菊池事件の再審をすすめる会



菊池医療刑務所を人権擁護の砦に!

署名活動にご協力ください
 
 菊池恵楓園に隣接する場所に、今も菊池医療刑務所の建物が残っています。

 ハンセン病の強制隔離政策のもとでは、厚生行政の誤りにとどまらず、法務行政でも受刑者の隔離という、不当な差別を行なっていました。この建物は、その歴史の証(あかし)です。

 今、この建物と土地は法務省の手を離れ、財務省の管轄とされ、公売に付される予定になっています。

 2009年4月に施行されたハンセン病問題基本法は「国は、ハンセン病の患者であった者等の名誉の回復を図るため、・・・、歴史的建造物の保存等ハンセン病及びハンセン病対策の歴史に関する正しい知識の普及啓発その他必要な措置を講ずる」(第18条)としています。

 刑務所の建物は、1986年に建て替えられたもので、まだまだ使用可能です。
 この建物と敷地を、再度法務省の管轄として、ここを人権啓発のための施設として利活用してほしいと、菊池恵楓園入所者自治会菊池恵楓園の将来を考える会は、全療協や将来構想をすすめる会とタイアップして署名活動に取り組んでいます。

 どうか、この署名活動にご協力ください。

   署名用紙はこちらからダウンロードしてください
   署名用紙1  裏はタイトルと写真だけのシンプルなもの
   署名用紙2  裏に簡単な説明があるもの
   署名を集めていただく場合、どちらの署名用紙でもかまいません。どちらの署名用紙も表(1枚目)は同じです。集めていただく場合は、表(1枚目)だけでもかまいません。
   より詳しい情報はこちらからどうぞ チラシ
   署名に関する情報のページ




     ハンセン病療養所
菊池恵楓園の

ガイドブックができました
 今、多くの人が見学で訪れている菊池恵楓園。
 菊池恵楓園の見学に欠かせないガイドブックができました。
 本体800円と手ごろなお値段。
 菊池恵楓園に行ったことがある人もない人も、是非一度手にとってみてください。

 メールでお申し込みはこちらへ 

 Amazonでも取り扱い中 Amazonへ
   

ガイドブック チラシ


      あなたは番目のお客様です

ハンセン病訴訟関係 川辺川ダム関連
ソロクト問題 菊池事件関係

 チョクさんのページ

※下記のソロクト弁護団のHPはサイトを引っ越しました。
お気に入りへの登録を更新してください。
  



860-0834 熊本市江越1丁目17番12号 菜の花法律事務所 弁護士 国宗直子

Since November 16, 2000