謙虚

 

 

シルワンの手記/P40

 

 謙虚で体験豊かな人は常に主の恵みを感謝し、毎日神によって天に上げられ、神の栄光を見、次のように祈るだろう。「主よ、あなたは栄光を見せてくださったが、感謝する力と涙の恵みをお与えください。天と地において、あなたに賛美。しかし、私には罪のために涙を」と。一生にわたって、私たちは罪のために悲しまなくてはならないと、主がおんいつくしみによって悟らせてくださった。キリストの謙譲さに近づくことにより偉大なことはない。謙虚な人は他のものを見ない盲人のように、すべてにおいて喜び暮らす。謙虚な人だけが聖霊において、主を見る。謙虚さは、光である神を見るための光だ。詩篇は言う。「あなたの光に、われら光を見る」(36・10)と。

 

 

シルワンの手記/P74

 

 謙虚な人はすでに敵に勝つ。自分は永遠の火に値すると固く思う人には悪霊も近づけないし、また心の中で一つの悪い考えも持てない。彼の魂は主において完全に憩う。聖霊を知って、聖霊によって、謙虚さを身につけた人は、神の子であり自分の師であるイエスス・キリストに似るようになる。