聖言による連結

 

主は聖言を通して語られる

 

 

 

 

1.天使を通じて天界と連結する

2.天使の情愛が流れ入る

3.一瞬にして行われる

4.聖言は主によって人間にもまた天使たちにも与えられている、それは聖言によって人間と天使とが主と共にいるため

 

 

 

 

1.天使を通じて天界と連結する

 

 

天界の秘義3735[]

 

かくて人間が聖い状態の中にいてパンのことを考えると、例えば聖餐のパンのことを、主の祈りの中の『日毎のパン』のことを考えると、その時その人間がパンに抱く思いは彼のもとにいる天使たちには主から発している愛の善について考えるための客観的な表象的なものとして役立っているのである。なぜなら天使たちは人間がパンについて考える思いを何一つ把握しないで、その代わりに善について考えるからである。なぜならそうしたものが相応であるからである。同様に人間が聖い状態の中にいて着物について考える時、天使たちは真理について考えるのであり、そのことは聖言の他の凡てのものにも言われるのである。このことは聖言によって天と地とが連結しているということの性質のいかようなものであるかを示している、即ち、人間が恭々しく聖言を読んでいる時は、例えその人間は聖言の文字の意義の中に在る物のみしか考えていないにしても、このような相応によって密接に天界に連結し、天界を通して主に連結しているのである。その時その人間のもとに在る聖いものは、天使たちが持っているような、天的な霊的な思考と情愛とが流入してくることから発しているのである。

 

 

 

天界の秘義9152

 

信仰の善の中にいる教会の人間が聖言を読む時、天使たちはその時主から聖言を通して天使たちのもとへ流れ入ってくる知恵のために天使たち自身をその人間に接合させ、その人間を歓ぶのである。ここから天界は人間と連結しており、そうした連結は聖言がなくては在り得ないのである。なぜなら聖言はその原語ではその一点一画すらも天使たちを感動させて、彼らを人間に連結させはしないものは何一つないといったものであるからである。

 

 

天界の秘義9396〔4〕

 

今しがた言ったことを把握する者は、聖言を通して人間は天界と連結し、天界を通して主と連結し、聖言がないなら連結は在り得ないことを知り、また或る程度そのことを認めることも出来よう。

 

 

天界の秘義9396〔9〕

 

神的真理または聖言が契約または連結であることは、それが主から発した神的なものであり、かくて主御自身であるためである。それ故聖言が人間により受け入れられると、主御自身が受け入れられるのである。このことから聖言を通して主は人間と連結されることが明白であり、主は人間と連結されるため、天界もまた人間と連結するのである、なぜなら天界は主から発出している神的真理から、従って神的なものから天界と呼ばれており、それで天界の中にいる者たちは『主の中に』いると言われているからである。神的なものは主を愛し、主の聖言を守る者たちにそれ自身を連結させることはヨハネ14・23に見ることが出来よう。

 

 

 

天界の秘義9457

 

この内なる事柄が今や連結を生むのであるが、それにも拘らず現今では連結の唯一の手段は聖言である、なぜなら聖言は、その中の各々の、また凡ての事柄が相応し、かくして諸天界に存在する神的な事柄を表象し、意味するように記されているからである。

 

 

 

スウェーデンボルグ/聖書78

 

 さらに、主が人間のもとに現存されて、人間に連結されるのは、聖言によるのである、なぜなら主は聖言であられ、その中でその人間といわば話されるからである。主はまた、聖言も同じく神的真理そのものであるように、神的真理そのものであられる。このことから、人間が聖言を理解するのに従って、主はその人間のもとに現存されると同時に、その人間と連結されることが明白である、なぜならその人間は理解に従って真理とそこから派生する信仰とを得、また愛とそこから派生する生命とを得るからである。主は実に人間のもとに聖言を読むことを通して現存されてはいるが、しかし聖言から真理を理解することを通して、またその理解に従って人間と連結されるのであり、そして主が人間と連結されるに比例して、教会はその人間の中に存在するのである。教会は人間の中に在るのであって、人間の外にある教会は己が中に教会を持った幾多の人間のもとにある教会である。このことが神の国は何時来ましょうかと尋ねたパリサイ人に答えられた主の御言葉の意味である―

 

 神の国はあなたたちの中に在る(ルカ17・21)。

 

ここでは『神の国』は主を意味し、主から、教会を意味している。

 

 

 

 

2.天使の情愛が流れ入る

 

 

天界の秘義3464[]

 

聖言の文字の意義から発している教義的な事柄については実情は以下のようになっている、すなわち、人間はその教義的な事柄の中にいると同時にそれに従った生命[生活]の中にいるとき、かれはかれ自身の中にそれに相応したものを得るのである、なぜならかれとともにいる天使たちは内的な諸真理の中にいるが、かれは外的な真理の中におり、かくて教義的な事柄を通して天界と交流するが、しかしそれはかれの生命の善に順応しているのである。

 

 例えば、聖さんにおいてかれはその時用いられる言葉―『これはわたしの身体であり、これはわたしの血である』―から単純に主を考えるとき、かれとともにいる天使たちは主に対する愛と隣人に対する仁慈とを考えるのである、なぜなら主に対する愛は主の身体にまたパンに相応し、隣人に対する仁慈は血にまたぶどう酒に相応しているからである(1798、2165、2177、2187番)、そしてこのような相応が在るため、天界からその天使たちを通して、その時その人間がおかれているその聖い状態の中へ情愛が流れ入り、この情愛を、かれはかれの生命の善に順応して受けるのである。

 

[]なぜなら天使たちは各々の人間のもとにその生命の情愛の中に住んでおり、かくてその者がそれに従って生きている教義的な事柄の情愛の中に住んでいるが、しかしもしその人間の生命がその教義的な事柄と一致していないなら、決してその中には住みはしないのである、なぜならもしその生命が一致していないならば、例えば、もしかれが教義的な事柄により名誉と富とを得ることを求める情愛の中にいるなら、そのときその天使たちは退いてしまって、奈落の者らがその情愛の中に住んで、かれの中へ自己と世とのために教義的な事柄を確認することを注ぎ入れ、かくて説得的な信仰を注ぎ入れるか―この信仰はそれが他の者の心を捕らえさえするなら、事の真偽を問わないといった底のものであるが―または信仰をことごとくとり去ってしまうかして、そのときかれの唇の教義はこれらの愛の火によりたきつけられ、また加減される音声に過ぎないのである。

 

 

 

 

3.一瞬にして行われる

 

 

天界の秘義3507

 

それでも主は、自然的な観念が霊的な観念に変化し、しかもそれが一瞬にして行われるために、天界のものである霊的な事柄と世のものである自然的な事柄との間にこのような相応を聖言を通して遂行されるのである。ここから天界が人間を通し、実に聖言を通し、従って聖言がその中に存在している教会を通して世と連結しているのである。

 

 

 

聖書63

 

 文字の意義によって天界の天使たちと共になることができる理由は、その中に霊的な意義と天的な意義とが在って、天使たちはその(二つの)意義の中にいるということである。すなわち霊的王国の天使たちは聖言の霊的意義の中に、天的王国の天使たちはその天的意義の中にいるということである。これらの意義は、文字の意義である聖言の自然的な意義から、真の人間がその意義の中に止まっている間に、(天使たちにより)展開されるのである。その展開は一瞬にして行われる、従ってその(天使たちと)共になることもまた一瞬にして行われる。

 

 

 

 

4.聖言は主によって人間にもまた天使たちにも与えられている、それは聖言によって人間と天使とが主と共にいるため

 

 

天界の秘義3476

 

 この凡てから聖言はいかようになっているかを、人々は知ることが出来よう、なぜなら聖言は主によって人間にもまた天使たちにも与えられているからであって、それは聖言によって人間と天使とが主と共にいるためである、なぜなら聖言は地を天界に結合し、天界を通して主に結合させる媒介であるからである。その文字の意義は人間を第一の天界に結合させるものであり、そしてその文字の意義の中には主の王国を取扱っている内意が在り、内意の中には主を取扱っている最高の意義が在るため、そして、これらの意義は秩序をもって一つの意義は他の意義の中に在るため、聖言によって遂行される主との結合の性質のいかようなものであるかが明白である。