1号) 
おもり(15〜20号) 100円
天びん         100円
貸し竿        500円



イイダコ
  <道具>
 ・竿1・8〜2・1m 10号負荷
  ・リール 小型スピニングリール
  ・道糸 PE1〜3号 50m

 <餌の付け方>
 ・ラッキョ又はスッテを使用します。
  ・テンヤにラッキョをタコ糸で結びます(言って頂ければ、船長が結びます)
 

  <釣り場にて>
 ・“エンジン流し”で釣ります。
  ・ポイントによっては、根掛かりしますので、気をつけて下さい。
 
水深2〜8m

  <釣り方>
 ・船長の合図と共に、船底にテンヤを落とします。
 ・着きましたら、テンヤを少し浮かし底を小さくたたき、
  
テンヤ、スッテの重さより少し重く感じたら、リールを巻いて下さい。
  (キスやハゼ釣りのように、ブルブルとしたアタリはありません。)

  ・釣ったタコを外し、また同じようなパターンで開始して下さい。

  
 <注意>
 ・タコです。 当然釣り上げた時は、墨をはく場合もあります。 
  タオルを持参で、洋服は汚れてもよい物を・・(着替えをおもちになると良いです)
  ・ラッキョはクタクタになったり、皮がはがれない限り、取り替えず使えます。
  (場合によっては、1日使えます!)

 <ご協力お願いします。>
  釣り終了後は、ダコの墨で汚れた所は、“必ず”洗って下さい。 
  時間がたつと墨が落ちなくなりますので・・
  終了後は釣ったイイダコを入れるビニール袋を渡しますので、杯数をお聞かせ下さい。
  その時に借りたテンヤをお返し下さい。 
無くしたり落とした場合は、300円になります。

キス 
<道具>
 
・竿1・8〜2・1m(先調子) 15号負荷
 ・リール 小型スピニングリール 
 ・道糸 PE1〜2号 100m

 <餌の付け方>
 ・青イソメを使用します。
 ・餌は硬い部分を切り捨て、針に付けたら 2〜3cm位たらします。

 <釣り場にて>
 ・冬場 エンジン流しで釣ります。 水深15〜30m
  ・夏場 シーアンカー(パラシュート)で釣ります。 水深3〜10m

 <釣り方>
 ・船長の合図と共に、船底に針を落とします。
  ・着きましたら、海底を軽くたたくようにし、アタリを待ちます。
   時折おもりを浮かし、アタリを待つ方法もあります。
  ・プルプルと竿にアタリがあり、重くなりましたら、軽くリールを巻いて下さい。

  向こうアワセで釣ります。落ちハゼ釣りにも似ています・・)

 
<注意・アドバイス>
  ・餌が白くなりクタクタになりましたら、新しい餌と交換して下さい。
  ・
冬場は落ちキスなので、1日“エンジン流し”で釣ります。 
   1本竿でアタリを取った方が効果的で、釣果が伸びます。
  ・夏場はシーアンカー(パラシュート)を使い、浅場で釣ります。
   2本竿を使い、1本は底から錘を浮かし置き竿で、もう1本は投げて誘った方が良いです。