小石川後楽園


 東京ドームの隣に水戸のご老公、徳川光圀さま ゆかりの庭園、小石川後楽園があります。水戸徳川家の中屋敷として江戸時代初期に 造られたそうです。
 池を中心にして山や小川が配置されているのですが、この円月橋をはじめ、ど ことなく中国風であるのはそのころ日本に来日した明の儒学者朱 舜水(しゅ しゅん すい)の影響によるものとのことです。


 おりしも梅まつりの真っ最中で紅梅、白梅が見ごろで したが、ここを訪れた目的は梅ではないのです。

 この後楽園と東京ドームを含む一帯がかつて陸軍造兵廠東京工廠であった からです。水戸藩主の屋敷ごと陸軍の管轄地となったのです。このことを示す記念碑 が東門近くにあります。そしてこの石碑はかつての工 廠跡地をかたどっています。(1974年航空写真:国土地理院より)
 なお、東京工廠そのものは関東大震災で焼失し、その後この地では稼動してい ません。

 園内にはこの空飛ぶ円盤のような、傘のような妙なも のが九八屋というところの脇に無造作に置かれています。これは工廠で使用していた 弾丸製造機械の一部とのことですがこれといって説明板などはありません。(注1)

 東京工廠ではおもに小銃の生産が行われ、日清・日露戦争の時期に急速に 発展し、労働者も2万人を越えたといいます。また、東京ドームの北側にある 礫川公園では銃の試射が行われていました。

 (注1:参考文献「知られざる軍都東京」(洋泉社MOOK)より)

 園の西側外周の石垣には江戸城の外堀に使用されてい た石材が再利用され、建設当時と同じ石積みの技法で再現(平成10年に改修)されて います。石材には江戸城の石垣を築いた大名を表す「刻印」(“山”は備中成羽藩主 山崎家。ほかに◇や、矢形など)や石を割るときに必要な「矢穴」が残っています。

 今の東京ドームは実は後楽園競輪場の跡地に建てられ たもので、元の後楽園球場の跡地は東京ドームホテルになっています。(後楽園競輪 は美濃部都政によって廃止された公営ギャンブルでした。)

 そのホテルの裏手、つまり旧後楽園球場の跡地に東京工廠の基礎レンガブ ロックが掘りだされて展示されています。「旧日本帝国陸軍東京砲兵工廠跡の基礎用 レンガ」との説明板があります。

 あのキャンディーズの解散コンサートが催された 後楽園球場のその下には工廠の基礎レンガが埋まったままでした。1937年(昭和1 2年)の球場建設の際はあまりの強固さのために取り除けなかったのですが、2000 年(平成12年)東京ドームホテル竣工に先立って掘りあげられました。

 幸い、小石川後楽園は戦時を通じて大きく破壊されることもなく、現在国の 特別史跡・特別名勝に指定され大切に守られています。
 

(2007年2月)
(2010年2月 追記)



戻る