らい病の者

冒涜

1.らい病の者

2.冒涜

 

 

 

1.らい病の者

 

天界の秘義9209(4)

 

不潔ではあるものの、清められようと渇望している者たちは「らい病人」と呼ばれ

 

 

マリア・ワルトルタ/イエズス―たそがれの日々/P177

 

いや、らい病の人も嫌悪されるが、私は彼らをあわれみ、呼ばれるなら、走って行って彼らを清める。おまえは清めて欲しくはないのですか?

 

 

2.冒涜

 

天界の秘義6959

 

「エホバは更に彼に言われた」。これは、霊的な教会の者たちが信仰を持たないなら、彼らの性質はいかようになるかについて先見されたことを意味していることは、『エホバは言われた』の意義から明白であり、それは(前の6946番のように)先見である。この言葉が、霊的な教会の者たちがもし信仰を持たないなら、その者たちの性質はいかようになるか、を意味している理由は、以下の記事に取扱われている主題は、(イスラエルの子孫により表象されているところの)霊的な教会に属している者たちがもし信仰を持たないなら、その者たちの性質は更にいかようになるか、即ち、彼らは真理の冒涜者となるであろうということである。なぜなら棒が蛇になった最初の奇蹟は彼らの状態を、即ち、彼らは全く感覚的なものに、形体的なものになるであろうということを意味しているからである。手が癩病になったこの奇蹟は冒涜を意味しているのである、なぜならもし教会が無信仰の状態を固守するなら、そうしたことがそれに続いて起こるからである。

 

 

天界の秘義6959〔2〕

 

 霊的な教会の者たちは、その子供の頃、また後にはその青年時代にその教会の教義的な事柄を信じるが、しかしその時は彼らは両親や教師から信仰を得るのであり、彼ら自身から得ているのではない、それで後になって彼らは信仰から遠ざかるにしても、その真理を彼らは極めて僅かしか冒涜しないのであり、その冒涜は神的な手段によって除かれることが出来、かくてその当人はその罪責から自由にされることが出来るのである。しかし、もし人間が自分自身から、即ち、自分自身の中で色々と確認することによって教会の教義を、また聖言を信じるなら、そしてその後になって(そこから)遠ざかり、以前信じていたものを自分自身の中に否定するなら、特に彼が自分自身の中に確認していた真理に反した生活をし、それを自分自身に有利になるように説明するか、または全然それを斥けてしまうか、するなら、彼は真理を冒涜するのであり、それは彼が彼自身の中に真理と誤謬とを混入させ、連結させるためである。こうした人物は真理と善との残りのものを殆ど全く持っていないため、彼らは他生では遂には骸骨のようになり、肉の有機的な生命に比較されると骨には生命が残っていないほどにも、生命は残らなくなるのである。しかし真理を冒涜する者の運命よりは善を冒涜する者の運命は更に痛ましい、主の霊的な教会に属している者たちは真理を冒涜することは出来るが、善をそれほど冒涜することは出来ないのである。

 

 

天界の秘義6959〔3〕

 

『癩病』は真理を冒涜することを意味しているため、またそれが以下の記事に取扱われている主題でもあるため、冒涜について前に言いもし、示しもしたことを先ず参照されたい、即ち、教会の中にいる者たちは聖い物を冒涜することが出来るが、教会の外にいる者たちはそれを冒涜することは出来ない(2051、3399番)、聖い事柄は、それを以前に承認した者たちによらなくては冒涜されることは出来ない(1008、1010、1059、3398、3898、4289番)、真理と善とを承認し、信じつつも、それに反した生活を送ることもまた冒涜である(4601番)、人間は可能な限り冒涜から遠ざけられる(301−303、1327、1328、3398、3402、番)、冒涜者たちの運命は他生では凡てのものの中でも最悪である(6348番)。

 

 

天界の秘義6963

 

『癩病』の意義は冒涜であり、特に、真理の冒涜である(そのことについては以下を参照)。

 

 

天界の秘義6963〔2〕

 

なぜならもし彼らが聖言の内なる事柄を知り、また彼らの間にある教会の祭儀により表象されている諸真理そのものを知り、それらを信じて、しかも彼らの性向に従って生きたとするなら、即ち、自己への愛と世への愛との中に生き、彼ら自身の間では憎悪と復讐の中に、異邦人に対しては残酷の中に生きたなら、彼らは必然的に、そのかつて信じた真理を冒涜したに違いないからである、なぜなら真理を信じつつも、それに反して生きることはそれを冒涜することであるからである。それで彼らは可能な限り内なる真理にかかわる知識から遠ざけられて(3398、3489番を参照)、自分たちは死後も生きることを知りさえもせず、メシアは魂を永遠に救うために来られていることを信じもしないで、その民像を世界の凡ゆる他の民族にもまさって高揚させるためにのみ来られると信じるほどにもなったのである。そしてその国民はそうしたものであったのであり、現今でもまたそうした者であるため。それで彼らは例え基督教国の真中に住むとしても、依然信仰からは通してざけられているのである。