宅建一発合格エンジン
 スマホ活用宅建士50日攻略本読者
合格者の声
    
2019宅建試験解答  
   
   
合格基準は、35と予想します
       10月21日時点での、実務法学セミナーの見解です
No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
1  4  1  4  2  2  1  2  4  1 
 No  11 12  13  14  15  16  17  18  19  20 
3  4  3  3  4  1  4  2  3  1 
 No 21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
 答 1  3  2  4  3  4  1  4  3  4 
No  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40 
 答 1  4  3  2  4  2  3  2  2 
 No 41  42  43  44  45  46  47  48  49  50 
 答  1  1 2  3  1  1  4  2  3  4 
  正解率が悪そうな問は赤字にし、講評でコメントしますます。
講評
権利関係問1~14
赤字がついたのが14問中7問あり、例年より難しかった。
4番は、不法行為の細かい判例上の論点を問うもので、常識的には判断できたが、知識で解けた人は少ないと思う。
問6は、2と4で迷われたと思う。2は判例で、4は条文の細かいところである。
問7も細かい論点で、正解肢はやはり消去法と常識判断で導くほかない問題だった。
問8も同様、恐ろしく細かい条文(638・639条)を問題にしており、消去法で導くほかなかった。問9も細かい問題。
問10は、抵当権の順位の譲渡にかかる計算問題で、多くの人にとってアナになっている論点だろう。
問14も細かいところ。
法令制限税価格評定問15~25
赤字がついたのは、11問中3問で、例年なみといえる。
問17は建築基準法のメイン論点を外し、しかも正解肢が、規制があるという記述(非常用照明装置を設けなければならない)が誤りであるというもので、正解とマークするのが心理的に難しいと思う。
問18は、建築基準法のメイン論点だが、記述肢1・2・4が微妙で、3つも微妙では消去法もきかず難問であった。
問23は、久々に出題された所得税。税3問出題当時は、居住用財産譲渡の場合の特例は、税の定番問題で、準備を欠かすことは出来なかったのであるが、2問出題になってからは、一度も出ていなかった。不動産譲渡の際の所得税をマスターしようとするとかなり時間がかかり、あまりにも得点効率が悪いので、模試でも出題を控えていた。したがって、落としてもやむをえない問題である。
宅建業法と関連法問26~45
赤字は一問もついていないが、個数問題が、4問あった。これは、やはり正解率は低くなるので、準赤字といえ、全体の難易度は例年並みとなろう。
5問免除問題
問46~50
赤字が一つもつかず、やさしかった。
合格予想点
権利関係が、取りにくかったので、昨年37より2点下まわる、35と予想します。
試験日程  宅建士50日攻略システム  試験データ   
 宅建士50日攻略システムガイダンス  入門宅建業法  入門宅地建物取引
の過程
 入門相続・区分所有法・登記法 
初歩の初歩
正しいマークのつけ方
 
眼からウロコの
解法セオリー
  
公開教材宅建業法
入口
 
公開教材権利関係
入口
 
公開教材法令制限
入口
28年度
本試験解答解説 
 
29年度宅建業法
全問解説動画
 
29年度権利関係
全問解説動画
30年度
本試験解答解説
 
メルマガ登録  読者掲示板  主宰者profile
 30年度宅建試験合格点は、
37
5問免除者は32
破られた
36の壁、宅建試験史上、
最高値
前年度比2点アップ、合格率15.6%は、変わらず
さっそく寄せられた合格者の声  
T様 12月11日
ご報告遅くなりましたが、おかげさまで合格致しました。 最後の1か月で修正が出来、特に論点ローラー模試と直前模試を3回繰り返 したことにより自分の弱点を克服でき、ひっかけや勘違い、問題文の読み間 違いに注意することが出来ました。 そしてその状態で試験にのぞんだところ、7割近くの問題が苦労することな く解け、他も消去法の考え方で、結果42点で合格しました。 大場先生の本と動画のおかげだと思います。 ありがとうございました。


Y様 平成30年12月5日
大場様 この度は大変お世話になりました。 おかげさまで43点を取ることができ見事合格することができました。
私の勉強方法は
① スマホ活用宅建士50日攻略本
② ネットでの過去問問題演習(過去問遊園地を大いに活用)
③ 論点ローラー模試8回+直前2回⇒最初見たとき8択以上の選択肢にびっくり! ④ 日建の全国統一模試(試験慣れするため)

特に③を2回繰り返し、間違えたところをピックアップしてほぼ完ぺきにインプットできたこと事で合格につながったのではないかと思います。

お忙しい中、質問にも丁寧にお答えしていただき助かりました。
正しく、本試験開始から30分ではないですが、40分くらいで合格が確信できました(笑)。

民9点 法令上の制限 8点 税2点 業法19点 5点免除  計43点
今後 宅建を受けようとする人たちにコスパ抜群論点ローラーをすすめて行きます 本当にありがとうございました!


S様
実務法学セミナー 大場様 平素よりお世話になっております。
スマホ活用2018宅建士50日攻略本を愛読し、本日、宅建士試験を受検した、〇〇(35歳、会社員)と申します。
約3カ月間、大場様に配信頂いた動画視聴を繰り返したおかげで、今日は、自己採点45点を獲得することができました。 全くの予備知識もなく、ゼロから大場様の著者、動画視聴だけでここまで到達することができました。

本当にありがとうございました これを自信に変え、次はマンション管理士等にチャレンジいたします!不動産業界に従事しているわけではありませんが、自身を磨くためにも頑張ってまいります。 今日まで勝手ながら、誠にありがとうございました。
是非、これからも私のような受験生のために、頑張ってください。応援しております。


Y様
大場先生、何度も下らない質問をお送りしており本当に御迷惑をお掛けしました。 昨日の宅建士試験にて無事40点を取ることが出来、感謝しております。
最後の一週間に先生が上げてくださっている動画の数々を見て復習したのですが 宅建業法が本当に細かく確認することが出来て、また沢山の語呂合わせも再確認し 合格につなげることが出来ました。

私は他業種で宅建業に進むかはわかりませんが、これからも住宅の新築・改築や アパートを借りる時などにここで得た知識が役に立つと思いますし 何度も繰り替えとした”もりそば1杯切り餅2つで500円”や “手解損保全ローンに瑕疵担保”などはついつい何かの折に口ずさんでしまいそうだなと 思います。 私は52歳なのですが、短大の期末試験以来これほど勉強したことはありません。 最初は大変だと思いましたが、どんどん問題を解いてわかるようになると 勉強して良い成績を取って嬉しかった学生の時を思い出しました。 宅建試験は結構年齢のいった80歳くらいの方も受けているのですね。 それを見習ってこれからも別の資格取得にまい進したいと思います。 スマホですらすら宅建士攻略本に出会えてよかったと思います。 本当にありがとうございました。



K様
昨日、試験を受けてきました。結果が出てみるまでわかりませんが、大手の採点サービスと自己採点では44点でした。結局、動画を通勤時間とジムでの筋トレ中に繰り返し聞き続けたのと全部の模試を2回回して、試験に臨みました。正式な結果が出たらまたメールします。ありがとうございました。 M様 実務法学セミナー 大場様 読者のMです。 自己採点44点でした。権利11点、法制8点、その他6点、業法19点です。 マークシートの転記ミスが心配です。 また改めて12月5日以後ご報告致します。 転記ミスが心配です。


UA様
大場先生 お世話になります。
UAと申します。 先日は、残り1週間の勉強アドバイス、ありがとうございました。 さきほど自己採点をしたところ、38点でした。 ネットでは40点台の報告が多く、動画で有名な先生方も37~38点がボーダーとおっしゃっていたので、 試験発表日まで胃に穴が開きそうな気分です。 また発表日が来たら、メールいたします。 取り急ぎお礼申し上げます。  
 スマホ&IT活用宅建士50日攻略本
 
本書が、50日間宅建士攻略システムのハブ(基軸)テキストです。本書は、YouTube動画のテキストになるほか、本書から、50日間攻略システムの全コンテンツが、無料で入手できます。  
 
2019年版アマゾン、楽天等発売中

宅建士50日攻略システム 
 1基本講義と過去問題演習

YouTube動画を視聴します。動画には、入門編と本講座編があります。

初学者は、まず入門編から視聴してください。
  【入門編】
  □宅建試験ガイダンス □宅建業法・入門「宅建業法」□権利関係・入門
「不動産取引の過程」、入門「相続・民法関連法」  

   すでに受験経験のある方や大学等で法律の講義を聞いたことのある方は、入門用は飛ばしてかまいません。

【本講座編】
  宅建士50日攻略本にそった基本講義と平成の過去問題の解説は、以下の内容の本講座編を視聴します。

〔宅地建物取引業法及び関連法:20問出題〕

●免許・宅建士・業務運営体制上の規制 〇営業保証金と保証協会 〇媒介・代理契約規制と報酬規制 ●37条書面と重要事項説明 ●その他の業務上の規制 ●業者自ら売主規制と監督罰則  〇住宅瑕疵担保履行法

〔権利関係=民法及び関連法:14問出題〕

●不動産取引の過程上・中・下 ●時効 ●抵当権 〇根抵当権 ●保証と連帯債務 ●賃貸借地家法 ●物権その他の事項(共有、地役権、相隣関係、抵当権以外の担保物権)●共有 ●債権その他の事項(債権譲渡、各種契約類型、不法行為) 〇相続 〇区分所有法 〇不動産登記法

〔法令上の制限・税その他:16問出題〕

〔法令上の制限〕●都市計画法 ●建築基準法 〇土地区画整理法 〇農地法 〇宅地造成等規制法 〇国土利用計画法+諸法

〔実務従事者5問免除問題〕〇住宅金融支援機構 〇景品表示法 □土地建物の統計 〇土地の知識 〇建物の知識

【注】●は、平成の重要過去問題を一問一答形式で演習。〇は、15年間程度の全過去問題を4択形式で演習します。

視聴スタイル

(1)スマホながら視聴 スマホで、通勤通学時等に、ながら学習として用いる。のちに目次と本文の項目番号を参照し、理解できているものにチェックを入れる。反復聴取すれば刷り込み効果が

生じます。頭の片隅に、Keywordが刷り込まれ、記述肢を切るとき、よみがえります。

(2)PCデスク視聴 本書を傍らに置き、動画を視聴する。理解できたところは、目次と本文の項目番号にチェックを入れる。確実にインプットでき、達成度も、即時チェックしていけます。

e-learning定番問題マスター300

 基本講義をひととおり視聴した部分は、e-learning定番問題マスターを履修します。

定番問題とは、何度も出題される、基本的な論点です。この試験の合格点は例年35点前後ですが、正解率5割を超える定番論点が正解肢になっている問題を合計すると40点前後になります。定番問題を取りこぼさなければ、確実に合格できます。

そこで、本システムでは、◎宅地建物取引業法 ◎権利関係 ◎法令上の制限税その他 3分野につき各100講の演習プログラムを設定しました。

 定番問題を速やかに習得できる問題文自体にヒントがありゲーム感覚で入っていける語句選択問題や穴埋め問題のほか、一問一答問題そして基本的な4肢択一問題で構成されます

 ゲーム感覚で学習でき、得点力38点前後を獲得するスーパーツールです。

 なお、タブレットやスマホには対応していませんので、PCでご利用ください。

3論点ローラー模試(8回)と直前予想模試(2回)

定番問題マスターで獲得した基礎的な知識を実際の本試験で使えるようにします。
 論点ローラー模試では、全論点につき、タテ・ヨコ・ナナメからの切り口の設問で、あらゆる問い方を網羅します。論点の穴をなくし、かつ、問題文読解力を向上させ、得点力を
40点超に引き上げる、実戦力養成プログラムです。
 直前予想模試では、出題周期を踏まえた、今年出題可能性の高い問題を出題します。レベル1(合格想定35点)とレベル2(合格想定32点)の2タイプ。
 本試験がどんなに荒れても対応できます。 

 以上、全10回の模擬試験で、本試験は、既視感をもって臨めるようになります。

はじめは、目の回るような思いをしますが、50日間宅建士攻略本のオリジナルデバイス(装置)で、誰でもスムースに履修できます。

■オリジナルデバイス1

 模試解説に、ピンポイント(進行時間指定)でYouTube動画に飛べるハイパーリンクを設定しました。

 これにより、動画と設問が瞬時にクロスリファレンス(相互参照)でき、設問の答えの根拠がよくわかるのはもとより、一回視聴しただけではよくわからなかったYouTube動画も、具体的によく理解できるようになります。

■オリジナルデバイス2

達成度確認と知識の累積がシステマティックにできる効率復習ツールを毎回つけます。そこに達成度を記録し、試験終了まで、保存します。

4過去問遊園地
 平成16年から直近の過去本試験問題が、詳細解説付きで読者専用サイトにアップされています。

 年度別でも学習項目別でも検索できるようになっています。

 動画や定番問題マスター、論点ローラー模試・直前予想模試と平行して学習してください。

 過去問題は解くというより、いきなり解説を読むような学習でかまいません。過去問題は、知っていることが重要なのです。

◎質問サポート体制

 学習を進めていくと、当然疑問が生じることがあります。疑問を放置してしまうと、学習効率を悪くします。
 そこで、宅建士50日攻略システムでは、主宰者がデスクについている限り、教材についてのご疑問に回答します。

また、学習上の相談にも応じます。

mailでも電話でも結構です。ただし、電話質問は物理的に厳しい状況が生じた場合は、制限させていただくこともあります。ご了承ください。

ファイナル 10月20日(日)本試験
既視感ほとばしる本試験問題に、開始30分で合格を確信。
 
   
メルマガ購読・解除
宅建一発合格エンジン
 読者購読規約
 
 
 無料一般公開教材
電脳参考書と一問一答問題

【注】近年法改正には、対応していない部分があります。
宅建業法・関連法
入    門
1免許
2宅建士
3取引相手方 の保護
4業務運営 体制上規制
5業務上 一般規制
 6業自ら 売主規制
7監督罰則
法令上の制限
都市計画法
建築基準法
権利関係
不動産取引過程1
契約成立・制限行為能力者・不完全な意思表示
不動産取引過程2  
代理
 
28年本試験問題解答解説  
一部動画解説付き
 
第1問動画・4

民法条文 
第2問動画・4
制限行為能力者
第3問動画・3
物権変動と登記 
第4問動画・2
抵当権 
第5問動画
3
債権譲渡
28-6  28-7  28-8  28-9  28-10 
第6問動画動画 3
売主担保責任
第7問動画動画 3
賃貸借
不法行為
第8問動画 1
転貸借
第9問動画 2
判例読み取り
契約締結上の過失


10問動画
 4
相続
法定単純承認
28-11  28-12  28-13  28-14  28-15 
第11問動画 1
借地権登記に代わる建物登記の要件
第12問動画 2
借家関係
第13問動画 2
区分所有法
第14問動画 1
不動産登記法
第15問動画 1
国土利用計画法
28-16  28-17  28-18  28-19  28-20 
第16問動画 1
都市計画法
第17問動画 4
都市計画法
第18問動画 1
建築基準法
第19問動画 4
外壁の後退距離
第20問動画 1
宅地造成等規制法
28-21  28-22  28-23  28-24  28-25 
第21問動画 4
土地区画整理法
第22問動画 3
農地法
第23問2
印紙税
第24問3
不動産取得税
第25問動画 2
不動産の鑑定評価
28-26  28-27  28-28  28-29 28-30 
第26問動画  1
監督
第27問動画  3
媒介契約規制
第28問動画  4
自ら売主規制
第29問 3
各種規制
第30 問 4
重説と37条書面
28-31  28-32  28-33  28-34  28-35 
第31問 3
保証協会
第32問1
広告
第33問 3
報酬
第34問 2
禁じ手
第35問  4
免許
28-36  28-37  28-38  28-39  28-40 
第36問 4
重説
第37問 2
免許
第38問 1
登録等
第39問 2
重説と37条書面
第40問 1
営業保証金
28-41  28-42  28-43  28-44  28-45 
第41問 3
各種規制
第42問 4
37条書面
第43問 2
手付金等保全措置
第44問 1
ク・オフ
第45問 3
瑕疵担保履行確保法
28-46  28-47  28-48  28-49  28-50 
第46問 2
住宅金融支援
第47問 4
景品表示法
第48問 1
統計
第49問 3
土地知識
第50問 1
建築物構造
   宅建一発合格エンジンはリンクフリーです。どのページにもご自由にリンクを貼っていただいてかまいません。
    ただし、当サイトの宅建のコンテンツの無断使用・転載を禁じます。
     copyright©2015 宅建一発合格エンジン all rights reserved.