「RTFコンバータ」最新版のダウンロード
(バージョン 6.43,2009/11/4)

English is here  

ダウンロードはこちらから


<対応OS>
  Windows 95/98/Me, Windows NT4.0/2000/XP/Vista


<概要>
   Microsoft Wordなどのワープロソフトでは、文書ファイル(.doc形式など)のほかに、リッチテキスト形式(拡張子.rtf)により保存することができます。このリッチテキストファイルは多言語混在可能なファイルで、フォント・文字セット・レイアウト・図表・画像など、文書ファイル形式とほぼ同等の内容を保存することができます。

   この「RTFコンバータ」は

         リッチテキストファイル ←→ テキストファイル
         テキストファイル ←→ テキストファイル

のあいだで、ファイル形式や文字コードの変換を行ないます。対応コードは、Unicodeのほかヨーロッパ・アジアの各種コードの計116種類で、以下のようなものが含まれます。

   各言語の各種エンコードに対応しているので、異なる言語のテキストファイル間の変換のほか、日本語シフトJIS・EUC・JIS間の変換、中国語GB・HZ間の変換を行なうこともできます。

   「ダイアローグ版」と「コマンドライン版」が利用できます。
   日本語版以外のWindowsでも利用可能です。


   インストール等の方法については、アーカイブ内の readme-j.txt をお読みください。


    関連項目 「Rtfconv.dll を用いたプログラム開発用セット」
    関連項目 「RTFコンバータの全ソースファイル」
    関連項目 「Avast!でのウイルス誤検出について」


トップページにもどる






Rtfconv.dll を用いたプログラム開発用セット
(バージョン 6.43,2009/11/4)

English is here  

ダウンロードはこちらから


<概要>
   ダイナミックリンクライブラリ rtfconv.dll を利用すれば、各種文字コードに対応するソフトが開発可能です。ご希望の方は、rtfconv.dll そのもの および API 呼び出しの詳細を説明したドキュメントを、ここからダウンロードしてください。


    関連項目 「RTFコンバータ」
    関連項目 「RTFコンバータの全ソースファイル」


トップページにもどる






RTFコンバータ の全ソースファイル
(バージョン 6.43,2009/11/4)

English is here  

ダウンロードはこちらから


<概要>
   RTFコンバータの全ソースファイルを公開します。
   詳しくはアーカイブ内の readme-j.txt をお読みください。


    関連項目 「RTFコンバータ」
    関連項目 「Rtfconv.dll を用いたプログラム開発用セット」


トップページにもどる