サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

古王国時代 第6王朝

ペピ2世・ネフェルカラー

PepyU/PepiU

在位年代;前2216−2153年
即位名;ネフェルカラー(美しきはラーの魂)
誕生名;ペピ
治世;64年

王朝の首都;メンフィス 埋葬地;南サッカラ 出身地;メンフィス

家族;父/ペピ1世 母/アンクネスメリラー 息子/ネムティエムサフ2世、ネフェルカラー2世、ネブカウホル・イドゥ、プタハシェプセス 妻/ネイト、イプト、アンケネセペピ3世、アンケネセペピ4世、ウジェブテン

Data;
妻の一人アンケネセペピ3世は兄ネムティエムサフの娘。

古代エジプトの歴代王の中で最も長く生きた王の一人とされる。6歳で王位につき、その後、100歳を越えるまで生きたとされる。(ただし現在の公式の即位年は64年なので、実際は70際前後のはず) もちろん後の世に、長生きの象徴として語り継がれることになった。長寿はいいことなのだが、あまりに長く治世が続きすぎたため、次の王が立つときに混乱が起きたようだ。記録に残っている数はわずかだが、多くの子供たちが父の存命中に没したと思われる。彼の没後、王国は急速に衰え、第一中間期が訪れる。

イシス女神が子供のホルスを抱くときの伝統的なポーズで作られたペピ2世と母アンケネスメリラーの像が見つかっている。この像には、聖なる蛇ウラエウスも登場している。古代エジプト世界における。聖なる母イシスと王を象徴するホルス、という神話、像の原型は、既に完成されていたようだ。

Background;
この時代は、すでにプントとの交易が普通に行われていたようだ。
プント、とはエジプトの南、今のソマリアあたりをさす言葉で、ピグミー族をとらえ、幼いペピ2世に献上した貴族ハルクフの名前も記録に出てくる。
エジプトには、ピグミー族がモデルとされる陽気な神ベスが存在するが、この神は、もしかするとこの時のピグミー族が元になっているのかもしれない。

▲ピラミッドデータ:
サッカラ 真正ピラミッド

古代エジプト実録BL短編。ペピ2世と将軍サセネトのイケナイ何か
古代エジプト人の夢小説、はたまた薄い本。未完に終わっているのが惜しいところだが、著者はきっと生まれ変わって現代のピク●ブとで活躍しているに違いないと信じている。
前世の記憶に目覚めて続き書いてくれたりしない?