サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

死者の書 第101章−第150章



日中出現の諸章 第101章 ラアの舟を保護するの章
第102章 ラアの舟に行くの章
第103章 女神ハトルと偕に居るの章
第104章 大いなる神々の中に座するの章
第105章 下界に於いて、カーに供物を作すの章
第106章 ヘト−プタ−カに於いて、死者に供物をなすの章
第107章 百九章と同
第108章 西方の諸霊魂を知るの章
第109章 東方の諸霊魂を知るの章
第110章 セケト−ヘテペトの諸章始まる、又日中出現の諸章始まる
第111章 百八章と同
第112章 ペの諸霊魂を知るの章
第113章 ネケンの諸霊魂を知るの章
第114章 ケメンヌの諸霊魂を知るの章 一
第115章 天より出現し、アメンテトを通過し、アンヌの諸霊魂を知るの章
第116章 ケメンヌの諸霊魂を知るの章 二
第117章 レースタウに於いて歩すべき路を発見するの章
第120章 第十二章と同
第121章 第十三章と同
第122章 下界より出現後、入るの章
第123章 大いなる家に入るの章
第124章 聖且つ主なるオシリスの君等の前に到るの章
第125章 (一)マアアチの廣間に入るの章広間にて
(二)否定告白
(三)死者、下界の神々に出現の時、口唱せらるべきの章
第126章 四の猿の章
第127章 ケルチの神々を讃美するの章
死者自ら下界の案内者たる神々に讃美を捧ぐとて、
オシリスの聖且つ主なる主将等の前に出現の時、
読誦せらるべき章
第128章 オシリスに対する讃美の歌
第129章 第百章と同
第130章 クウを完全にし、霊魂を永久生活せしむるの別章
第131章 ラアに近づきて存在を有するの章
第132章 人をして現世の其家を見るため帰還せしむるの別章
第133章 當月當日讃誦せらるべきクウを完全ならしむるの章
第134章 クウを完全ならしむる別章
第135章 月が當月當日若返る時読誦せらるべき別章
第136章 シックスの祭に読誦せらるべきクウを完全ならしむる別章
炎々たる炎の圓を通過せんとて、ラアの大いなる舟に乗じ帆走するの章
第137章 クウの為に作られし炎々たる四の焔の章
焔に點火するの章
第138章 アプツに入り、又オシリスの随徒者中にあることの章
第139章 第123章と同
第140章 ペルトの季節の2月末日、読誦せらるべき書
第141、
第142章
アメンテトの祭日間に、人の或は其の父、或は其の子の為、
読誦すべき所の書
第143章
第144章 アアリト即ち邸宅の章 一
第145章 オシリスの家のセケト−アアンレの塔門の章
第146章 セケト−アアンレルに於けるオシリスの宮の神秘塔門に達して、
之に入るの諸章
第147章 アアリト即ち邸宅の章 二
第148章 死者に対して下界の食事を給輿することの章
第149章 アアトの章
第150章


BACK<  リストのトップへ戻る  >NEXT