行政書士 池田信夫事務所 ホーム | 業務ご案内 | 事務所ご案内| メール
風俗営業の営業所の構造・設備の技術上の基準

接待飲食等営業の営業所の構造・設備の技術上の基準
風俗営業のうち1号から6号までの営業所は、それぞれ以下の基準に適合しなければなりません。


【1号営業】 キャバレー

ア 客室の床面積は、1室66u以上とすること。
   ダンスをさせるための床面積は、概ねその1/5以上とすること。

 客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないものであること。
ウ 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
エ 善良な風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設置しないこと。
オ 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。
   ただし、営業所外に通ずる出入口は、この限りではない。
カ 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持するため必要な構造又は設備を有すること。
キ 営業に係る騒音又は振動の数値が施行条例で定める数値に満たされないように維持されるために必要な構造又は
   設備を有すること。


【2号営業】 待合、料理店、カフェー
ア 客室の床面積は、和風の客室にあっては1室9.5u以上とし、その他の客室にあっては16.5u以上とすること。
   ただし、客室が1室の場合はこの限りでない。
イ ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
ウ 
1号営業の基準のうち、イ、ウ、エ、オ、カ、キの基準を満たすこと。

【3号営業】 ナイトクラブ・ディスコ
1号営業の基準と同じ
ア 客室の床面積は、1室66u以上とすること。
   ダンスをさせるための床面積は、概ねその1/5以上とすること。

 客室の内部が営業所の外部から容易に見通せないものであること。
ウ 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
エ 善良な風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設置しないこと。
オ 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。
   ただし、営業所外に通ずる出入口は、この限りではない。
カ 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持するため必要な構造又は設備を有すること。
キ 営業に係る騒音又は振動の数値が施行条例で定める数値に満たされないように維持されるために必要な構造又は
   設備を有すること。


【4号営業】 ダンスホール
ア ダンスの用に供する部分の床面積は、客室1室につき66u以上とすること。
イ 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持するため必要な構造又は設備を有すること。
ウ 
1号営業の基準のうち、イ、ウ、エ、オ、キの基準を満たすこと。

【5号営業】 低照度飲食店
ア 客室の床面積は、1室5u以上とすること。
イ ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
ウ 1号営業の基準のうち、イ、ウ、エ、オ、カ、キの基準を満たすこと。
 

【6号営業】 区画席飲食店 
ア ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
イ 長いすその他の設備で専ら異性を同伴する客の休憩の用に供するものを設けないこと。
ウ 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持するため必要な構造又は設備を有すること。
エ 1号営業の基準のうち、イ、ウ、エ、オ、キの基準を満たすこと。



在留資格「興行」で外国人芸能人が出演する施設である場合の入管法による基準】
1号営業又は2号営業を営む施設である場合は、次のいずれの要件にも適合すること。
@ 専ら客の接待に従事する従業員が5名以上いること。(出演先が直接雇傭する者であること)
A 13u以上の舞台があること。
B 9u以上の出演者用の控室があること。(5名を超える場合は1名につき1.6uを加えた面積)
※ 控室は出演先施設と同一の建物内の、外部の者の目に留らずに舞台へ移動できる場所にあること。
   5名を超える場合は、同一建物に9u以上の控室があれば、近接する建物に設置してもよい。


風俗営業の許可はこちらをご覧ください。



ホーム業務一覧 関連リンク プロフィール