宅建一発合格エンジン 
  間隔を空けて座る人たちのイラスト(電車・マスクあり)   
withコロナIT在宅受講 
スマホ&IT活用宅建士50日攻略本 
学習ガイド 
WithコロナIT在宅受講
システムガイダンス 
 宅建士50日攻略
履修システム
   
Input 動画の視聴 
   
動画ライブラリ―  
 動画ライブラリーのYouTube動画を視聴します。動画には、入門編と本講座編があります。 初学者は、まず入門編から視聴してください。 すでに受験経験のある方や大学等で法律の講義を聞いたことのある方は、入門用は飛ばしてかまいません。   
視聴スタイル
◎スマホながら視聴 
  スマホで、通勤通学時等に、 ながら学習として用いる。のちに目次と本文の 項目番号を参照し、理解できているものにチェ ックを入れる。反復聴取すれば刷り込み効果が 生じます。頭の片隅に、Keywordが刷り込まれ、 記述肢を切るとき、よみがえります。 
◎PCデスク視聴 
 本書を傍らに置き、動画を視聴 する。理解できたところは、目次と本文の項目番号にチェックを入れる。確実にインプットでき、 達成度も、即時チェックしていけます。
output 過去問の演習
  速攻過去問狙い撃ちメッソド   
動画視聴後は、直ちに過去問演習をします。過去問題は、年度別につぶしていくよりも、分野別・項目別につぶしていくことがはるかに効率的です。そこで、動画リストの動画のリンクの欄の下欄に、動画に対応する過去問の分野別・項目別のリンクを示し、クリックすれば、直ちに分野別・項目別の過去問題に飛べるようにしました。
 動画リストの動画と対応過去問遊園地分園のリンクの例
動画宅建業法part1・2・3 免許・宅建士・業務運営体制上の規制
コンプリート宅建業法 免許・宅建士・業務運営体制上の規制https://youtu.be/Unkf98a9WU0 20・12
●免許・宅建士・業務運営体制上の規制https://youtu.be/Oqxmqb9MyQM 20・1
 動画視聴後は過去問を徹底チェック過去問遊園地宅建業法分園 part1免許 part2宅建士 part3業務運営体制上の規制
 
詳しくは、WithコロナIT在宅受講システムガイダンス参照
WithコロナIT在宅受講システムガイダンス 
 本科講座用の動画は、直近リリースしたものを除き、原則としてYouTubeチャンネルでは、非公開設定といたします。
 
 過去問題は、年度別でも分野別でも見れるようになっています。上記のように講義動画と対応させて分野別に陣取りゲームのようにつぶしていくことも、50問一気通貫で模擬試験としても使えます。 
 また、近年の過去問には、解説動画をリンクさせています。リンクにより、解説が講義と有機的に結合し、完璧に理解できるようになります。 
     
過去問遊園地  
より高みを目指すため、次のItプログラムを設定しました。
  Advanced Stage
有料会員制  
1 Input⇒Outputブリッジe-learning  
     
 
過去問題演習は必須ですが、初学者・独学者は、 苦手なようです。用語が難解なうえに、試験特有のいわゆる「ひっかける」ための記述もあるからです。ここで挫折してしまう方も多いようです。
  そこで、テキスト・講義=Input、と、過去問題演習=Outputをスムースに 橋渡しをするe-learningを設定しました。 問題文自体にヒントがあり、ゲーム感覚で入っていける、語句選択問題や穴埋め問題のほか、一問一答問題そして基本的な4肢択一問題で構成されます。 
 
 宅建業法・権利関係・法令制限各約100講からなり、全部で約300講です。4択問題が約300問含まれていますが、穴埋め・語句選択も4択還元すると700問程度は含まれています。そうすると、時間がかかるのではと思われる方もおられるでしょうが、ゲーム感覚で学習できるので、驚くほど短時間でマスターできます。  
受講方法 受講案内ページで会員登録の上、御受講ください。 
      2 論点ローラー模試(8回)と直前予想模試(2回)
 模試は不可欠です。それも1回や2回では効果がない。論点をつぶしてしまうことが重要です。 直前には、出題周期や法改正を踏まえた予想模試も、欠かせません。 8回の論点ローラー模試と2回の直前予想模試を設定しました。
 「過去問遊園地」や「Input⇒Outputブリッジe-learning」で獲得した基礎的な知識を実際の本試験で使えるようにします。そのため、全論点につき、タテ・ヨコ・ナナメからの切り口の設問で、あらゆる問い方を網羅します。論点の穴をなくし、かつ、問題文読解力を向上させ、得点力を40点超に引き上げる、実戦力養成プログラムです。 はじめは、目の回るような思いをしますが、50日間宅建士攻略本のオリジナルデバイス(装置)で、誰でもスムースに履修できます。
■オリジナルデバイス1  
 模試解説に、ピンポイント(進行時間指定)で YouTube動画に飛べるリンクを設定しました。  これにより、動画と設問が瞬時にクロスリファレンス(相互参照)でき、設問の答えの根拠がよくわかるのはもとより、一回視聴しただけではよくわからなかったYouTube動画も、具体的によく理解できます。
 
  ■オリジナルデバイス2
 達成度確認と知識の累積がシステマティックにできる効率復習ツールを毎回つけます。そこに達成度を記録し、試験終了まで、保存します。
受講方法 受講案内ページで会員登録の上、御受講ください。 
有料教材受講案内 
 
 
 学習を進めていくと、当然疑問が生じることがあります。 疑問を放置してしまうと、学習効率を悪くします。 そこで、スマホ&IT活用50日間宅建士攻略システムでは、主宰者がデスクについている限り、教材についてのご疑問に回答します。 また、学習上の相談にも応じます。
 mailでも電話(03-5345-9631)でも結構です。なお、質問・学習相談は、スマホ&IT活用宅建士50日攻略本読者に限らせていただきます。ご了承ください。  
メルマガ購読・解除
宅建一発合格エンジン
 読者購読規約
 
  
 
宅建一発合格エンジンはリンクフリーです。どのページにもご自由にリンクを貼っていただいてかまいません。
    ただし、当サイトの宅建のコンテンツの無断使用・転載を禁じます。
     copyright©2015 宅建一発合格エンジン all rights reserved.