キリスト
日本基督教団


日本基督教団とは? / 教団成立の沿革 / 信仰告白

日本基督教団とは?

キリスト教は、大きく分けますとカトリック、ギリシャ正教会、プロテスタントなどがあり、プロテスタントも多くの教派に分かれています。日本基督教団は、プロテスタントの30有余の教派がひとつにまとまってできた合同教会です。なお、日本のプロテスタントの中では一番多くの教会と信徒を有するキリスト教団です。

 現在、日本基督教団には全国に約1,700の教会・伝道所があり、信徒総数は約20万人(現住陪餐数は10万人)です。そして、所在地別に17の教区(ブロック)に分かれています。また、教区はいくつかの地区(分区)から成り立っています。

17の教区と地区(分区)

教区名 県名 地区名

北海教区

北海道

道北地区、道東地区、石狩空知地区、
札幌地区、後志地区、苫小牧地区、道南地区

奥羽教区

青森、岩手、秋田

北西地区、北東地区、岩手地区、秋田地区

東北教区

宮城、福島、山形

仙塩地区、仙北地区、仙南地区、福島地区、
郡山地区、相双地区、いわき地区、会津地区
山形県北地区、山形県南地区

関東教区

新潟、群馬、栃木
茨城、埼玉

新潟地区、群馬地区、栃木地区、茨城地区、
埼玉地区

東京教区

東京、千葉

東支区、西南支区、南支区、北支区、
千葉支区

西東京教区

東京

中野・高円寺・阿佐ヶ谷地区、中央線地区
西武沿線地区、中央線西・青梅線地区
井の頭線・京王小田急一部地区
町田・八王子地区

神奈川教区

神奈川

横浜地区、川崎地区、湘北地区、東湘南地区
西湘南地区

東海教区

長野、山梨、静岡

北信分区、南信分区、山梨分区、東静分区
中静分区、西静分区

中部教区

富山、石川、福井
愛知、岐阜、三重

富山地区、石川地区、福井地区、岐阜地区
愛知東地区、愛知西地区、三重地区

京都教区

京都、滋賀

市内地区、府下地区、滋賀地区

大阪教区

大阪、奈良
和歌山

大阪市内中央地区、大阪市内西地区
大阪市内東地区、大阪市内北地区
大阪市内南地区、大阪府下北摂地区
大阪府下豊能地区、大阪府下河北地区
大阪府下東地区、大阪府下河南地区
大阪府下南海地区、奈良地区、和歌山地区

兵庫教区

兵庫

阪神地区、神戸地区、播州地区、但馬地区

東中国教区

岡山、鳥取

岡山県北部地区、岡山県東部地区
岡山県中部地区、岡山県西部地区
鳥取県東部地区、鳥取県西部地区

西中国教区

広島、山口、島根

広島東分区、広島北分区、広島西分区
山口東分区、山口中分区、山口西分区
山陰西分区、山陰東分区

四国教区

香川、愛媛、徳島
高知

香川分区、東予分区、中予分区、南予分区
徳島分区、高知分区

九州教区

福岡、佐賀、長崎
熊本、大分、宮崎
鹿児島

北九州地区、福岡地区、筑後地区、佐賀地区
長崎地区、熊本地区、大分地区、宮崎地区
鹿児島地区、奄美地区

沖縄教区

沖縄




日本基督教団成立の沿革

 わが国における福音主義のキリスト教は、1859(安政6)年に渡来した外国宣教師の宣教にその端を発し、1872(明治5)年2月2日(旧暦)横浜に最初の教会として,日本基督公会が設立された。この教会は外国のいずれの教派にも所属しない超教派的な教会であったが、その後欧米教会諸派が移植せられ、その宣教が国内全般に発展するにともなって、教派の数もとみに増加するようになった。これと共に他方各派の間にしばしば合同の議が生じ、海外における教会合同運動の刺激もあって、ついに全福音主義教会合同の機が熟するに至り、たまたま宗教団体法の実施せられるに際し、1940(昭和15)年10月17日東京に開かれた全国信徒大会は、教会合同を宣言するに至った。これに基づいて30余派の福音主義教会が、翌1941(昭和16)年6月24日および25日の両日富士見町教会に開かれた創立総会において、次のような教義の大要のもとに合同を実現し、ここに本教団は成立したのである。
 「イエス・キリストに由りて啓示せられ聖書に於て証(あかし)せられる父、子、御霊なる三位(み)一体の神は世の罪と其の救の為め人となり死にて甦(よみが)へり給へる御子の贖(あがなひ)に因り信ずる者の罪を赦(ゆる)して之を義とし之を潔(きよ)め永遠(とこしへ)の生命(いのち)を与へ給ふ
 教会はキリストの体(からだ)にして恩寵(ちょう)に依りて召されたる者礼拝を守り福音を宣(のべ)伝へ聖礼典を行ひ主の来り給ふを待ち望むものなり」
 その後宗教団体法の廃止にともない教団機構に改正の議が起り、1946(昭和21)年10月16日新たに教憲を制定して自主的に公同教会たることを明かにした。さらに1948(昭和23)年10月27日教憲を改正して、使徒信条を告白することを決定したが、ついに1954(昭和29)年10月26日本教団としての信仰告白を制定するに至った。かくて創立以来くすしき摂理のもとに御霊(みたま)のたもう一致により堅実な教会形成の努力を続けて来た本教団は、ここに公同教会としての一体性を確立するに至ったのである。
1956年10月26日制定
1968年10月24日標題変更

(日本基督教団ホームページより)




日本基督教団信仰告白

 我らは信じかつ告白す。
 旧新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証(あかし)し、福音の真理を示し、教会の拠るべき唯一の正典なり。されば聖書は聖霊によりて、神につき、救いにつきて、全き知識を我らに与ふる神の言(ことば)にして、信仰と生活との誤りなき規範なり。
 主イエス・キリストによりて啓示せられ、聖書において証せらるる唯一の神は、父・子・聖霊なる、三位一体(さんみいったい)の神にていましたまふ。御子(みこ)は我ら罪人(つみびと)の救ひのために人と成り、十字架にかかり、ひとたび己を全き犠牲(いけにえ)として神にささげ、我らの贖(あがな)ひとなりたまへり。
 神は恵みをもて我らを選び、ただキリストを信ずる信仰により、我らの罪を赦して義としたまふ。この変わらざる恵みのうちに、聖霊は我らを潔めて義の果
()を結ばしめ、その御業(みわざ)を成就したまふ。
 教会は主キリストの体にして、恵みにより召されたる者の集ひなり。教会は公の礼拝を守り、福音を正しく宣()べ伝へ、バプテスマと主の晩餐との聖礼典を執り行ひ、愛のわざに励みつつ、主の再び来たりたまふを待ち望む。
 我らはかく信じ、代々(よよ)の聖徒と共に、使徒信条を告白す。

使徒信条

 我は天地の造り主(ぬし)、全能の父なる神を信ず。我はその独り子(ひとりご)、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女(おとめ)マリアより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまへり、かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを審(さば)きたまはん。我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、身体(からだ)のよみがへり、永遠(とこしえ)の命を信ず。
アーメン。


日本基督教団の公式ホームページへリンク