賜物

 

 

 

ローマ12・4−8

 

というのは、わたしたちの一つの体は多くの部分から成り立っていても、すべての部分が同じ働きをしていないように、わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互に部分なのです。わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。また、教える人は教えに、勧める人は勧めに精を出しなさい。施しをする人は惜しまず施し、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は快く行いなさい。

 

 

コリント1・4・7

 

あなたをほかの者たちよりも、優れた者としたのは、だれです。いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか。

 

 

ジャック・ネランク/あなたは預言を無視しますか・現代の預言者ヴァッスーラに聞く/天使館/P235

 

ヴァッスーラ:芸術については、お話することがあります。父なる神が、あるメッセ―ジの中でおっしゃいました。「あなたには、私に与えるものが何かあるか?」 それからすぐに 「いずれにせよ、あなたが私に与えるもので良いものは、私から出る」 とおっしゃいました。私はこうお尋ねしました。 「つまり、私自身は、あなたにさしあげる良いものを何一つ持っていないという意味ですか?」 「そうだ。何もない」 と神はおっしゃいました。私はじっくり考えてから申しました。 「神を喜ばせるためになすべきことを知っています。良いもので、私から出るものです。イコンを描いて、それをあなたに捧げます、教会に寄付するのです」。 神は、「ヴァッスーラ、芸術の才能もまた、私に由来するものだ」とおっしゃいました。