手本

 

完徳

 

 

1.聖書

2.マリア・ワルトルタ

 

 

 

 

1.聖書

 

 

マタイ3・15

 

今は、止めないでほしい。正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです。

 

 

 

マタイ5・48

 

だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。

 

 

 

マタイ10・24−25

 

弟子は師にまさるものではなく、僕は主人にまさるものではない。弟子は師のように、僕は主人のようになればそれで十分である。家の主人がベルゼブルと言われるのなら、その家族の者はもっとひどく言われることだろう。

 

 

 

マタイ16・24

 

わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。

 

 

 

ルカ6・40

 

弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修業を積めば、その師のようになれる。

 

 

 

ヨハネ13・15

 

わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。

 

 

 

ヨハネ13・34−35

 

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。

 

 

 

ヨハネ15・12

 

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

 

 

 

ヨハネ15・20

 

『僕は主人にまさりはしない』と、わたしが言った言葉を思い出しなさい。人々がわたしを迫害したのであれば、あなたがたをも迫害するだろう。

 

 

 

ヨハネ17・16

わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないのです。

 

 

 

ヨハネ17・22

 

わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。

 

 

 

 

2.マリア・ワルトルタ

 

 

マリア・ワルトルタ/マグダラのマリア/P43

 

二心を持つな。神は、からかえるものではなく、まただませるものでもない。人間に対して、神に対してするようにせよ。なぜなら人間に対してする不正、侮辱は、神に対して行ったのと同じことである。人間に見られたいように神に見られるのを望め。

 謙遜であれ。おまえたちの師にはそれがないととがめ得ないだろう。私は、おまえたちに模範を与える。私がするようにせよ。謙遜、柔和、忍耐深くあれ。世間を征服できるのは、これをもってである。

 

 

 

 

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P211

 

彼の模範と在り方による新しい人間性、人間を理性を具えた被造物から、地上にいた時永遠のが有していたものに、またが、彼に忠実な者たちにもつようにと命じたものに出来る限り似るような仕方で考え、語り、行動する神化した被造物に変容させる新しい人間性をとることによって。『完全であるために、弟子はそののごとくあれ』(ルカ6・40)。