>
HOME

「混声合唱団クール・ドゥ・シャンブル」第8回定期演奏会

J.S.バッハ 『マタイ受難曲』BWV.244

《日時》

2012年 2月 5日(日)午後3時開演  .

《会場》

第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)

《後援》

日墺文化協会
 

                        〜プログラム〜

J.S.バッハ:マタイ受難曲

http://www.youtube.com/user/ChoeurdeChambre1

 

〜定演について〜

  私達の合唱団では、定期演奏会において、その時々の曲に、最も適していると考えられる声質や能力のある素晴らしいソリスト、及び 優秀なプロの古楽器奏者達による古楽器オーケストラと 必ず共演し、大変有意義な演奏を経験し、楽しんでいます。又練習でも平均律でなく、純正律に近い音律で常に練習しています。 次回の定演曲は、団員の希望で、J.S.バッハ作曲「マタイ受難曲」です。前回定演は同じJ.S.バッハの「ヨハネ受難曲」でした 。「マタイ受難曲」の使用楽譜について、団員達と繰り返し相談しました。一般的に使われるBWV.244の普及版にするか、Early VersionといわれているBWV.244bにするかです。幾つかの資料を参考にしながら、思案しました結果、やはり折角演奏するので、バッハの美しい自筆 のスコァとパート譜が残されているBWV.244にすることになりました(尤もバッハは、常に演奏する際に変更し書き込みする のが常で、この「マタイ受難曲」についても、清書されたこれら自筆譜、特にパート譜には、書いた直後から演奏するに際して、手を入れて、細かく書き込まれ、変更されていたようですが)。Early Versionについても、オーケストラの編成が小さく、経費が多少少なく済むと考えられ、心残りではありますが、これについては、自筆譜がなく、バッハの死後に、娘婿のアルトニコルやその弟子達による筆写譜があるのみで、1727年の初演か1729年の再演時の筆写譜をバッハ が亡くなった1750年以後、1756年ごろにまとめたもの(研究者によってはこれらの年代を違って書いていますので、より良く調べる必要がありそうです)と、バッハ研究で権威のある学者の方々が解説されています。団員一同、意欲的に取り組む気持ちがまとまっていますので、やはり、BWV244の普及版で演奏しようと賛成多数で決まりました。次回定演で も今回同様、バッハの演奏に最も適していると考えられる1点A=415HZのピッチで演奏します。 この曲は、「マタイによる福音書」26,27章を元に、作曲されています。演奏機会は、4回乃至5回あり、 いずれも、聖トーマス教会で演奏されたようです。このマタイ受難曲についても、多くの研究がなされており、それを参考にし、じっくり研究させていただきながら、一つ一つゆっくり練習を進めていきます。 今回も前回に増して、名曲に触れてその奥深さを味わえるチャンスと大変楽しみにしています。 更に、再び旧約・新約聖書を読み解くチャンスと考えています。

♪出演者♪

        ソロ

エヴァンゲリスト&テノール 水越 啓  

ソプラノ        星川 美保子

イエス                      小原浄二 カウンターテナー   上杉 清仁
バス、ピラト&大祭司        小笠原美敬 ソプラノ イン リピエーノ&ソプラノ
 
                                 
宗  佐和子
ユダ                   太田 賢治 ペトゥルス      長尾 隆央
証言者S            石田  深秋 祭司長1       沼田 盛也
証言者T            竜沢 経一 祭司長2       久保田  秀

♪古楽器オーケストラ

コンサートマスター

川原 千真

   指揮  小泉 明子

 

♪古楽器オーケストラのメンバー♪
第1グループ  
ヴァイオリン1 川原千真、小田瑠奈   ヴァイオリン2 天野寿彦、宮崎容子  ヴィオラ 李 善銘
チェロ 田崎瑞博  コントラバス 寺田和正  フルート (1) 中村 忠、(2)菊池香苗
オーボェ&オーボェ ダモーレ&オーボェ ダ カッチャ (1)江崎浩司、(2)豊田 舞
第2グループ  
ヴァイオリン1 三輪真樹、宮崎桃子  ヴァイオリン2 小池吾郎、大谷美佐子 ヴィオラ 吉田 篤
  チェロ 高群輝夫  コントラバス蓮池 仁  フルート (1) 国枝俊太郎、(2)稲葉由紀
  オーボェ&オーボエ ダモーレ (1)森 綾香、(2)安里昌吾

ヴィオラ ダ ガンバ  西谷尚己    ファゴット 永谷陽子
オルガン  能登伊津子 

 

>

「混声合唱団クール・ドゥ・シャンブル」第7回定期演奏会

《日時》

2009年10月10日(土)  .

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール (Tel. 042-335-6211)
(京王線東府中駅下車 北へ徒歩7分)

《後援》

日墺文化協会
財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団

                        〜プログラム〜

J.S.バッハ:ヨハネ受難曲


 

〜定演について〜

 私達の合唱団では、定期演奏会において、 必ず優秀なプロの古楽器奏者達による古楽器オーケストラとの共演を楽しんでいます。又練習でも平均律でなく、純正律に近い音律で常に練習しています。 今回の定演曲は、団員の希望で、J.S.バッハ作曲「ヨハネ受難曲」です。前回定演はモーツァルトの作品でしたので、ここ何年かの研究で普及していますモーツァルトピッチ1点A=430HZで演奏しましたが、 今回定演では、バッハの演奏に最も適していると考えられる1点A=415HZのピッチで演奏します。 これは、勿論ヨハネの福音書を元に、作曲されていますが、5回の演奏機会があり、実際に演奏した回数ではありませんが、その機会の度に、バッハは追加・変更など手を加えたようです。素晴らしい研究者の皆様が、あらゆる観点から研究しても分りかねることも多く、大変難問尽くしの曲です。ただ、その努力のおかげで可なりのことが分ってきています。それらの研究成果を参考にさせていただきながら、一つ一つゆっくり練習を進めていきます。私達も謎解きの面白さに、さらに名曲に触れてその奥深さを味わえるチャンスと大変楽しみにしています。 更に、旧約・新約聖書を読み解くチャンスと考えています。
 

♪出演者♪

        ソロ

エヴァンゲリスト 水越 啓  

ソプラノ  星川 美保子

イエス                渡辺 祐介 アルト   上杉 清仁
 ピラト             小笠原美敬  
ゼルヴス          太田 賢治 アンチッラ 宗  佐和子

♪古楽器オーケストラ

コンサートマスター

川原 千真

   指揮  小泉 明子

 

♪古楽器オーケストラのメンバー♪

Vl.1川原千真、小田瑠奈、Vl.2 三輪真樹、小池吾郎 Va. 李 善銘、幡谷久仁子、Vc,田崎瑞博
Cb.寺田和正、Vg.平尾雅子、Lt.金子 浩、Fl.中村 忠、菊池香苗、Ob.江崎浩司、森 綾香
Fg. 永谷陽子、Org.能登伊津子

 

混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第6回定期演奏会

《日時》

2008年22日(土)

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール

《後援》

日墺文化協会
財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団

                        〜プログラム〜

W.A.モーツァルト:Vesperae KV.321
W.A.モーツァルト:Vesperae KV.339
W.A.モーツァルト:Dominicus messe KV.66 

〜定演について〜

 私達の合唱団では、定期演奏会において、 必ず優秀なプロの古楽器奏者達による古楽器オーケストラとの共演を楽しんでいます。 今回の定演では、モーツァルトの演奏に最も適していると考えられる1点A=430HZのピッチで演奏しました。 又練習でも平均律でなく、純正律に近い音律で常に練習しています。
  モーツァルトは、ヴェスペレ(晩課、夕べの祈り)を一応3曲作曲していますが、 初めの1曲KV.193は、2曲のみの構成になっていまして、1774年18歳での作品です。 後の2曲は、定職を求めてパリへ行きましたが思うに任せず、母親の死という思いがけない不幸に見舞われ、 失意の内に再びザルツブルクへ帰郷し、不本意ながら、大嫌いなコロレド大司教の下で再就職したころの作曲です。 我慢も限界になり、ウィーンへ飛び出す前、1779年80年の2年ほどの大変鬱々していた間に、宗教曲では生涯で最も傑作と考えられる珠玉のような作品を次々生み出しました。 ミサ曲では、「戴冠式ミサ」KV.317や[ミサ ソレムニス」KV.337です。 これらそれぞれに続いて作曲したのが、KV.321とKV.339のヴェスペレ2曲です。 これらはいずれも証聖者の祝日の夕べの祈りのための曲で、 マニフィカトを含む6つの詩で構成され、素晴らしい曲を付けています。  モーツァルトの作品には、共通して見られますソプラノの素敵なソロを含み、初めの5曲は旧約聖書の詩篇5篇に曲が付けられています。 キリスト以前の世界の救世主の到来を待望する内容ながら、 ユダヤ教とキリスト教の確執の由来を知る上でも示唆に富んだ内容を含んでいます。 随所に出てくるモーツァルト独特の聴く者の心の底に沁み入るきらきらしたメロディーの流れ、思いがけない不協和音の重なりなど、 ウィーンで独立後に特に熱心に、バッハやヘンデルの多くの作品に学んだと伝えられていますが、既にこのザルツブルク時代最後の時期の作品にも、 いたるところに一筋縄では行かない部分が含まれています。
  この2曲に、やはりモーツァルトの「ドミニクス・ミサ」KV.66を追加しました。この曲こそ、モーツァルトにとって、記念の作品です。 モーツァルトの生家の持ち主の息子で、小さいときからお兄さんと慕っていたドミニクス・カエタン・ハーゲナウアーが、 ザルツブルクの聖ペーター修道院に入り、司祭として初ミサを挙げることになり、心を込めて作曲しました。 以後、楽器を追加しながら、度々再演されたようです。前回定演の荘厳ミサ「孤児院ミサ」の翌年1769年作曲で、 2曲目の荘厳ミサになり、演奏時間は、約40分ほどです。
 前回第5回定演では、やはりモーツァルトの最大の大曲「ハ短調大ミサ」と最初の荘厳ミサである「孤児院ミサ」を演奏しまして、 お越しくださいました方々に身に余る好評をいただき、前々回のJ.S.バッハの「ロ短調」ミサ曲演奏の時同様に、 嬉しい充実感に満たされました。今回も大変好評をいただき、感謝しています。



♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 文屋小百合 平川千志保

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス      栗原 剛

指揮  小泉明子

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

川原千真

 

♪古楽器オーケストラのメンバー♪

ヴァイオリン1 小田瑠奈   ヴァイオリン2 三輪真樹、小池吾郎  ヴィオラ 幡谷久仁子
チェロ 田崎瑞博  コントラバス 寺田和正
フルート 中村 忠、国枝俊太郎   オーボェ 江崎浩司、篠原由桂   ファゴット 江崎浩司
ホルン 岡村 陽、木村 隆   トランペット 平井志郎、高丸智子
  ティンパニー 近藤郁夫   オルガン 能登伊津子



混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第5回定期演奏会

《日時》

2006年30日(土)

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール

《後援》

日墺文化協会
財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団

                       〜プログラム〜

W.A.モーツァルト:Messe in c-moll KV.427 『ハ短調大ミサ曲』
W.A.モーツァルト:Messe in c-moll KV.139 『孤児院ミサ』


♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 文屋小百合

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス  浦野智行

指揮  小泉明子

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

高田あずみ

 

♪古楽器オーケストラのメンバー♪

ヴァイオリン1 竹嶋祐子、鷲見明香   ヴァイオリン2 高田はるみ、森田芳子、荒木優子   ヴィオラ 成田 寛、深沢美奈
チェロ 西沢央子、山本 徹   コントラバス 田邊朋美
フルート 菊池香苗   オーボェ 三宮正満、森 綾香   ファゴット 江崎浩司、永谷陽子
ホルン 大森啓史、慶野未来   トランペット 長田吉充、高丸智子、織田祐亮、狩野藍美
トロンボーン 萩谷克己、宮下宣子、飯塚睦彦   ティンパニー 近藤郁夫   オルガン 能登伊津子



混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第4回定期演奏会

《日時》

2005年26日(土)

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール

《後援》

日墺文化協会
財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団

〜プログラム〜

J.S.バッハ:[Messe]  in h-moll  BWV. 232   ロ短調ミサ曲 


♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 松堂久美恵
      本保尚子

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス  浦野智行

指揮  小泉明子

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

高田あずみ

♪古楽器オーケストラのメンバー♪

ヴァイオリン1 高田はるみ、山口幸恵   ヴァイオリン2 竹嶋祐子、、荒木優子   ヴィオラ 森田芳子、渡部安見子
チェロ 西沢央子、懸田貴嗣   コントラバス 西澤誠治
フルート 菊池香苗、清水 章   オーボェ 江崎浩司、森 綾香、永浜由桂   ファゴット 功刀貴子、永谷陽子
コルノ・ダ・カッチャ 塚田 聡   トランペット 島田俊雄、齋藤秀範、村田綾子
   ティンパニー 近藤郁夫   オルガン 能登伊津子

 



混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第3回定期演奏会

《日時》

2003年26日(土)

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール

《後援》

日墺文化協会
財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団

〜プログラム〜

I,

ルネッサンス時代の世俗曲

C.ジャヌカン:私の悩みはたいしたことない
                  Ma peine n'est pas grande

J.ダウランド:あふれる涙
                  Flow my tears

J.ダウランド:甘美な愛よ もう一度きておくれ
                  Come again sweet love             他

〜 古楽器の解説を少し 〜

II,

J.S.バッハ: Kantate  BWV.140  [Wachet auf, ruft uns die Stimme]
                                           「目覚めよ、声が私達を呼んでいる」

III,

W.A.モーツァルト:[Missa solemnis] in C dur  KV.337
            「ミサ ソレムニス」 (荘厳ミサ) ハ長調


♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 小野壽子
     平川千志保

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス  浦野智行

リュート

永田斉子

ヴィオラ・ダ・ガンバ

風早一恵

 

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

桐山建志

指揮  小泉明子



混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第2回定期演奏会

《日時》

2001年日(土)

《会場》

三鷹市芸術文化センター  風のホール

《後援》

日墺文化協会

〜プログラム〜

I,

ルネッサンス時代の世俗曲

G.デュファイ: この五月、心も軽く楽しもう
                    Ce moy de may soyons lies et joyeaux

C.セルミジ:   生きている限り
                    Tant que vivray

O.di ラッスス: マドンナ、私の可愛い人
                     Matona, mia cara

P.da パレストゥリーナ: むかし、私を愛してくれた人がいた
                                Già fu chi m'ebbe cara

J.ダウランド:時がじっと止まっている
                  Time stands still                     他

〜 古楽器の解説を少し 〜

II,

J.S.バッハ: Kantate  BWV.78 [Jesu, der du meine Seele]
                                            「イエスよ、貴方は私の魂を」

III,

W.A.モーツァルト:[Krönungs-Messe]  in C dur  KV.317
            「戴冠式ミサ」 ハ長調


   

♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 鈴木菜穂子
     平川千志保

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス  浦野智行

リコーダー

江崎浩司

リュート

永田斉子

ヴィオラ・ダ・ガンバ

風早一恵

 

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

桐山建志

指揮  小泉明子



混声合唱団『クール・ドゥ・シャンブル』第1回定期演奏会

《日時》

1999年16日(日)

《会場》

府中の森芸術劇場 ウィーンホール

《後援》

日墺文化協会

〜プログラム〜

I,

ルネッサンス時代の世俗曲

J. デ プレ: 千々の悲しみ
                Mille regrets

J. アルカデルト: 白くて優しい白鳥
                       Il bianco e dolce cigno

T. モーリー: 四月は恋人の顔に
                 April is in my mistress' face

J.ダウランド:今、おお今こそ 私は別れねばならない
                  Now, o now, I needs must part             他

〜 古楽器の解説を少し 〜

II,

F.シューベルト:[Deutsche Messe] D. 872
                     「 ドイツ ミサ」

III,

J.S.バッハ:Kantate  BWV.147  [Herz und Mund und Tat und Leben]
                   「心と口と行いと生きざま」


♪出演者♪

ソロ

ソプラノ 中原篤子

メゾソプラノ 藤長静佳

テノール 岡本泰寛

バス  浦野智行

リュート

永田斉子

ヴィオラ・ダ・ガンバ

矢口麻衣

 

《古楽器オーケストラ》

コンサートマスター

高田あずみ

指揮  小泉明子